Medium d818c4ca0b199f64

適度な運動で炭水化物抜きダイエットの効果UP!4か月で5kg減

カロリーが高いと言われている炭水化物を抜けばダイエットになる?そう考えて炭水化物抜きダイエットを実践し、痩せることができました。私が実践した炭水化物抜きダイエットの方法と、実感した効果をレポートします。

ライター:さおり  カテゴリー:短期集中  投稿日:2017/10/18

炭水化物抜きダイエットを始めたきっかけ

Medium 32f6f1ceb1456c6d

炭水化物抜きダイエットを実践したのは、19歳の大学生だった頃です。夏季休暇を利用してお菓子屋のバイトをしていたのですが、まかないでお菓子を毎日食べていたら2週間で2キロ太ってしまいました。

ダイエットをしなくてはと思い、「糖分が原因で太ったなら、太る原因となるものを除去すれば痩せる?」と考えました。

お菓子屋でのバイトが終了し、糖分を摂取する機会も少なくなっていたので、食事の中で糖分が豊富に含まれている「炭水化物」を抜いてみようと思い立ちました。

私が試した炭水化物ダイエットのやり方

当時は、炭水化物抜きダイエットがどのようなメカニズムで効果を発揮するかなんて考えもしなかった私。なので、やり方は完全にオリジナルな方法です。

ご飯・パンなどの主食は絶対に食べない

炭水化物と言えば主食のイメージ。なので、ご飯やパンは絶対に食べないように徹底していました。ご飯の代わりにキャベツの千切りにカロリーが低いドレッシングをかけたり、豆腐、ところてんなどをご飯用の茶碗に入れて食べるようにしていました。

野菜と水で空腹対策

Medium 2a227b8d82e2222d

主食を抜くと、すぐにお腹が減ります。その分は、根菜たっぷりの豚汁やポトフを食べるようにしたり、とにかく野菜を多く食べました。それで、お腹の持ちは少しだけ良くなりました。

絶対痩せたい!という強い意志があったため、空腹時は水を飲んだり氷を食べて我慢ができました。そうしているうちに、体も空腹に慣れていきました。

付き合いの食事は最低限の主食で対応

主食の中でも麺類に関しては、友達との付き合いなどで時々食べることがありました。その際は量に気を付け、サラダやお茶などを多く飲んだり、運動をいつもより多めにしたりということを心がけました。また、じゃがいもなどの野菜に含まれている炭水化物は、普通に食べるようにしていました。

カロリーが高い肉類も控えめに

Medium 4ad9eee6fc28a50e

炭水化物に続いて、肉類もカロリーが高そうなイメージ。特に最初から味が付いた状態で売っているお肉や揚げ物は、食卓に並んでも食べないようにしていました。炭水化物を抜くよりも、こちらを我慢する方が辛かったです。

なので、肉類に関しては「絶対食べない」というルールは設けず、「1切れだけなら食べてもOK」というルールを作りました。あれもこれも我慢していては、ダイエットは長続きしません。

肉が食べたい時は、冷しゃぶサラダや棒棒鶏などの茹でたお肉をたくさん食べるようにしました。魚は特に制限は決めず、食べたい分を食べていました。

適度に運動をする

大学生になってからは車を運転することが増え、運動する機会がなくなってしまいました。自主的に運動をしないといけないと思い、空いた時間でできる簡単な運動を始めました。

  • テレビを見ながら10分ほどのエア縄跳び、踏み台昇降
  • 歯磨きをしながらのかかと上下運動
  • お風呂で半身浴後のスクワット
  • 寝る前にストレッチ
  • 腰回し

本格的なランニングなどはしませんでしたが、空いた時間があればとにかくどこか体を動かすことを心がけました。

簡単なことしか行わなかったので、続けやすかったです。つま先立ちやスクワットは特に効果があったのか、足からスッキリとした印象になっていき、少し筋肉も付きました。

炭水化物抜きダイエット4か月で5キロ減に成功

軽いものとはいえ運動も並行して行ったので、効果はすぐにあらわれました。といっても、最初はほんの数十グラム程度でしたが、日に日に着実に減っていて、毎日体重計に乗るのが楽しかったです。

4か月の体重変化
  体重 差分
ダイエット前 52キロ  
1か月目 50キロ ‐2キロ
2か月目 48.5キロ ‐1.5キロ
3か月目 47.5キロ ‐1キロ
4か月目 47キロ ‐0.5キロ
    計 -5キロ

見た目としては、足がほっそりみえたこと、顎の肉がなくなったこと、お腹の肉も少し減ったという効果がありました。

その後は体重の変化はなし

Medium 143d7f1491fb97da

炭水化物を抜く生活はすっかり習慣になってしまい半年くらい続けましたが、47キロの体重をキープしたまま、これ以上痩せるということはありませんでした。

そのころ友達と外食に行く機会も多くあり、麺類などで炭水化物を摂取していたこともあったので、家庭でもご飯を少しずつ食べる生活に戻していきました。

お肉の量は引き続きキープしていましたが、外食などで焼肉を食べたりという事は解禁し、空いた時間での運動は続けました。

1キロのリバウンドあり

炭水化物を摂るようにしてからも、体重計にはこまめに乗りました。やはり体重は少しずつですが元に戻り始め、外食をした時などは特に多く体重が増えました。

ですが、軽い運動を続けていたためか、リバウンドは+1キロほどでストップ。それから数年間は48キロという体重をキープすることができました。

炭水化物抜きダイエット効果のメカニズム

当時は、炭水化物ダイエットがどうして効果があったのかまでは考えませんでした。そこで今回、炭水化物ダイエットのメカニズムについて調べてみることに。

その結果、炭水化物抜きダイエットには2つの効果があることがわかりました。

  1. 炭水化物を抜くことで、摂取カロリーを大幅にカットできる
  2. 体の中の脂肪をエネルギーに代えやすくなり、痩せやすい体質になる

炭水化物抜きダイエットはデメリットも多い?

Medium 3a2fb4b50b58f923

炭水化物は、人間の体に必要な5大栄養素のひとつです。それを完全に抜くということは、体にさまざまな不調をもたらすおそれがあります。

実際、私もダイエットを始めたばかりの頃は、体がだるくなったりボーっとしたりということがありました。ほかにも肌や髪の質が落ちるということもあるようですが、そちらはあまり感じませんでした。

私の場合、主食以外の野菜などほかの食品からは炭水化物を摂取していたので、そこまで症状がひどくなかったのかなとも思っています。

炭水化物抜きダイエットはリバウンドにも注意

効果があらわれやすい反面、リバウンドもしやすいと言われる炭水化物抜きダイエット。私のリバウンドが少なかった理由は、軽い運動を一緒に行っていたためなのかなと考えています。

本格的なランニングやひと駅分歩くと言った運動は、私には向いていないし続かないと思い、あえて避けました。今回の「空いた時間に少しだけ体を動かす」という方法が、私には合っていました。ダイエットの効果がスムーズにあらわれたこともあって、モチベーションも維持しやすかったです。

続けているうちに上手く習慣づけられたのも、成功のカギだと思っています。みなさんも炭水化物抜きダイエットをする際は、自分にできる範囲での運動を一緒に行うことをおすすめします。

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事