Medium 5411b7baf903fe2f

レコーディングダイエットの失敗から得た正しい食生活の考え方

レコーディングダイエットの流行りに乗り、私もチャレンジ!しかし、おおざっぱで面倒くさがりの私には全く合わず、失敗。ここではレコーディングダイエットの失敗から得られた、正しい食生活の考え方についてご紹介します。

ライター:こめこ  カテゴリー:生活習慣  投稿日:2017/11/26

ダイエット成功者も多いレコーディングダイエット

Medium bc045c8e72cdc51c

レコーディングダイエットは、雑誌やネット、テレビなどでもたびたび紹介されています。そのため、たくさんの方が耳にしたことがあるのではないでしょうか。

私はテレビや雑誌でレコーディングダイエットの存在を知り、「ただ書くだけで簡単にできる!なのに成功者が多い!」という印象を、強く持っていました。

レコーディングダイエットとは

レコーディングダイエットでは、食べた物全てをノートなどに記録します。そのため、自分がその日1日でどれだけ食べたのかすぐに振り返ることができ、食べ過ぎたことへの反省や、頑張ったときの達成感を味わえます。

また、食べたものだけではなく、カロリーや毎日の体重も記録することでメリハリも出るため、よりレコーディングダイエットの効果を実感しやすくなります。

私のレコーディングダイエットの方法と失敗した理由

Medium c4204b05c968feda

by C4acecb661aca808 こめこ

レコーディングダイエットは、やり方が簡単なのですぐにチャレンジできるダイエット方法です。早速私も、レコーディングダイエットにチャレンジしてみました。

私のレコーディング内容はいたってシンプルで、続けやすい項目のみ記入していました。

  1. 3食分けて食べた料理名を書く
  2. 毎日の体重を書く

記入していたのは、この2項目だけです。

写真は、当時のレコーディングダイエットを再現したもの。キチンとした食事を摂っているように見えますが、実はお昼ご飯は学校の学食です。さらに夕食のメニューは、スーパーのお弁当。カロリーは高めで、栄養バランスも良いとはいえない内容ですね。

文字にすると食事の印象が変わる

食べた量は別として、食べた物を事細かに記録していくうちに「結構食べているな」と感じるようになりました。

例えば、夕食で和食を食べたとします。メニューは「ご飯・味噌汁・肉じゃが・お浸し」で、健康的でとても理想な夕食です。そして、レコーディングダイエットのため、メニュー4種類全て記録します。

一方で、別の日の昼食に「ラーメン」を食べたら、この1種類を記録します。夕食の和食の方が健康に良く、カロリーもラーメンに比べると低いですよね。ですが、レコーディングしていると、不思議と「ラーメン」の方が食べてない印象があり、和食の方が食べ過ぎたと感じることが増えました。

そのため、次第に3食のうちほとんどが、栄養の偏った「ラーメンだけ」「メロンパンだけ」などの1種類のみの食事となってしまいました。

記載する量にとらわれダイエット失敗

Medium 17078798680c010f

レコーディングダイエットの本来の目的には、普段の食事を見直すことも含まれています。しかし当時は「食事を見直す」よりも、「食事の量(記録する数)を見る」ことに集中してしまいました。その結果、レコーディングダイエットの本来の意味がなくなり、失敗に終わりました。

食事の記載数を重視し始めると、「ラーメン」「メロンパン」のように一品だけの食事にし、記録する数を減らし始めます。ですがこれでは、各食事のカロリーは高くなってしまいますよね。

いくら食べる種類が少なくても、摂取カロリーも塩分も糖分も高め。これでは体重は減るどころか、お腹周りや顔などにお肉が付く一方です。さらに、ニキビもできやすくなり、メイクのノリも最悪に。

また、この間違ったダイエット法により食事の記載数にとらわれたため、たった2週間で食事制限というストレスを感じ始めました。その結果、ダイエット開始時より体重は2kg増えてしまい、ダイエットは終了となりました。

レコーディングダイエット失敗から得た正しい食生活

私がレコーディングダイエットを行ったのは、学生のときでした。いくら学校で正しい食事内容と栄養バランスを学んでいても、ダイエットと言えば「食べない」という意識が強かったのです。

この意識が強いと、レコーディングダイエットをしてもなかなか成功しないのではないかと思います。

食事は量よりバランスが大切

Medium 99843b9d104aa19e

by C4acecb661aca808 こめこ

現在主婦となり、子どももいるため毎日自炊をしています。子どもに食べさせることを考えて、食事には「炭水化物・ビタミン・タンパク質」は必ず取り入れるようにしました。

以前は、昼食にファーストフードを利用したり、小腹が空いたらお菓子を食べたりしていました。しかし今は、朝食は主に「和食」、夕食は肉と魚を交互に食卓に出し、味噌汁はほぼ毎食食べています。

完璧な栄養バランスの食事内容ではないかもしれません。ですが以前の食事内容と異なり、白米や味噌汁、サラダ、主食をバランス良く食べていることで腹もちが良くなり、間食もほとんどなくなりました。

満腹まで食べることも多いです。それでも現在は、極端に体重が増えることはありません。肌荒れもあまりしなくなり、メイクのりも生理前を除けば気になりません。(生理前でも、ニキビが1つできる程度です)

ダイエットの正しい意味を知ることが大切

Medium 71fc361c1a2fdaae

私は、栄養バランスの整った自炊をすることが、現在の体型の維持に繋がっていると考えています。しかし学生のときは、ダイエットといえば「食べないこと」と勘違いしていました。

だからこそ、レコーディングダイエットはもちろん、流行のダイエットに全て失敗し、リバウンドしてしまったのだと思います。

そもそもダイエットとは、普段の食生活を見直し、無駄なカロリー摂取をなくすこと。みなさんもダイエットをするときには、まず普段の食生活を見直してみてください!

無茶な食事制限をするのではなく、無駄なカロリーなくすだけでも、ダイエットは成功すると思いますよ。

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事