Medium fde98e56ec0ca7cd

正しいスクワットで短期集中ダイエット!脚痩せ効果と方法は?

脚痩せの効果が期待できるスクワット。正しい方法でおこなえば、短期間でも効果があると知り、1週間でも効果が出るのか、短期集中で試してみました!間違ったスクワット法と正しいスクワット法、脚痩せ効果などを写真つきでご紹介します。

ライター:aisa  カテゴリー:部分痩せ  投稿日:2017/11/24

脚痩せ効果を狙うならスクワット!

スカートから見える細い脚に憧れて、脚痩せ効果のある運動について調べたところ、すぐに実践できそうなスクワット方法を見つけました。しかし、正しいスクワットのやり方というのがあり、その方法でおこなわなければ効果が出ないそう。

憧れのスカートを履けるようになるために、正しいスクワット法にチャレンジすることにしました!

スクワットで得られる効果

一般的に、スクワット運動に期待されている効果を、下にまとめてみました。

  • 脂肪を燃焼しやすくなる
  • 筋肉がつき脚が引き締まる・ヒップアップする
  • 血行がよくなる

スクワットで脚痩せするための「正しい」方法を紹介

スクワットがダイエットに効果的だということはわかりましたが、正しいフォームを身につけることが何より大切。正しいスクワット法について見ていきましょう。

こんなフォームはNG!間違ったスクワット法

まずは間違ったスクワット法について見てみましょう。写真のような体勢になっていませんか?

Medium 864b493fc519352f

by Ba953a545dc013e4 aisa

  • 腰を丸める
  • 股関節から曲げずに膝から曲げる
  • ガニ股になる
  • 膝がつま先よりも前に出る

私は膝を曲げる時に、股関節から曲げることを意識しながらおこなわず、いきなり膝から曲げてしまいました。その結果、膝だけをかくかくさせた、どこに負担がかかっているかわからないような、おかしなスクワットに。効果がないどころか、膝だけに負担がかかり、膝を痛めてしまいそうでした。

動画を見ながら実践、正しいスクワットの方法

間違ったスクワット法を正そうと、私が参考にした動画がこちらです。正しい方法でスクワットがおこなえるように、ポイントを教えてくれるので大変わかりやすく、参考にしやすかったです。

スクワットの正しいやり方

ウエイトありで試したい場合は、ダンベルを使います。私は特別な器具が必要なく、負荷も軽めのウエイトなしでスクワットをしました。

方法
①つま先を少し外側に向けて、足を肩幅より少し広く開く
②腰を後ろに引くようにして腰を下げる
③90度までスクワットをする
④1~2秒体勢をキープする
⑤かかとに体重をかけながら上がる
⑥1セット15回を3セットおこなう
Medium b7376bc2b05283e5

by Ba953a545dc013e4 aisa

実際におこなってみると、前のめりになってしまいそうな姿勢だったので、腰を引くことを意識してみました。すると、今度は後ろに倒れそうになったりと、バランスをとるのが難しかったです。

また、膝がつま先よりも前に出ないように気をつけると、今度はかかとが浮いてしまいます。腰も丸まってしまうなど、正しい姿勢を保つのに苦戦しました。そのためか、2〜3回おこなっただけで、汗がじんわり。

私は1セット15回のスクワットを、1日3回、1週間続けておこなってみました。1日目は正しい姿勢に慣れるためにゆっくりとおこない、2~3日経つ頃にはコツをつかみ、だいぶスムーズにできるようになりました。

正しいスクワット法を実践した結果

1週間という短い期間ですが、気をつけなければいけないことを踏まえながら、正しいスクワット法を実践してみました。正しい姿勢かどうか気をつけてスクワットをおこなったことで、たった1週間の実践でも、目に見えてわかる嬉しい成果がありました。

脚が細くなった

Medium cd5b24fc8805e1fc

by Ba953a545dc013e4 aisa

スクワットをすることによって脚が引き締まり、ジャストサイズだったパンツに若干つまめる程度の余裕ができました。どれぐらい細くなったのか太ももを測ってみると、44.2cmから43.2cmになり、1cm細くなっていました。

Medium 3761ef1246b6074c

by Ba953a545dc013e4 aisa

数字の上でも変わっていますが、実際の見た目でもしっかり違いが分かるようになりましたね!

お尻が引き締まった

メリハリのない、たれ気味のお尻でしたが、スクワットを実践してからは少しスッキリとしてきました。パンツを履いた上から見ると、お尻と太ももの境目ができて、ヒップアップしていました。

スクワットをおこなう際の注意点

スクワットで下半身のシェイプアップに成功した私ですが、実践する際の注意点をご紹介します。

間違った方法は体を痛める恐れがある

この正しいスクワット方法を知る前に、2日に1度のペースで自己流のスクワットを1ヶ月続けたことがありました。膝だけを軽く曲げて、腰を丸めたような姿勢でおこなったところ、膝を痛めてしまいました。

鏡でフォームを確認するなどしながら、正しい方法を保つように気をつけてください。ちなみに、正しいスクワット方法では、膝が痛くならない代わりに太ももが張ったような感覚になり、脚痩せに効いていることが実感できました。

脚が太くなることもある

スクワットで筋肉量を増やすことで、リバンドしにくく痩せやすい体を作れると感じましたが、1日に50回以上のスクワットを続けていくと、筋肉がつき過ぎて脚が太くなるそうです。

実際、スクワットに慣れてきた頃に回数を50回に増やし、2週間後に太もものサイズを測ってみると、1cm太くなっていたので驚きました。やり過ぎには注意が必要です。

スクワットだけでは体重は減らない

1週間太ももやお尻に意識を集中してスクワットをおこないましたが、筋肉がつき過ぎて体重が増えることはありませんでした。また、引き締まりはしましたが、体重が減ることもなかったです。減量するには、食事制限やウォーキングなどの有酸素運動を取り入れるといいでしょう。

正しいスクワット法は下半身痩せにおすすめ!

正しいスクワット法を始める時、私は太ももやお尻を意識しながらおこないました。鍛えたい場所に負荷をかけることができるので、どこを鍛えたいのかを意識することはとても重要だと感じました。

スクワットは、場所をとらず、テレビを見ながらや家事の合間におこなうこともできる、実践しやすいダイエット方法です。脚が細くなるという嬉しい効果があり、スタイルアップにもつながるので、下半身太りが気になる方は、正しいフォームで実践してみてくださいね。

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事