Medium 1cf32a42b82c905c

腹巻するだけダイエット1週間で頑固な便秘が解消!方法は?

知る人ぞ知る、腹巻のダイエット効果。便秘がちな体質を薬などに頼るとこなく改善したいと考えて、1週間の腹巻ダイエットに挑戦してみました。実感した効果や腹巻の選び方、着用時間などご紹介します。

ライター:いの  カテゴリー:産後・その他  投稿日:2017/11/08

腹巻ダイエットで便秘解消を目指す!

Medium f72fec55392e343c

冷えが原因で基礎代謝が下がって痩せにくい体質になったり、便秘しやすくなるということはよく知られるようになりました。私も身体が冷えやすく、夏でも足の指先が冷たいことがあります。もちろん、便秘体質です。

ダイエットをしたくても食事制限はストレスがありますし、運動は時間の制約が気になります。そんな時、ふと以前通っていた鍼灸の先生が「冷え性の人は腹巻をするのがいいですよ」と話していたことを思い出し、腹巻でダイエットすることを思い立ちました。

即効性がなくてもいい、急に体重が減らなくてもいいので、まずは頑固な便秘が解消されればいいな…と思って始めました。

腹巻ダイエットで便秘解消できる?1週間の経過を報告

私の場合、便が出た次の日は必ずと言っていいほど排便がありません。ですので、今回は最低でも2日連続で排便があることを目標にしたいと考えました。

目標は達成できたのか?1週間の腹巻ダイエットの詳しい経過をご紹介しますね。

1~2日目

腹巻をつけ始めた最初の1~2日は、少しお腹に違和感がありましたが、特に排便が快調になるわけでもなく、普段とあまり変わりない2日間でした。せっかくなので、少しでも成功の可能性を高めようと温かいお茶や水を意識して、多めに摂るように心がけました。

3日目

嬉しいことに、3日目の朝食後に快適な排便がありました!また、「そういえば腹巻をしていたんだ!」と気付くくらいに、腹巻が体に馴染んできました。

引き続き、水分を多めに取ることは意識して過ごしていました。

4~5日目

嬉しい3日目から一転、便の出にくい2日間でした。目標である2日間連続の排便は達成できないでいました。

4~5日目はとても慌ただしい2日間でしたので、もしかしたら精神的な余裕がないことが影響していたのかもしれません。ただ、水分を多めに摂ることだけは気を付けていました。

6~7日目

苦しい4~5日目を乗り切り、6~7日目は朝食後に排便がありました。しかも6日目は昼食後にも便通があり、腹巻の便秘解消の効果を感じました。爽快感で体が軽くなった気がしたのも6日目です。

6~7日目は、温かい水(白湯)を飲むようにしていました。

ダイエットで使った腹巻と着用時間

ここからは、具体的なダイエット方法についてご紹介します。

腹巻は天然素材のものを

私はオールシーズンつかえる綿素材の腹巻にしました。正確に言うと、腹巻ではなく妊娠中に使用していた腹帯です。

花柄ドットプリント妊婦帯

Medium dccd260871f75c29

by B9953fb743a154e4 いの

私は妊婦帯の、腹巻のみを使用しました。腹帯は大きめですし、素材も綿100%です。薄手でアウターに響かないのも嬉しいポイントでした。画像は、私が使った腹帯腹巻の、腹巻のみです。

腹巻を選ぶときのポイント

腹巻は直に肌に触れるものですから、化学繊維ではなく天然素材のものを選ぶと良いと思います。綿素材は吸湿性に優れていて、水分が蒸発するときに熱も奪うので涼感もあります。また綿の構造がマカロニ状の空洞になっているので、熱を伝えにくい性質があるため保温性もあります。

より高い保温効果を期待したい場合は、遠赤外線効果のある素材を選ぶのがおすすめです。ただし、化学繊維で作られているものであれば、綿素材の腹巻を選ぶほうがいいと思います。

化学繊維のものをどうしても使いたい場合は、下着の上に腹巻を巻くと良いのではないでしょうか。

腹巻の着用時間と着用場所

腹巻の効果に頼り過ぎると自身の体を温める機能が衰えてしまうため、着用時間は1日4~5時間が理想的です。ただし私は、1週間集中ということで1日10時間ほど着用していました。

腹巻の着用場所は、ウエストより少し上からお尻の上です。前は胃、後ろは腰を覆うように着用しました。

気温が高い時期はどうする?

私が腹巻を着用していたのは夏ですが、比較的気温が低い時期でしたので、1日10時間着用しても不快感はありませんでした。

気温の高い日に無理して腹巻を着用するのは、かえって体に負担をかけるのでおすすめしません。「冷房の効いている場所に行くから腹巻をしよう」というように、状況に応じた使い方をすると良いのではないかと思います。

腹巻ダイエットで便秘解消を成功させる3つのコツ

腹巻ダイエットだけで便秘を解消させることは困難です。あわせて排便を促す対策をとることが、便秘解消を成功させるコツだと思います。

ここでは、私が実践した対策をご紹介します。

①温かい水分をたくさん摂る

Medium 1bc0b0f07708cf86

便秘がちな人は、水分が不足していると言われています。私も腹巻ダイエット期間中の1週間は、気をつけてこまめに水分補給をしていました。できれば冷たいものではなく、少し温めた水がおすすめです。

お茶やコーヒーは利尿効果があり、かえって体内の水分が不足してしまうことがあります。また、体質によっては常温の水でも体を冷やすと言われています。お湯まではいかなくとも、少し温めた水が良いのではないでしょうか。

②軽い運動を取り入れる

ウォーキングなどの軽い運動を取り入れたほうが、腸の働きが活性化されて便秘解消が期待できます。屋外で運動する時間が取れない人は、簡単なストレッチもいいですね。

ただ腹巻を着用するだけでなく、いつもより少し意識して体を動かすようにしましょう。私自身、もっと体を動かすことを意識すれば良かったかなと思います。

③ストレスを溜めない

便通は、心身の状態の影響を受けやすいそうです。いくら食べ物や運動に気を配っていても、過度なストレスが原因でスムーズな排便が妨げられることがあります。私自身、ストレスが原因で便秘に悩まされました。

そんな時には、ある程度割り切ってやり過ごすことも大切だと思いました。ストレスを溜め込まないよう考え方を工夫したり、リラックスできる時間を意識的に設けることで対処しましょう。

腹巻を継続して冷え性や便秘を改善!

腹巻ダイエットを終えた今でも、私は腹巻を愛用しています。就寝中や日中の午後だけなど、1日の中で腹巻タイムを作っています。

便秘が完全に治ったわけではありませんが、腹巻をする前より便の回数が増えました。足の指の冷たさも改善されつつあります。腹巻には健康面でのメリットが多いと思います。

もしあなたがみぞおちや腰に手を当ててみて、その温かさが心地よいと感じたのであれば、腹巻をすることで冷え性の改善や便秘解消が期待できるかもしれませんよ。

この記事のトピック:

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事