F187b46b1f034542

MEC食ダイエットで体脂肪がスルスル落ちた!ビフォーアフター

妊娠で20kgも体重増量し、産後も10kgしか減っていない私。妊娠を機に運動せずダラダラ食べてばかりで筋肉も落ち、今さら運動するにも身体がしんどい。そこでMEC食ダイエットに挑戦!MEC食ダイエットのやり方や献立例、効果、デメリットも紹介。

カテゴリー:短期集中  投稿日:2017/12/28

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium 5845743667d24009

そもそも「MEC食ダイエット」とは

2df48ab65d787d5c

by 6c68a5c3b1429244 naco

最近、よく目にするようになったMEC食ダイエット。高たんぱく質・高脂質・低糖質の食事を積極的に摂りながら、1口につき30回噛むという「咀嚼(そしゃく)法」を組み合わせて行うダイエットのことです。

高たんぱく質・高脂質に当てはまる主な食材は「お肉(Meat)」「卵(Egg)」「チーズ(Cheese)」の3つ。この頭文字をつなぎ合わせて「MEC食」と言います。

MEC食ダイエットのやり方と献立例

MEC食ダイエットのやり方は簡単!MECの名称の通り、お肉・卵・チーズを主に摂取するのに加え、「一口につき30回咀嚼する」というやり方です。また、その他にもいくつか守らなければならないルールがあります。

具体的なMEC食ダイエットの方法

下にまとめたのは、MEC食ダイエットを行った時に私が実践したことを具体的に書きだしたものです。イメージが掴めない人は、ぜひ参考にしてください。

  • 目安として1日に「肉200g」「卵3個」「チーズ120g」を摂取する
  • 一口につき30回、よく噛んで食べる(咀嚼法)
  • 炭水化物(糖質)である、ご飯・パン・麺類などを控える
  • 野菜は、葉物野菜を付け合わせ程度に食べる
  • 糖質の多いくだもの、野菜(じゃがいもなどのイモ類)なども控える
  • 清涼飲料水(ジュース)、お菓子(スイーツ)も控える
献立例
朝食 鶏もも肉の蒸し焼き ゆで卵1個 ベビーチーズ2個
昼食 チーズハンバーグ2個 ゆで卵1個
夕食 豚肉野菜炒め チーズオムレツ

私は目安となっている摂取量よりもはるかに多い量のMEC食を摂っていました。MEC食であれば満腹感を得られるまで思う存分食べられる、という点がこのダイエットの醍醐味と言えます。

私は、鶏もも肉を蒸し焼きとチーズオムレツをよく作って食べました。

B85a2573d8bc3190

by 6c68a5c3b1429244 naco

卵ととろけるチーズ入れて作るチーズオムレツは、卵とチーズを同時に摂取できるので便利なメニュー。混ぜて焼くだけなので、作り方も簡単です。

MEC食ダイエットで感じたメリット

日常動作だけでも筋肉量増加や体調改善につながる

高たんぱく質・高脂質の食事を摂っているので、身体の中では積極的に新しい筋肉細胞や骨が作られていきます。筋肉量・骨量増加に伴って基礎代謝があがるので、自然に脂肪を消化する働きが起きるそう。また低糖質も心がけているので相乗効果を生み、どんどん痩せやすくなります。

他にも、低血圧やPMS(月経前症候群)からくる体調不良に悩んでいた人は、その症状が改善される場合も。特別な運動をしているわけでもないのにどんどん身体が引き締まっていったり、という効果を実感する人もいるようです。

私自身、産前産後どちらもPMSの症状に悩んでいましたが、MEC食ダイエットを始めてから生理周期が整い体調改善が見られました。

肌つやがよくなる

個人差はあるものの、特に女性は肌の調子が格段に良くなる傾向があります。高たんぱく・高脂質の食事方法が身体の隅々にまで十分な潤いをもたせるとともに、皮下にコラーゲンやヒアルロン酸を供給して、皮膚に張りを作ってくれると考えられています。

産後すぐの私も赤ちゃんのお世話で必死になり、自分の肌のケアは二の次、お化粧なんて1ヶ月に1回するかしないか、というくらいズボラになっていましたが、確かに肌は潤っていました。当時、季節は冬真っただ中だったのにも関わらず、乾燥などのトラブルも見受けられませんでした。

体脂肪がスルスル落ちていく

私自身、ルールに則ってはいたものの、決してダイエットとは言えないような量のお肉・卵・チーズを摂取していたにも関わらず、体重の減少と同時に体脂肪がぐんと減りました。

産後のたぷたぷしたお腹は皮下脂肪たっぷりで簡単には落ちてくれなさそうでしたが、このMEC食ダイエットを始めてから、

お腹の脂肪が一番減ったように感じます。今まで体脂肪率が26%だったのに対して、MEC食ダイエット開始から1ヶ月後の体脂肪率は21%となり、5%も自然と落ちていきました。

MEC食ダイエットを1ヶ月続けた結果

MEC食ダイエットを始めた当初、私の体重は54kgありました。そして、1ヶ月のMEC食ダイエット継続後の体重計測では、50kgまで落ちていました!

見た目だけだともう少し体重が落ちているかと思いましたが、脂肪より重たい筋肉の量が増えているせいか、思ったより体重がありました。

5569311e3b2ee7ce

by 6c68a5c3b1429244 naco

上は、Before/Afterの写真です。MEC食で筋肉が増えて代謝が良くなったせいか、日常の動作を行うだけで本当に引き締まった印象になりました。

MEC食ダイエットのデメリット

食生活を変えただけのMEC食ダイエットで体重減や体脂肪率減の効果がありましたが、一方でデメリットに感じる部分もありました。

「頭がボーっとする」「イライラしがち」の症状がある場合も

MEC食ダイエットでは「糖質が多い食材を控える」という注意点がありますが、糖質の摂取を制限することによって、脳が機能低下を起こしてしまう場合があります。

私たちの身体は糖質をエネルギーとして利用しますが、糖質を制限すると代わりに脂質から「ケトン体」という物質を作り出し、脳のエネルギーとして利用します。しかし、ケトン体の回路が働くのにはある程度の期間が必要で、身体が慣れるまでは糖質不足の症状に苦しむこともあります。

糖質不足になると、頭がボーッとしたり、イライラしがちに。私の場合、産後のホルモンバランスの乱れで夫にイライラすることが多かったのですが、振り返ってみると、MEC食ダイエットを始めてから、さらに夫に対するイライラ度が増したようにも思えます。

腸内環境が悪化して便秘になることも

高たんぱく質・高脂質の食事を続けると「便秘」や「下痢」が起きやすくなります。お肉・卵・チーズはいわゆる動物性たんぱく質なので、多く摂りすぎることで腸内環境の悪玉菌が増加し、腸内環境が悪化します。私も実際にお腹にガスが溜まりやすくなり、頻繁にオナラが出るようになりました。

腸内環境の悪化を防ぐには、適度な量の野菜を食べることが大切です。野菜に含まれる食物繊維が腸内の善玉菌のエサとなり、腸内環境の改善、排便を促してくれるからです。ただし、糖質の高い野菜は避けるようにして、食物繊維を多く含んでいる野菜を選びましょう。

やめた途端リバウンドした

どのダイエットでも誰もが一番気にすると思いますが、このMEC食ダイエットもやめるとやはりリバウンドします。制限していた糖質を含む食品を口にするので当たり前かもしれませんが、ダイエットの反動でつい暴飲暴食に走ってしまう場合もあります。

私も、MEC食ダイエットをやめてしまった途端、元の体重へとリバウンドしました。MEC食ダイエットは、一度始めたら、ずっと継続していないといけない方法なのだと実感しました。

MEC食ダイエットは食べることが好きな人におすすめ!

私自身の感想としては、たくさん食べられたことで精神的な苦痛がなかったので、もともと食べることが大好きな私には、ぴったりなダイエット法でした。産後で忙しく運動もできなかったので、食べることを糧にして家事育児に邁進することができました。心の支えになったダイエットでしたよ!

取り組み方次第かもしれませんが、私の場合、MEC食ダイエットを続けるには、食費がとてもかかるということもわかりました。毎日お肉をたくさん食べるので、一般庶民には継続が難しいダイエットかもしれません。それでも効果は期待できるので、興味がある人はぜひ一度試してみてくださいね。

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事