Medium f7437836ce724caf

太ももに隙間が!私がオススメする太もも痩せスクワット法3選

断乳後、どんどん増えていく体重に危機感を覚えてダイエットを決意。効率よくカロリーを消費できると噂の、スクワットダイエットをやることにしました。私が実践したスクワットダイエットの方法を3つレポートします!

ライター:あや  カテゴリー:部分痩せ  投稿日:2017/11/16

スクワットダイエットを始めたきっかけ

Medium 6f57ec5d0f368278

by 15cde31be3abfbcc あや

はじめまして。Instagramで公開ダイエットをしている、@a.ruu.dietと申します。

私は断乳後に体重が増えていく一方で、「太りすぎてヤバい!」と思い、筋力トレーニングを始めてみました。今回は、私が実際に行って効果が高いと感じたトレーニングを、動画付きで紹介したいと思います。

主人のすすめで筋トレを始めてみることに

Medium 4d048454f7f6aa85

by 15cde31be3abfbcc あや

実は、元々筋トレを行なっていた主人のすすめで、しぶしぶ始めたのがきっかけでした!

初めは見よう見まねで教えてもらいながら行っていたのですが、出産してから何もしておらず、筋力が全然なかったので凄く辛かったことを覚えています(笑)そして、自分の身体が重すぎて、「もう明日はしたくない」なんて思っていました。

でも、次の日、スポーツをしていた学生のとき以来の筋肉痛になっていたのです!それは自分が頑張った証明のように思えて、どんどんハマっていきました。

始めたのは、"キングオブトレーニング"のスクワット

まず私が一番初めに行ったトレーニングは、キングオブトレーニングとも言われている「スクワット」でした。下半身はとても大きな筋肉なので、スクワットをすることで代謝が上がり、効率のよいダイエットをすることができます。

私が実践したスクワット法3つ

私はこれから紹介するスクワットを、「自分の限界と思う回数まで行う→30秒~1分休憩」×6セット行いました。では、動画とともに紹介していきます!

①基本のスクワット

by 15cde31be3abfbcc あや

方法
①足を肩幅に広げ、つま先は少し外側に向ける。背筋を伸ばし、かかとに重心を置く。
②息を吸いながら、地面と太ももが並行になるまで上体を下げる。
③息を吐きながら、膝が伸びきらない程度まで立ち上がる。

「なんとなくスクワットってこんなもの!」と思っていたものとは違っていました。最初は20回×3セットから行なっていました。

Medium 5c6be93e220eae63

by 15cde31be3abfbcc あや

ポイントは、②のとき膝がつま先より前に出ないように、お尻を突き出すイメージでやること。③の腰を落とすときには、膝が内側に入らないよう、つま先と同じ方向を向かせましょう。スピードをゆっくりにすると、負荷がかかるのでおすすめです。

②内ももに効く!ワイドスクワット

by 15cde31be3abfbcc あや

方法
①足を肩幅より1.5倍ほど広めに広げる。
②息を吸いながら、地面と太ももが並行になるまで上体を下げる。
③息を吐きながら、膝が伸びきらない程度まで立ち上がる。

基本のスクワットに比べて足を広げるので、内ももに負荷がかかり、脚が全体的に引き締まります。

Medium b81dee93521036db

by 15cde31be3abfbcc あや

基本のスクワットよりバランスが取りにくいので、すぐに全体や内ももに効いていることが実感できると思います。こちらも、基本のスクワットと同様に、20回×3セット行いました。

③お尻の下に効く!ブルガリアンスクワット

by 15cde31be3abfbcc あや

方法
①片足のつま先(または足の甲)を椅子に乗せ、もう一方の足はできるだけ前の方にセット。
②前方の足でしっかり床を踏みしめ、背筋を伸ばしたままゆっくり腰を落とす。
③上がるときはしっかり床を踏みながら真上に上がる。

これは片足で行うスクワットです。私はこれをゆっくり10回×3セット行っているのですが、結構の確率でお尻の下に筋肉痛がきます。とてもキツいのですが、効果のある筋トレです。椅子を使用していますが、無ければ何かの台や階段などでもOKです!

Medium 7ea8616934f99d19

by 15cde31be3abfbcc あや

ブルガリアンスクワットのポイントは以下の5つ。

  1. 目線は必ず前
  2. 椅子に乗せている脚に力を入れない
  3. 背筋をしっかり伸ばしたまま下がる
  4. つま先より膝が前に出ないよう注意
  5. しっかり床を踏みしめる

何から始めたらいいのか迷ったら、是非スクワットを!

なかなかやる気にならなかったり、忙しくて時間がなかったりするときでも、「変わりたい」という思いは誰でも持っていますよね。そんなとき、何か少しのきっかけさえあれば、やる気スイッチが押されると思います。

この記事を読んで、まずはスクワットを20回だけでもやってみることをおすすめします。私のように筋トレにハマってしまうかもしれませんよ!

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事