Bf6c1a07516eace3

ささみダイエット1か月で3.5kg減に成功!私流の簡単レシピ

お肉なのに低カロリーで美味しいささみ。ダイエット食材としてテレビや雑誌でもよく取り上げられています。今回ささみダイエットに挑戦したところ、3.5キロの減量に成功!私が実践したささみダイエットのやり方と魅力、簡単レシピなどを紹介します。

カテゴリー:食事  投稿日:2018/02/05

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium c8d36ef58036ffb3

ささみダイエットを始めたきっかけ

703c585716176b45

by 5adce9e0bf378e5c たまこ

低カロリーで高タンパクなささみは、ダイエット食材としてテレビや雑誌のダイエット特集で取り上げられることも多く人気ですよね。私自身、ささみダイエットの存在は知っていて興味はありましたが、実践したことはありませんでした。理由は、ささみがあまり好きではなかったからです。

しかし、ある日同棲していた彼がセブンイレブンで買ってきた「ささみスモーク」を食べて、その美味しさに衝撃を受けました。そのままでも、キャベツと合わせても美味しい!こんなにおいしいなら、ささみダイエットもできそうだと思い、始めるきっかけになりました。

ささみがダイエット食材として人気のワケ

低カロリーで高タンパク質食材、と言われているささみですが、なぜダイエットに向いているのでしょうか?

脂肪分が少なく低カロリー

ささみは、低カロリー・低脂質でダイエット向きの食材と言われています。

実際のカロリーは、鶏の胸肉周辺の部位で、1本(約43g)あたり約45kcal、100gにすると105kcalになります。ささみは牛肉でいうとヒレ肉に近いのですが、和牛ヒレ肉だと100gあたり約223kcalあるので半分以下のカロリーです!

タンパク質は筋肉の元になり痩せやすくする効果も

ダイエット時、カロリー制限だけに着目してタンパク質が不足すると、脂肪と一緒に筋肉まで減ってしまい、リバウンドしやすい体になってしまうことがあります。こうした状態を防ぐためには、ダイエット中でも栄養バランスに気を配り、筋肉量を維持することが大切です。

タンパク質は筋肉を維持するのに必要不可欠ですから、ダイエット中でもしっかり摂取しておく必要があります。低カロリーでありながら高タンパクなささみは、リバウンドせずに痩せるにはもってこいの食材なのです。

ささみダイエットの方法

私が行ったささみダイエットは、次の2つのルールを中心に実践しました。

  1. 夕食をささみ料理にする
  2. 朝食と昼食は今までどおり

夕食をささみに置き換えたのは、私が一番取り組みやすいのが夕食だったからです。朝食や昼食の方が都合が良ければ、それでも良いと思います。ただし、3食全てをささみに置き換えることだけは、絶対にやめましょう。栄養が偏って体を壊してしまう可能性があります。

おすすめのオリジナルささみレシピをご紹介!

私がささみダイエットに挑戦していた1か月間、美味しいささみ料理を求めて試行錯誤していました。そこで生まれたオリジナルレシピを2つご紹介します!

①ささみと食べるラー油のサラダ

0c9be18e13902f54

by 5adce9e0bf378e5c たまこ

材料(1人分)
ささみ 2~3本
きゅうり 1本
長ねぎ 10cmくらい
食べるラー油 5gくらい
作り方
①きゅうりを細切りにする
②長ねぎは白髪ねぎにする
③ささみは茹でて手でほぐす
④①~③と食べるラー油を混ぜ合わせて完成

数年前に大ブームを起こした「食べるラー油」を使ったレシピです。食材を切って茹でて混ぜるだけ、味付けも食べるラー油のみなので、失敗することがありません。私が愛用したラー油はこちら!

桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油

4e541b46bc6dc380

出典:www.amazon.co.jp

最近ではスーパーの調味料コーナーでもよく見かける「食べるラー油」です。通常のラー油には無いザクザクとした食感が特徴で、フライドガーリックも入っています。

開封すると瓶の底に具が沈んでいるので、よく混ぜてから使うか、カロリーが気になるのであれば油を切って使うと良いでしょう。

②ささみのから揚げ

Ba3ffc17a196f34f

by 5adce9e0bf378e5c たまこ

材料(3人分)
ささみ 6~8本
から揚げ粉(香ばししょうゆ味) 1袋
キャベツ(付け合せ) お好みの量
作り方
①ささみを3つに切っておく
②から揚げ粉を水で溶き、ささみを漬ける
③180℃くらいの油で4分~5分揚げる
④千切りにしたキャベツと一緒に皿に盛り付けて完成

脂肪分の少ないささみで美味しいから揚げを作るのは、意外と難しかったです。

最初は普通のから揚げと同じように、下味をつけ片栗粉をまぶして揚げてみたのですが、固いしパサパサして美味しくありませんでした。次に、市販のから揚げ粉を使って揚げてみたのですが、やはりパサパサしてしまうのは変わりません。

ささみのから揚げにぴったりの唐揚げ粉を発見!

しかし、日清の「からあげグランプリ最高金賞店監修 から揚げ粉香ばししょうゆ味」というから揚げ粉を使って上記のレシピで作ってみたところ、なんと美味しいではありませんか!水で溶くタイプの衣なので、ささみのしっとり感をキープしながら揚げることができたのだと思います。

ささみでから揚げを作るなら、断然このから揚げ粉をオススメします。

からあげグランプリ最高金賞店監修 から揚げ粉香ばししょう油味

今回のレシピで使ったこのから揚げ粉はしょう油味ですが、生姜やにんにくの風味も感じられ、とても私好みの味でした。パッケージには鶏もも肉2枚分と記載されていますが、ささみであれば6~8本でちょうど1袋使い切れる量です。

ささみダイエットの結果は?

1か月間、ささみダイエットを実践した結果を紹介します!

1か月で3.5キロの減量に成功!

夕飯をささみ料理にしてから1か月で3.5キロの減量に成功しました!

私の場合、最初の1週間で2キロ、2~3週目は変化がなく、4週目で1.5キロ落とすことができました。2~3週目は停滞期だったのかもしれません。昼食はほとんど外食だったので、ここまで体重が落ちるとは思わず、自分でもビックリです。

心身への悪影響は特に感じず

ダイエット中、体調が悪くなることは一切ありませんでした。朝食や昼食も今まで通りに好きな物を食べていたので、ストレスや不満もありません。

以前にテレビで、「ささみには疲労回復効果がある」と耳にしたことがあります。疲労回復にはクエン酸やパントテン酸が有効だそうですが、ささみにはパントテン酸が多く含まれています。しかし、私は鈍い方なので、疲労回復効果の有無については自分ではよくわかりませんでした。

お財布にも嬉しい影響が

長期間ダイエットを続けるのであれば、費用は気になりますよね。

ささみは、鶏肉の中でも安く手に入る部位のひとつです。そのため私の場合もお財布に優しく、ダイエットに挑戦した1か月の食費がいつもより3,000円ほど安く済みました。食事系のダイエットはお金がかかることも多いので、これは嬉しいポイントです。

レシピ豊富なささみダイエットはおすすめ!

味噌汁や豆腐など、今までいろいろな食材で置き換えダイエットに挑戦してきましたが、1番飽きがこなかったのが、ささみダイエットでした。オリジナルレシピ作りに挑戦しつつ、レシピサイトや料理本でもささみ料理のレシピは膨大に紹介されていて、毎日違った味を楽しめたのが魅力に感じました。

私のように食べることが大好きな方は、ささみ料理を極めながら「楽しく」「美味しく」ダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか?アレンジもしやすいのでおすすめですよ!

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事