Medium 2f296e0a13d10694

プチシェイク置き換えダイエット2か月で5kg減!方法や作り方

置き換えダイエット用の商品で人気のオルビスの「プチシェイク」。私はこのプチシェイクを使って、2ヶ月間置き換えダイエットに挑戦しました。ここでは、オルビスのプチシェイク置き換えダイエットの結果と実践して感じたことをお伝えしたいと思います。

カテゴリー:商品  投稿日:2018/02/14

置き換えダイエットにプチシェイクを選んだ理由

まずは、今回のダイエットを始めた理由をご説明いたします。

オルビス プチシェイク

Medium 8e824c301b5eb4cc

by 4c71910886cf4256 ふじあさ

私が置き換えダイエット用食品にオルビスのプチシェイクを選んだ理由は、「テイスト」と「食感」、そして「カロリー」にあります。

スイーツのような甘めのテイスト

プチシェイクは、ピーチやマンゴー、マスカットなどのフルーツ味が多く、甘めのテイストになっているのが特徴。

ダイエット中はストレスを感じやすいと思った私は、甘めの商品ならストレスを溜めることなく続けられそうと思ったのです。実際、スイーツを食べているような感覚を味わえ、おいしくいただくことができました。

食べ応えのある食感

プチシェイクは、フルーチェのようにぷるっとした食感です。食べ応えがあって、置き換えても満足できそう!と感じました。

カロリーが低い

テイストと混ぜた飲み物にもよりますが、プチシェイク+牛乳だと1食150kcal前後と低カロリーです。1日の食事の摂取カロリーを減らせるのが魅力でした。

オルビスのプチシェイクの作り方

オルビスのプチシェイクの作り方は、とても簡単です。

牛乳と混ぜるだけ

Medium 6f360a50193e6332

by 4c71910886cf4256 ふじあさ

基本は、好みのプチシェイク1袋と牛乳100mlをコップに入れるだけ。あとはスプーンなどでとろみが出るまでかき混ぜれば、完成です。

冷たい牛乳で混ぜると、とろみが出やすい

ぷるっとした食感を出すには、冷やした牛乳を使うのがポイント。一度常温の牛乳を混ぜてみたのですがとろみが出ず、ただのジュースになってしまいました…。

手早くかき混ぜるとなお良い

プチシェイクと牛乳を混ぜたら、手早くかき混ぜるのもポイントです。そうしないと、やはりとろみを出すことができません。

豆乳や飲むヨーグルトでもアレンジ可能

Medium d220d7124cef7ee3

by 4c71910886cf4256 ふじあさ

プチシェイクは、豆乳や飲むヨーグルトとの相性も良いです。

私は毎日牛乳だと飽きてしまうのと、牛乳のカロリーや脂肪分が気になったことから、豆乳や飲むヨーグルトも日替わりで活用しました。

プチシェイク置き換えダイエットの方法

私は、次のような方法でプチシェイク置き換えダイエットを実践しました。

夕飯に置き換える

無理のないダイエットをするためにも、1日1食を置き換えるようにしました。置き換えるタイミングは、夜。理由は、1日3食のうち、夜が最も摂取カロリーが多くなりがちだったからです。

空腹を感じたら+αも

Medium 782b1e27901b58ff

by 4c71910886cf4256 ふじあさ

ただ、プチシェイクだけではお腹が空いてしまうことがあったのも事実です。そんなときは、サラダも一緒に食べていました。お肉やお魚などの主菜やほかのおかずは、カロリーを気にして食べませんでした。

プチシェイク置き換えダイエットを2ヶ月実践した結果

このようなダイエット方法を2ヶ月間実施した結果、どうなったかをお伝えします。

体重が5kg減った!

2ヶ月で体重が5kg減りました。置き換えダイエットを始めて、1~2週間でぐんと体重が減った印象です。停滞期もありましたが、比較的早く目標体重を達成することができました。

フェイスラインがすっきりした!

フェイスラインがすっきりしてきました。私は太ると顔にお肉がつきやすいのが悩みだったのですが、その悩みがすっきり解消されるくらい小顔になったのです。

でも、のちにリバウンド…

しかし、ダイエットに成功して喜んだのもつかの間、のちにリバウンドしてしまいました。考えられる理由は、次の2つです。

理由① 痩せた安心感と空腹の反動で暴飲暴食

「減量に成功した!」という喜びと安心感から、通常の食事に戻しても良いと考えました。その食事の量を控えめにすればよかったのですが、多めの食事を摂ってしまったのです。

プチシェイクだけでは空腹を感じることもあり、ダイエット中はそれをずっと我慢してきたのですが、その反動がきてしまったのですね。「一度痩せたんだし、食べても大丈夫!」という考えが甘かったです。

理由② 運動をしなかった

減量した体をキープするための、運動もしませんでした。運動不足+減量後の暴飲暴食が理由で、リバウンドしてしまったのだと感じました。

プチシェイク置き換えダイエットのデメリット

私がプチシェイク置き換えダイエットを実践して感じたデメリットは、次の2点です。

①食欲の反動がくる

プチシェイクは食べ応えがあるのですが、食べ終わって何時間か経つと空腹を感じやすかったです。カロリーが低いのも、空腹を感じやすい要因の1つかもしれません。

ダイエット中は痩せたい一心で我慢できるのですが、終了後に反動がきます。もちろん、反動がくるかどうかは個人差があると思いますが、注意すべきことには変わりないでしょう。

②便秘になりやすい

プチシェイク置き換えダイエット中、何度か便秘になりました。ダイエットしているのにお腹が張ってきて、「え?お腹がぽっこりしている!」と気持ちが凹むこともありました。

プチシェイク置き換えダイエットの改善点

今回のリバウンド経験をもとに、プチシェイク置き換えダイエットで思い浮かんだ反省点は、以下の通りです。

食事ではなく間食で置き換える

プチシェイクを使って健康的に無理のないダイエットをするなら、食事で置き換えるのはNGだと感じました。

せっかくデザート感覚で食べられるのですから、置き換えるなら間食の方が良いでしょう。食事置き換えによる極端なカロリーカットは、リバウンドの原因です。

食事と置き換えるなら、おかずも添える

もともと間食の習慣がないから、やっぱり食事で置き換えたい!そういう人もいるかもしれませんね。もし、プチシェイクを食事と置き換えるなら、おかずも添えることをおすすめします。

栄養バランスのとれたおかずを作り、そのおかずをいつもより量を少なめにします。そうすれば、ストレスなく1食分のカロリーを減らすことができるかと思います。

運動も取り入れる

置き換えだけで痩せるのは、リスクが高いと感じました。ダイエットは、食事と運動の両方からのアプローチが基本です。運動する習慣が減ると、筋肉量が減って基礎代謝が低下し、痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。

以上が、私のプチシェイク置き換えダイエットの体験談でした。プチシェイクで置き換えダイエットしたいと思っている人は、ぜひ、リバウンド対策をしっかり考えてから実践してみてくださいね!

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事