Medium 253449f48912ed1f

咀嚼ダイエット1か月で5kg減に成功!守ったルールは3つのみ

炭水化物が好きだけど、食べたら罪悪感が・・。食べることが大好きな私が始めたのが、「咀嚼ダイエット」です。今回、私は咀嚼ダイエットに1か月挑戦してみました。その結果、5キロ痩せに成功!私が実践した方法をご紹介します。

ライター:きむらももこ  カテゴリー:生活習慣  投稿日:2018/01/01

咀嚼ダイエットを始めたきっかけ

Medium cd9047664733000a

by 6d1a783ecd2ea882 きむらももこ

私が咀嚼ダイエットを始めたきっかけは、「ポタパスタ」というパスタ屋にハマったことです。とにかく美味しくて、当時は毎晩通っていました。

しかし、このポタパスタには「量が少ない」という欠点がありました。大盛りを購入しても1.2倍にしかなりません。量の物足りなさから、1食で2人分食べることもありました。

しかし、あるとき気づいたのです「もっとゆっくり噛んで味わえばいいのでは?」と。実は、こちらのパスタ料理を食べているうちにどんどん早食いになり、気付けば1皿3分くらいで食べられるようになっていました。

そこで、噛む回数を増やすことを意識する咀嚼ダイエットを取り入れることにしたのです。

私が実践した咀嚼ダイエットの方法

私の咀嚼ダイエットの3つのルール

咀嚼ダイエットをするにあたって、私が守ったルールは3つだけです。

  1. なるべく小口で食べる
  2. ひと口あたり30回噛む
  3. 左右のあごを均等に使う

特に、私が好きな麺類をはじめとした炭水化物は、しっかりと噛むように意識しました。

炭水化物をよく噛むと良い理由

Medium d9fb3f7f45311001

by 6d1a783ecd2ea882 きむらももこ

咀嚼回数が増えると、唾液の分泌が増えます。これが、炭水化物に含まれる糖質やデンプンの分解を助けて消化を促します。

炭水化物の消化が良くなることは、体に脂肪を溜め込みにくくすることにつながるのです。つまり、同じものを食べても、よく噛めば太りにくくなる可能性があるということですね。

満腹中枢を刺激するのにも効果的

これは炭水化物に限ったことではありませんが、咀嚼回数を増やすと脳にある満腹中枢を刺激することにつながります。

満腹中枢は、その名の通り満腹感をコントロールする場所です。個人差はありますが、食事を始めてから15~20分後から満腹中枢が刺激されて、「お腹いっぱいになった」と感じる効果が出るとされています。

咀嚼ダイエットを1か月やった結果は?

よく噛むだけ・・というシンプルな方法で1か月ダイエットをした結果をご報告します。

1か月で2キロ痩せに成功した!

3つのルールを守って咀嚼ダイエットをしただけなのに、なんと1か月で5キロ痩せに成功しました!短期間でこの結果は、なかなか良いのではないでしょうか?

停滞期やストレスといったトラブルは特になく、スムーズに体重が減っていったと思います。

自然と食事の量が減った!

咀嚼ダイエットを通して、私の気持ちに変化があらわれました。

以前はパスタ1皿を3分で食べることもあった私ですが、「少ない量でもゆっくり食べて心を満たすことを大切にしよう」と考えるようになったのです。

食べ物の量を増やして胃袋を満たすような食生活が改められ、自然と食事量が減っていきました。これが摂取カロリーを減らすことにつながり、5キロ痩せという結果をもたらしたのだと思います。

咀嚼ダイエットのメリット・デメリット

それでは、私の経験からどのようなメリットやデメリットがあるのかをご紹介します。

咀嚼ダイエットのメリット2つ

①お金がかからない

咀嚼ダイエットは、基本的によく噛むだけなのでお金がかかりません。高価なダイエット器具を購入したり、ジムに通ったりといったコストがかかりません。

お金がかからないぶん、思い立ったらすぐに始められます。

②好きなものを食べることができる

低糖質ダイエットが流行っているせいか、炭水化物を食べることに罪悪感がある方もいるのではないでしょうか。

「太っている理由は炭水化物を食べているから」そう思って、食べたいものを我慢している人も多いことでしょう。

しかし、私が咀嚼ダイエットをするにあたって「これは食べない」といった我慢はしませんでした。好きなものを食べても、食事量が自然と減ったので痩せることができました。

「頑張って食べないより、頑張って噛んで!」これを合言葉に咀嚼ダイエットを成功させましょう。

咀嚼ダイエットのデメリット2つ

①味を忘れてしまう

私が一度に2つのことを同時にできないせいかもしれませんが、噛むことに集中することで味を忘れてしまうことがありました。

好きな食べ物ほど、味わうことに集中したいですよね。しかし、30回の咀嚼をカウントするのは思いのほか難しく、私にとってはこれがデメリットになりました。

②食べるのに時間がかかる

咀嚼ダイエットを始めたことで、パスタ1皿を食べる時間が3分から15分に増えました。もちろんほかの食べ物でも食事に時間がかかることに・・。そのため、忙しいときは少し苦労しました。

時間に余裕がない人は、3食すべてを咀嚼ダイエットにあてるのが難しいかもしれません。そんなときは、「夕食だけ・・」などタイミングを決めておくと良いかと思います。

食の大切さを実感できる!咀嚼ダイエット

「食べることが好きだから、たくさん食べたい!」そう思うのは自然なことかもしれません。そんな食欲に流されると、ついつい早食いにもなってしまいます。

しかし、素材本来の味を堪能して、食の大切さを実感するためにも、あえてゆっくり噛んで食べることをおすすめしたいです。幼いころ母から「よく噛んで食べなさい!」と言われていた理由も、こんなところからあるのでしょう。

咀嚼ダイエットを実践すると、こうした食に対する考え方の変化が起こるかもしれません。それはきっと、ダイエットだけでなく健康面にもプラスになります。気になった方は、ぜひ取り入れてみてくださいね。

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事