Medium f99e18bc586a27b9

産後5か月のくびれエクササイズで体型が元通りに!方法は?

産後、育児に追われていると、体重は落ちても体型はなかなか元に戻りません。アラサーママである私は、産後におこなったくびれエクササイズで体型を戻せました!くびれエクササイズの方法、効果、メリット・デメリットについてご紹介します。

ライター:asdf1234  カテゴリー:産後・その他  投稿日:2017/11/27

くびれエクササイズを始めたきっかけ

産後、なかなか戻せないのがお腹周りですよね。体重は戻っても、体のラインがなかなか戻らず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

私は、第1子出産時は産後1か月で体重も体型もほぼ元通りになりました。しかし第3子出産時は、体重が5kgオーバー。そして伸びた皮膚とともに、ドーナツのようにお腹周りにくっついた脂肪が気になるようになりました。

このままでは、長男の入園式に購入したスーツを次男の入園式で着られません。スーツを新調するか、急いでくびれを作るためにシェイプアップをするかの2択です。1度しか着ていないスーツを諦めきれない私は、シェイプアップを試みました!

そもそも産後太りはなぜ起こるの?

そもそも、産後太りは何故起こるのでしょうか?実は、骨盤の開きが大きく関係していると考えられています。骨盤が開くと、骨盤周りの筋肉も緩みます。この骨盤周りの筋肉がくびれを作っているので、緩んでしまうと、残念なポッコリお腹になってしまうのだそう。

私が骨盤の歪みを実感したのは、出産前よりも歩行時に体がふらついていた時のことでした。そこで、骨盤周りの筋肉を鍛えるエクササイズを調べて実践してみることにしました。

実践!くびれエクササイズの方法とポイント

私がくびれエクササイズを試したのは、産後1か月から産後6か月までの5か月間です。子供と一緒に、寝る前におこなっていました。時間は10分もかかりません。

スクワットでくびれをゲットしよう

方法
①前ならえのようなイメージで、両手を握り、前にまっすぐ突き出す
②スクワットをしながら手を開き、腕を後ろに引いていく
③スクワットから元の姿勢に戻ると同時に、腕も元の前ならえの姿勢に戻す
Medium 73b0b9134e6602eb

by Bcb1c97e9475aed6 asdf1234

Medium d862080372653486

by Bcb1c97e9475aed6 asdf1234

このエクササイズのポイントは、下記の3点です。

  • ゆっくりおこなう
  • 内ももを意識する
  • 上半身を真っすぐにして立つ

スクワットをする時に徐々に重心を下げていくと、膝やふくらはぎの筋肉が正しい位置に戻っているような感覚になります。この感覚を意識しながらおこないましょう。骨盤周りの筋肉を正しい位置に戻すことが、くびれ作りにはとても大切なポイントになります。

このエクササイズで正しい筋肉の位置が分かるようになってから、何気なく立っているときでも自分の姿勢が正しいと感じるようになりました。「正しく腹筋を使って立っている」という感覚です。

インナーマッスルを意識してくびれを作る

くびれ作りには、インナーマッスルを鍛えることが必須と言われています。外側の筋肉が鍛えられると体はたくましくなりますが、内側の筋肉であるインナーマッスルを鍛えると、体のラインは細くなります。

個人的には、内ももを意識するとインナーマッスルに効いてる感覚がありました。骨盤を支えている内側の筋肉に効いている感覚です。インナーマッスルをうまく意識できない方は、内ももに力を入れるイメージでスクワットをやってみてください。

骨盤矯正で効果アップを狙って

産後は、どうしても骨盤が開いてしまうもの。女性の体は妊娠すると出産準備のために、次第に骨盤が開くようになっているのです。赤ちゃんが無事に産まれた後は、骨盤が開いている必要はないのですが、なかなか自然には戻りませんよね。

そこでおすすめなのが、骨盤矯正です。骨盤の位置が矯正されると、骨盤周りの筋肉も正しい位置に戻り、インナーマッスルも鍛えやすい体になります。

私は産後1か月頃に、自分へのご褒美も兼ねて60分7560円の施術を受けました。施術中は産後の疲れも吹き飛ぶような不思議な感覚になり、体だけでなく心までリフレッシュできました。骨盤の歪みが解消されたためか、首や肩がとても楽になりました。

くびれエクササイズのメリットとデメリット

どんなダイエットにもメリットとデメリットはあります。ここでは、くびれエクササイズのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

くびれエクササイズのメリットは、短時間でできること。毎日10分ほどのエクササイズで効果があるので、忙しいママにはピッタリです。

私の場合、上の子どもたちと一緒におこなっていました。コミュニケーションを取りながら楽しく実践できたと思います。サボりそうな時も「ママ、体操してないよ!」と子どもたちが誘ってくれたので、毎日無理なく続けることができました。

デメリット

くびれエクササイズのデメリットは、短期間に集中しておこなえないこと。インナーマッスルを鍛えるためには、毎日コツコツとある程度の期間おこなう必要があります。そのため、短期間に集中して大きい効果を出したい方には不向きかもしれません。

5か月間のくびれエクササイズでくびれが復活!

Medium 65529050d7c773dd

by Bcb1c97e9475aed6 asdf1234

私はくびれエクササイズを第3子出産1か月後から始め、どんなに眠い時も休まずに5か月間続けました。すると、見事にくびれと腹筋復活!子連れでプールに行った際に、「どうしたの?」とママ友から言われるほどです。普段から着ていた部屋着はブカブカになり、姿勢もよくなったと思います。

くびれエクササイズは、忙しいママにこそオススメしたいダイエットです。隙間時間を見つけて、毎日コツコツとエクササイズを実践してみてくださいね!

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事