Medium 16ac3fe3c3342238

クロール+水中ウォーキングで5kgのダイエットに成功!方法は?

有酸素運動の中でも、消費カロリーが高い水泳。泳ぎが苦手な私でも2ヶ月で5kgの減量に成功できたのが、クロールと水中ウォーキングでした。クロールと水中ウォーキングでダイエットした体験談を、方法・効果・デメリットを交えてご紹介します!

ライター:ユキ  カテゴリー:運動  投稿日:2017/10/22

クロールと水中ウォーキングダイエットを始めたきっかけ

Medium 52b46867bf83145f

兄の結婚式が迫り、久しぶりに体重計に乗った私。「太ったかもしれない」と思いつつ見て見ぬふりをしていた数か月間のツケがたまり、体重が一気に増えていてびっくり!

残り数ヶ月で痩せなくては!と焦り、有酸素運動で一番効率よく痩せられる方法を探すと、水泳がおすすめだと知りました。

水泳のカロリー消費量

体重60kgの人が水泳で消費するカロリーや、1kg痩せるのに必要なカロリ―(約7200kcal)を消費するにはどれだけ時間がかかるかを計算しました。

方法 1時間の消費カロリー 1kg痩せるのにかかる時間
クロール 500kcal 14.4時間
平泳ぎ 630kcal 11.4時間
水中ウォーキング 250kcal 28.8時間

この表を見る限り、平泳ぎの消費カロリーが高いのですが、私は平泳ぎができません。25mを何とか泳げるクロールと水中ウォーキングの両方をおこなうことにして、早速スポーツジムに入会しました。

ちなみに、2ヶ月で−10kgが目標です!

私が通ったスポーツジム

私が通ったのは、総合フィットネスクラブ・スポーツジムです。会員制なので、プランに合わせた費用を支払えば、あとは利用可能な時間にいつでも通えます。

フィットネスクラブ 東急スポーツオアシス

利用プラン(店舗によって異なる) 費用(月額) 利用可能時間
いつでも使えるプラン(フルタイム) 10,476円 全営業日の全営業時間
平日昼間利用プラン(デイタイム) 8,316円 月~金9:00~18:00
平日夜利用プラン(ナイト) 7,776円 月~金20:00~23:00
週末・祝日利用プラン(ホリデー) 7,776円 土・日・祝 全営業時間
ご家族と利用する場合(ファミリー) 9,936円 全営業日の全営業時間

プランの内容など店舗によって異なりますので、お近くの店舗で確認してみてください。ちなみに私はデイタイムで通っていました。

クロールと水中ウォーキングダイエットの方法

Medium babe5c108fed97ce

私は次のルールを守ることにして、「クロールと水中ウォーキングダイエット」をおこないました。

  • 週2~3回ペースでプールに通う。
  • 1回につき、2~3時間はプールの中にいる。(泳いだり、歩いたりする)

今回は、食事制限はしていません。ただし、スナック菓子や甘いおやつは禁止にしました。

フォームよりもカロリー消費量に着目

泳ぎが苦手な私は、動画を見ながらイメージトレーニングをしたり、スポーツジムの初心者講習に参加したり、お風呂の時間に息継ぎの練習をしたりしました。しかし、きれいに泳ぐことが目標ではなく、いかに消費カロリーを稼ぎ、痩せるかが大事ですよね。

そこで、息継ぎができなくて途中で足をつけても、クロールのような腕の動きや泳ぎ方をしたら消費カロリーは同じになるか、近い数字になるだろうと思い、実践してみました。

3時間水の中にいることを意識

毎日泳ぐのが理想でしたが、私の体力では無理だったので週に2~3回、1回につき2~3時間クロールと水中ウォーキングをしました。ただし、3時間動きっぱなしというわけではなく、施設内にある温水のお風呂やミストサウナで休憩しながら、水に浸かることを意識していました。

クロールと水中ウォーキングダイエットを続けた結果

スポーツジムに通うこと2ヶ月、実感した効果は次の通りです。

5kg減に成功

Medium 464385ea162e8d75

週に2~3回の頻度でクロールと水中ウォーキングを続けた結果、なんと2ヶ月で5kgも痩せることができました!当初の目標だった−10kgは達成できませんでしたが、この結果には満足しています。残りの5kgは、これから時間をかけて健康的に減らしていく予定です。

むくみが解消された

水の中で泳いだり、歩いたりすることによって脚のむくみが取れました。これは水圧が関係しているようです。
また、クロールで腕を回すことで肩甲骨まわりの筋肉がほぐれ、肩こりも楽になりました。

クロールと水中ダイエットウォーキングのデメリット

このダイエット法で効果を感じることができましたが、一方でデメリットもありました。

デメリット① かなり疲れる

クロールと水中ウォーキングダイエットでは、体力をかなり消耗します。あまり運動をしない人は、かなり疲れるかもしれません。「絶対痩せるぞ!」という強い気持ちを持つことで、私は乗り切りました。また、疲労感があるのは、カロリーを消費している証拠だと思い喜ぶようにしました。

ただ、無理は禁物です。自分に合った時間や頻度でおこなうことをおすすめします。

デメリット② 他の人に気を遣う必要がある

私が通っていたのは午前中だったので、年配の方が多い時間帯でした。日頃からプールに通っていて泳ぎが上手な方が多く、泳げない私がいると邪魔かも・・・と気を遣いました。

時間帯によって年齢層が違ったり、混み具合が変わったりします。空いている時間帯を狙うと、泳げない人でも気兼ねなく練習ができると思います。

クロールと水中ウォーキングダイエットの評価

私の場合は、とにかく水に浮いたり、歩いたりするのが子どもの時以来だったので、楽しかったです。泳げない人でも、水中ウォーキングはダイエットとしては楽しめると思います。

クロールと水中ウォーキングダイエットの評価
ダイエット効果 ★★★(2ヶ月で5kg減)
続けやすさ ★☆☆(週2~3回通うのは結構大変)
美容・健康効果 ★★☆(むくみと肩こりの解消に◎)

私の場合、泳げるようになるために努力をしたことで、カロリーを消費できるようになったと思います。平泳ぎができなくても、2ヶ月で5kg減を達成できたので、興味がある方は、無理のない計画の中で目標を立て、楽しみながらおこなってみてください。

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事