Medium ef1879f4a0144d28

難消化性デキストリンはダイエット効果あり!量やタイミングは?

難消化性デキストリンでダイエットに挑戦してみました。その結果、1か月で2kg痩せに成功!難消化性デキストリンの飲み方や、実感したダイエット効果についてレポートします。

ライター:Sio  カテゴリー:商品  投稿日:2018/01/10

難消化性デキストリンでダイエットした理由

以前、「糖質制限ダイエット」に挑戦したことがあります。しかし、炭水化物が大好きな私はあえなく挫折・・。

その後、いろいろ調べていくうちに、血糖値の上昇を抑えるという「難消化性デキストリン」の存在を知りました。これなら炭水化物が好きな私でも続けられるかもしれません。

そこで、さっそく難消化性デキストリンでのダイエットに1か月挑戦してみることにしました。

そもそも難消化性デキストリンって何?

Medium 68a937fea81f5fb5

by 01547b2ab8098140 Sio

デキストリンとは、ひと口で言うと「デンプン」の一種です。デンプンの中から食物繊維だけを取り出したものを、「難消化性デキストリン」と言います。

この「難消化性デキストリン」を体内に取り入れることによって、以下のような効果が期待できると言われています。

  • 血糖値の上昇をおさえる
  • 脂肪の吸収を遅らせ、食後中性脂肪の上昇をおさえる
  • 腸内環境を整え、便秘を改善させる

難消化性デキストリンは、これらの効果で痩せよう!というダイエットなのです。

難消化性デキストリンダイエットが向いている人

難消化性デキストリンダイエットが向いているのは、私のように主食が大好きで、糖質制限が苦手な人です。糖質たっぷりという意味では、スイーツが好きな人も向いているでしょう。

こういう人は、一時的に糖質制限ができても、我慢の限界に達したところで食べ過ぎたり、挫折をしたり、リバウンドをしたりしてしまうんですよね・・。私もそうでした。

一方、通常の食事に難消化性デキストリンを取り入れるダイエットなら、無理なく血糖値の上昇をおさえてくれます。

もちろん、過信してあまりに糖質をとり過ぎてはダメですが、上手に利用すれば難消化性デキストリンはダイエットの心強い味方になるのです。

難消化性デキストリンダイエットの方法

Medium 49267a0e473682d1

by 01547b2ab8098140 Sio

難消化性デキストリンを摂取するタイミング

難消化性デキストリンダイエットのポイントは、「難消化性デキストリンを摂取するタイミング」です。難消化性デキストリンの持つ作用を最大限に引き出すには、食事の前後に摂ることが大切。私の場合は、以下のような方法で摂取していました。

  • 食前にコーヒーカップ1杯分のお湯に溶かして飲む。
  • みそ汁やスープに溶かして食事中に飲む。
  • 食後のコーヒーや紅茶に混ぜて飲む。

難消化性デキストリンの摂取量

摂取目安量について、商品の説明には「1日5~10gが目安」と書いてありますが、特に摂取上限はないとのこと。私は毎回、スープスプーン1杯分の難消化性デキストリン(約5g)を溶かして飲んでいました。

難消化性デキストリンの味

難消化性デキストリンは無味無臭なので、料理の味が変わってしまうこともなくとても飲みやすいです。この点は大きなメリットですね。

溶けるものなら何でもよいので、普段飲んでいる飲み物に混ぜて手軽に飲むことができます。自分が取り入れやすい方法がいちばん良いですよ。ただ、冷たいものには溶けづらいため、できれば温かい飲み物やスープ類に混ぜるのがおすすめです。

カロリーコントロールも重要

先ほども書きましたが、いちばん重要なことは、難消化性デキストリンを過信してカロリーをとり過ぎないこと。いくら糖と脂肪の吸収をおさえる効果があるとはいえ、食べる量が多過ぎたら難消化性デキストリンの効果は薄れてしまいます。

あくまでダイエットが目的ですから、摂取カロリーには十分気を付けましょう。

難消化性デキストリンダイエットを1か月続けた結果は?

Medium 3da7e4dd9e77e95a

by 01547b2ab8098140 Sio

1か月で2kg痩せに成功

難消化性デキストリンを毎日飲み続けて1か月が経ち、体重を計ってみたところ、ダイエット前の体重から‐2kgという結果が出ました!特に厳しい食事制限も運動もしていないのに、びっくりです。

カロリーコントロールが効果を高めた!

この期間は、間食をなるべく控えたり、スマートフォンのダイエットアプリを利用してカロリー計算をしたりと、1日の摂取カロリーを気にしながら過ごしていました。こうすることで、難消化性デキストリンの効果が出やすいようにしました。

これ以外は、普通に1日3食とり、運動で苦しい思いをすることもなく、やったことと言えば食事の前後に難消化性デキストリンを飲んだだけ。パンやパスタなどの炭水化物もそれなりに食べましたし、これまで挑戦してきたほかのダイエットに比べると、あっけないほどラクでした。

ボディラインもスッキリ

見た目の変化は‐2kg程度でしたが、なんとなく肩からデコルテのあたりがスッキリしたように感じました。

また、太ももに隙間ができて、ジーンズが今までよりすんなり履けるようになったのもうれしい変化でした。今後も長く続けていけば、もっとハッキリしたダイエット効果があらわれてくると思われます。

難消化性デキストリンダイエットの注意点

難消化性デキストリンダイエットは、簡単にできるダイエット方法ですが、ひとつだけ問題点があります。それは、おなかが緩くなることです。

私は難消化性デキストリンを飲んでしばらくの間、ずっとお腹を下し気味でした。難消化性デキストリンの整腸作用によるものかと思いますが、もともとお腹が緩い体質の私は、少し過敏に反応してしまったのだと思います。

そのため、私のようにお腹を下しやすい人は、少し飲む量を減らすなどの工夫をした方が良いかもしれません。私も途中から飲む量を減らしたところ、おなかの調子は少しずつ改善していきました。

逆に、普段から便秘気味の人は、ダイエット効果と同時にお通じも良くなるので、一石二鳥かもしれませんね。

効果あった!難消化性デキストリンダイエット

手軽に取り入れられて、効果も実感できた難消化性デキストリンダイエット。厳しい食事制限も運動もいらないので、個人的にはとてもラクに痩せることができました。

ただし、食事制限がいらないとは言っても食べ過ぎはNGです!難消化性デキストリンの効果を得るためには、適正な摂取カロリーを守るようにしましょう。

興味のある方は、ぜひ一度「難消化性デキストリンダイエット」を試してみてくださいね。

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事