Medium ff12e8914d2eb69f

寝る前はちみつダイエットで3kg減に成功!効果的なレシピは?

就寝4時間前までに夕食を食べるダイエットを実践したところ、空腹が辛くて眠れない!という事態に。そこで簡単で効果が高いと評判の「寝る前はちみつダイエット」に挑戦!寝る前はちみつダイエットのルールや、ダイエットを長続きさせるレシピも紹介します。

ライター:美月  カテゴリー:食事  投稿日:2017/10/05

この体験談を書いた人

93686381b2e87427 美月

甘いもの、揚げ物、炭水化物が大好きです。それでも、6ヵ月で-12kgのダイエットに成功!!2年間以上リバウンドしていません。私が実践したダイエット法をまじめにご報告します。

寝る前はちみつダイエットを選んだ理由

食べることが大好きな私。食事制限は無理なので、夕食を早めて就寝の4時間前に夕食を食べるようにしたところ、寝る前に甘いものが食べたくなる衝動に駆られて、寝つけないほど辛くなりました。

そんな時、偶然実家で瓶入りのはちみつをもらい、ダイエットに使えないかと調べたところ、「寝る前はちみつダイエット」なるものを発見しました。簡単で、ダイエット以外のメリットもたくさんあると知って飛びつきました!

寝る前はちみつダイエットの方法

「寝る前はちみつダイエット」は、大幅なダイエットに成功した人がいる一方で、「逆に太った」という恐ろしい口コミもありました。容量や用法をきちんと守る必要があるようなので、注意してくださいね。

「寝る前はちみつダイエット」の方法
食べ方 水あめを舐めるように少しずつ食べる
食べる量 大さじ1杯
食べるタイミング 寝る1時間前
実践した期間 1か月

しかし、上記の方法だけで、スルスルと簡単に痩せることはないようで、いくつかの「守らなければならないルール」があります。

寝る前はちみつダイエットのルール

  • 寝る3~4時間前に食事をすます
  • 睡眠時間は6~7時間とる
  • 夕食は極力、炭水化物を減らす
  • 糖質・カロリー管理をしっかりする

「寝る前にはちみつを舐めることで寝ている間も脂肪燃焼を促そう」というのが、寝る前はちみつダイエットの考え方です。

しかし、就寝中は起きている時よりも脂肪の燃焼量が少なくなるので、寝る直前に食事を摂ると消費できなかった脂肪が残り、かえって太ってしまいます。そのため、食事は寝る3~4時間前にすまておく必要があります。

また、はちみつは糖質が多いので、栄養バランスを考えて夕食は炭水化物を控える、というルールになっています。好きなものを好きなように食べて良いわけではないので、「寝る前にはちみつを舐めるだけで痩せる」と誤解しないようにしましょう。

寝る前はちみつダイエットの効果

寝る前はちみつダイエットを1か月間続けたところ、以下のような効果がありました。

約3kgのダイエットに成功!

1ヵ月で2.8kgの減量に成功しました!就寝4時間前までに夕食を食べるダイエットを行っていたせいもあると思いますが、スプーン1杯のはちみつで就寝中も脂肪を燃焼させる、というのは本当だったのだなと思いました。

また、寝る前にはちみつを食べると、ぐっすりとよく眠れるようになりました。質の良い睡眠を摂ると、脂肪燃焼を促進させる成長ホルモンを多く分泌させるそうです。

寝る前にはちみつを舐めることで、「寝る前の空腹が辛くて眠れない」というダイエットの辛さが和らぎました。そのおかげで「規則正しい生活」や「緩やかな食事制限」を無理なく続けられ、ダイエットの成功につながったと思います。

美肌効果を実感!

私はもともとひどい乾燥肌なのですが、「寝る前はちみつダイエット」をするようになってから肌のカサカサ感がなくなり、しっとりしてきました。以前は治るまで2週間ほどかかっていた肌荒れやニキビも、2~3日でかなりキレイになるなど、肌トラブルが改善されました。

はちみつにはビタミンB群、ミネラルなどの栄養が豊富に含まれています。食事制限で栄養不足に陥りがちな体には、はちみつが強い味方になったようです。

美容効果がアップするおすすめレシピ

1か月で順調に効果が実感できた「寝る前はちみつダイエット」ですが、さすがにはちみつオンリーでは飽きてきました。

そこで昔、学生時代の部活でよく食べた「はちみつレモン」を作ってみました。そのまま食べても美味しいのはもちろん、お湯や水や炭酸水に溶かすのもおすすめです。

はちみつレモン

Medium e9bebe4cb65e7241

by 93686381b2e87427 美月

材料
レモン 2個
お好みのはちみつ 100g位
清潔なタッパー、または瓶
作り方
①レモンの両端を切り落とす
②縦に4~6か所切れ目を入れ、皮を剥く
③丁寧に種を取り除きながら、5mmくらいの輪切りにする
④レモンが浸るくらいにはちみつを注ぎタッパーに入れる
⑤12時間くらい冷蔵庫に入れて冷やす
Medium e593154273983e87

by 93686381b2e87427 美月

レモンは皮付きでもいいのですが、私は苦みが気になりました。皮を剥くと、はちみつが早くレモンに浸み込みます。

タッパーに入れて冷蔵庫で保管すれば、3~4日は持ちます。ドリンクにしたい時は、水分を加えるだけ。とても簡単なので是非お試しください!

サクラ印純粋ハチミツ

私が主に使っていたのは、このはちみつです。スーパーで一番安かったので選びました。癖がない美味しさで、使い勝手も良かったです。

はちみつレモンドリンク

Medium b831a811ddc22f39

by 93686381b2e87427 美月

材料(1杯分)
はちみつ 大さじ1
レモン果汁 大さじ1
水、お湯、炭酸水のいずれか 150ml
作り方
①グラスにはちみつを入れ、少量のお湯で溶かす
②水や炭酸水を加える

はちみつは冷たい飲み物に溶けにくいので、私は少量のお湯ではちみつを溶かしてから、水や炭酸水を加えました。生のレモンが理想的ですが、手軽なレモン果汁でも美味しく作れました。

「はちみつレモン」を作る材料がそのまま使えるので、簡単に作れます。すっきりした気分になりたい時におすすめのドリンクです。

はちみつレモンの美容効果

調べてみると、「はちみつレモン」にも、優れたダイエット・美容効果があることがわかりました。

食欲抑制

寝る前に、はちみつだけでなく「はちみつレモン」を食べることで、空腹が気にならなくなりました。レモンに含まれるペクチンに食欲抑制効果があるそうです。はちみつの甘みは白砂糖の1.3倍といわれ、少量でも満腹感、満足感が得られます。

風邪予防

私は喉が弱く、風邪のひき初めに必ず咳が出ます。はちみつレモンを食べると、思いがけず喉がとても楽になりました。風邪をこじらせ、ぐったりすることもなくなりました。

レモンには免疫力をアップさせる効果があり、風邪をひきにくしたり感染症を予防したりするそうです。

冷え性改善

肌寒い雨の夜に温かいはちみつレモンを飲むと、体が芯から温まりました。温かい飲み物をお腹に入れることで、血行がよくなり、代謝もアップします。

レモンに含まれるクエン酸は疲労物質を分解する効果があるそうです。冷え性で疲れやすい人は、「ホットはちみつレモン」にして飲むのがおすすめです。

美髪効果

はちみつに含まれる亜鉛が、抜け毛を防止し、健康的な毛髪を育てることから、育毛効果が期待できるそうです。その亜鉛の吸収に必要なのが、レモンに含まれるクエン酸とビタミンCなので、はちみつレモンはぴったりな組み合わせと言えますね。

はちみつに含まれているカルシウムや鉄分、ポリフェノールなどの栄養が頭皮の毛細血管まで運ばれるとと、育毛効果はさらに高まります。

ビタミンとミネラルがたっぷり入っている「はちみつレモン」は、薄毛や抜け毛にも効果的です。私もシャンプー後の抜け毛が減ったような気がしています。

「はちみつレモン」に変えて3か月でさらに-4kg!

「寝る前はちみつダイエット」から「寝る前はちみつレモン」に切り替えて、3か月以上経過しました。今は週に3日程、レモン2切れを食べるか、レモン2切れを入れた炭酸水を飲んでいます。その結果、3か月間で4kg体重が減りました。

寝る前のはちみつがリラックスアイテムに

「寝る前はちみつダイエット」からスタートした、寝る前にはちみつを摂る習慣。はちみつ効果でぐっすり眠れるようになったことから、私の中ではちみつは「リラックススイッチ」が入る魔法のアイテムになりました。甘くて美味しいのに太らなくて美容に良い、という点も安心できます。

ただ、「寝る前はちみつダイエット」だけで、劇的に痩せるわけではありません。寝る前に「はちみつ」を上手に取り入れながら、ルールに従って食事の量や質、就寝時間を改善することで効果を発揮する、ということを覚えておきましょう。

生活習慣を見直すチャンスにもなる、寝る前はちみつダイエット。興味がある方はぜひ、ルールを守って挑戦してみてくださいね!

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事