Medium 6f6e4e361fa52eb7

164cm/50kgの私が体重キープのために考えた、太らない習慣6つ

元々太りやすく、リバウンドに悩んでいた私。しかし、7年前に10kgの減量に成功し、太らない6つの習慣を実践するようになってから、運動なしでも体重がキープができるようになりました。生活に簡単に取り入れられる「太らない6つの習慣」を紹介します。

ライター:mpori2  カテゴリー:生活習慣  投稿日:2017/11/21

太らない6つの習慣を編み出したきっかけ

いくらダイエットをしても、そのあとリバウンドしてしまったら意味はないですよね。私は、ダイエットにチャレンジしてはリバウンドを繰り返し、結局ダイエット失敗、という経験が何度もあります。

しかし、7年前に10kgのダイエットに成功した時、今度こそこの体重をキープしようと一念発起。欠かさず続けた6つの習慣のおかげで、7年間164cm50kgの体重キープができています!リバウンドばかりしていた私が、運動なしで体重キープできている太らない6つの習慣をご紹介します。

「習慣」なので継続させることが大前提

Medium eddb9699e1ddd41f

私が実践している太らない6つの習慣で、大前提としている大切なことは、できるだけ毎日続けることです。

私の経験上、気が向いた時だけやる、たまになら、という意識だと自分を甘やかしてしまい、その結果が体重に表れます。特に元々太りやすい体質の私は、自分に甘いということが体重を管理できない大きな原因でした。

毎日必ずおこなうことで習慣化できたら、苦痛にはなりません。運動の場合、毎日おこなうのは難しいですが、私が紹介するのは運動ではない、とても簡単なことばかり。日々の生活の中にすぐに取り入れることができるはずです。

太らない6つの習慣とは

それでは私がリバウンド防止のために考えた、太らない6つの習慣についてご紹介します。

①毎朝体重を測る

Medium 3ea1f624b7a15fce

え?そんなこと?と思われるかもしれませんが、体重を管理できずすぐに太ってしまう人の多くは、あまり体重計に乗らない人だと思います。毎日必ず体重を測って自分の現状を把握することは、体重管理をする上でも基本です。

私も最初の頃は、ヤバイと感じて恐る恐る体重を測り驚愕する、というパターンがほとんどでした。しかし、体重を毎日測るようになると、少し食べ過ぎたとか、高カロリーなものばかり食べているとか、1日1日の食生活を考えるようになりました。

昨日より増えていたら今日は少し食べる量や物を考えるということを、手遅れになる前に日々意識しているだけで、体重が急激に増えたりすることはありません。

②食べる順番を徹底する

食事は、「野菜→汁物→タンパク質→炭水化物」の順に食べることで、余計な糖の吸収を抑える効果があると言われています。この順番で食べることを毎食徹底しましょう。

糖の吸収が抑えられているかどうかは、目には見えないので実感はありません。ただ、この順番で食べるようになってから、不思議とドカ食いを抑えられるようになりました。調べてみると、血糖値の上昇が抑えられることで、満腹感を得られるようになるそうです。

また、たとえお腹が減っていても、食事中は食べる順番に意識がいくので、好きなものにがっつくということがなくなりましたし、私の場合は少ない量でも満腹感を得られるようになりました。

③身体を冷やさない

冷えはむくみの原因になり、むくみは体の循環機能を悪くする原因になります。身体が冷えてむくんでしまうと、身体の中の老廃物をきちんと排出できず溜め込みやすい身体になってしまうそうです。

末端冷え性の私は、とにかく下半身や手先は真夏でも冷たく、年中むくみっぱなしでした。お風呂にゆっくり浸かるということがなく、シャワーで終わらすことが多かったのを見直して、毎日30分以上はお風呂にゆっくり浸かり、時間があればマッサージをして身体を温めるようにしました。

マッサージを毎日するのは難しくても、お風呂にしっかり浸かり身体を温めるだけで、むくみはかなり改善します。私の場合、身体を冷やさないようにしてから、汗をよくかくようにもなりました。身体を温めることで代謝も上がるので、身体を冷やさないことはとても大切です。

④超空腹の時間を作らない

Medium 7932d7686332fd18

太らないためには食べないほうがいいと思い我慢すると、逆にドカ食いを招いたり、空腹後の食事で糖質・脂質の吸収力をあげてしまったりするので、私は空腹の時間を作らないようにしました。

だからと言って、間食でスナック菓子や甘いものを摂っていては意味がないので、ナッツ類を食べるようにしています。ナッツ類は血糖値の上昇を抑えてくれるだけでなく、噛み応えがあるので、時間をかけて咀嚼し、食べ過ぎを防ぐことができます。

これはかなり効果があり、間食してもいいという安心感で、ストレスも感じなくて済みました。また、間食したおかげで、食事の量も少なめに抑えられるようになりました。

⑤満腹になるまで食べない

満腹になるまで食べ続けてしまうと、それを消化するために消化器官にとても負担がかかります。また、消化しきれず吸収されてしまう可能性が。

腹8分目とよく言いますが、6~7分目で抑えることが理想と言われています。最初の頃はしんどいですが、続けているとその量に慣れてきて、6~7分目でも満足できるようになります。

⑥おしゃれをする

Medium f8c20502686688d4

これは、毎日必ずということではなく日々の意識の問題ですが、流行りのファッションやメイクなどに頓着がなくなると、綺麗に見られたい、おしゃれな服が着たい、という向上心が失われます。

おしゃれな服を着て、可愛くメイクして積極的に人と会うようにしてから、私は「人にこう見られたい」「こういう自分でいたい」という意識を持つようになりました。太ったらせっかく買ったおしゃれな服が着られなくなる!と思うので、体重をキープする努力も苦にはなりません。

太らない6つの習慣で痩せた喜びを持続させよう

ダイエットを終えた後は、痩せたということに満足して、油断してしまいがちです。ずっと太ったことのない人でも、歳を重ねるごとに身体は代謝や消化機能は衰えて、誰もが痩せにくく太りやすい身体になっていきます。

モデルさんなどがおこなう運動や食生活は真似できなくても、ほんの少しの意識や努力を毎日必ず続けることで、体重や体型は維持していくことができます。リバウンドばかりしていた私が、164cm50kgの体型を維持できているのは、簡単な6つの習慣を守っているおかげです。

リバウンドに悩んでいる方は、是非今日からでも太らない6つの習慣を実践してみてくださいね。ダイエットに成功した時の喜びを、ずっと持続させてみましょう。

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事