Medium c6dad7bfb55ff266

妊娠中の便秘の原因は?生活習慣の改善で解消した方法を解説!

妊娠中の便秘でお困りの妊婦さんは多いですよね。今回は、実際に困っていた私が実践した生活改善の方法と、得られた効果を紹介します!妊娠中の便秘の原因についても調べてみたので、現在便秘で悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

ライター:ぬこち  カテゴリー:産後・その他  投稿日:2017/12/04

妊娠中の便秘を招く4つの理由とは

私は、妊娠するまであまり便秘にならない体質でした。しかし、妊娠してからは便秘に悩まされる毎日。妊娠中期まではよかったものの、妊娠後期になるとお腹に力を入れるのも怖いので、便秘になっても踏ん張ることができず、腹痛に苦しんでました。

妊婦さんが便秘に苦しむ、という話はよく聞きますよね。実は、妊娠中に便秘になる理由がいくつかあるのです。

①ホルモンバランスの変化

妊娠中は女性ホルモンの1つ、黄体ホルモンの活動が活発になります。黄体ホルモンは体に栄養を蓄えようとする働きがあり、腸の筋肉を緩めてしまいます。その結果、腸の活動が弱まり、便秘になりやすくなってしまうのです。

②胎児の成長による子宮の肥大化

妊娠後期になるにつれて赤ちゃんが子宮の中で成長し、大きくなった子宮が腸を圧迫してしまいます。圧迫された腸は動きが鈍くなり、結果として便秘を引き起こしてしまいます。

③つわりによる食事の偏り

私自身がそうだったのですが、つわりによって食べられないものがあり、食事の栄養バランスが悪くなりがちです。私の場合はキャベツと味噌汁が食べられなくなりました。食事による食物繊維の摂取や水分の摂取が極端に減ったことで、さらに便秘がひどくなる可能性があります。

④慢性的な運動不足

妊娠中はどうしても運動不足になってしまいがちです。体が重かったりだるかったりして、妊娠前よりも運動量がかなり減りますよね。さらに、筋力が落ち、血行が悪くなることも。その結果、胃腸の動きが悪くなり、便秘になりやすくなるそうです。

妊娠中の便秘解消に向けて私がおこなったこと

ホルモンバランスや子宮の肥大はどうしようもないことなので、私は「食生活の改善」と「慢性的な運動不足の改善」で便秘の解消を目指すことにしました。

朝食を摂る

妊娠期間中はどうしても、お腹の違和感などで寝づらく、寝不足になりがち。「朝食をスキップして寝ていたい」ということもありました。しかし、便秘解消を意識し始めてからは、私は朝起きて朝食を摂るようになりました。

私がよく食べていたのは、洋風のスープや果物、納豆。便秘解消に効果的な、食物繊維と水分が多く含まれるものを摂取していました。

また朝食を摂ることにより、朝から胃や腸の活動が始まります。これも便秘解消の第1歩になります。

スープ類は手作りで野菜を多めに

Medium 0a9d7cdb67448258

by 3393fe5ae1bb58cd ぬこち

さらに日が経つと、朝起きることに抵抗がなくなってきたので、朝食に食べる野菜スープを手作りするなど、楽しみながら食生活改善の努力を続けることができました。

1枚目の写真は、野菜スープを手作りしているところです。身体を温める根菜類を中心に、野菜たっぷりに作りました。

Medium 02354876ef44bb94

by 3393fe5ae1bb58cd ぬこち

また、コンソメスープも手軽に作れるのでおすすめです。

Medium a49310366c11949d

by 3393fe5ae1bb58cd ぬこち

私は味噌汁が飲めなかったので、お吸い物もよく作りました。あっさりして妊娠中でも食べやすく、味噌汁の匂いが無理という方にもおすすめ!是非試してみてください。

散歩に出かける

Medium 0d5daa9d71bf12cb

by 3393fe5ae1bb58cd ぬこち

運動不足の改善方法は様々で、人により向き不向きがあります。私はもともと腹筋が少なく筋トレが苦手だったため、スクワットやストレッチは嫌というタイプ。そこで「散歩に出かける」という方法で運動不足を解消しました。

ウォーキングは気軽に始められて、腸の働きを活発にする効果も期待できるのだとか。さらに日光を浴びるので、気分転換にもなります。妊娠中の運動は、自分のペースでできて、体調と相談しながらできるものがいいと思います。

私は朝食を摂った後、眠たい目をこすりながらウォーキングにでかけていました。適度な運動がその後の気分も晴れやかにしてくれます。本格的に運動をするわけではないので、お腹を締めつけないマタニティワンピースなどで、気軽に出かけましょう。

水分を摂る

ウォーキングを始めたことで汗をよくかくようになったので、しっかりと水分を補給するように意識していました。朝食でスープを摂るようにしていたこともあり、妊娠前より水分の摂取量が増えたと思います。

妊娠中の便秘対策を続けた結果

妊娠中の便秘対策を続けた結果、3週間ほど経ってからじわじわと便秘解消の効果が出てきました。

腹痛がなくなって便秘が解消された

まず最初に気づいたのは、便秘による酷い腹痛を感じなくなったことです。数週間経って、ふと「そういえば最近腹痛がないな」と感じたのが始まりです。そこから出産まで腹痛を感じることはありませんでした。日が経つにつれて徐々に便の固さも柔らかくなり、便通もよくなってきました。

気分転換ができて気持ちが沈まなくなった

ウォーキングで運動不足を解消したり、出かけることで気分転換できたりしたので、便秘が解消できただけでなく、1人で家にいて気持ちが沈むこともなくなりました。

妊娠中の便秘解消に激しい運動はNG

妊娠中は、それまで以上に食事や体に気を遣わなければいけません。便秘になったからといって病院で処方される薬に頼るのは、本質的な解決になりませんよね。ただ、運動不足だからといってランニングなど激しい運動をすると、流産の危険性もあります。

妊娠中の運動は体の調子を見ながらおこない、腹痛や違和感がある時は中止して安静にするようにしましょう。また、必要があれば主治医に相談することをおすすめします。

今回は、朝から胃腸の活動を促進するため、「朝食をきちんと食べること」「適度に運動すること」を実践しました。食生活や無理のない運動を取り入れて、健康的に便秘を解消し、素敵なマタニティライフを送ってくださいね。

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事