Medium 6e284dac55ef37eb

体重管理にオススメ!食事&体重記録ダイエットで成功した方法

仕事によるストレスで、食べることがストレスのはけ口に。これではまずいと一念発起し、その日の食事と体重を記録して体重を管理するダイエットを始めました。体重管理にはうってつけの、食事+体重記録ダイエット。ここではそのやり方や効果を紹介します。

ライター:はな  カテゴリー:生活習慣  投稿日:2018/01/06

私が体重管理を始めたきっかけ

私が今回のダイエットにチャレンジしたのは、一人暮らしで仕事三昧というストレスによる疲労から、食をストレスのはけ口としていた時期のこと。自分の体重をあまり気にしていなかったせいか、ふと1ヶ月前には履けたはずのデニムに足を通すと、なんと足が通りにくくなっていたのです!

このことにショックを受け、美容に詳しい親族に相談したところ提案されたのが、今回の食事+体重記録ダイエットでした。実際にやってみると、この方法は特に炭水化物(糖質)好きに効果が期待できる体重管理ダイエット法とわかりました。

食事+体重記録ダイエットを始める前に

このダイエット法には向き不向きがあるため、まず事前チェックを用意しました。自分がこのダイエットに向いているのか、以下の項目を確認してみてください!

食事+体重記録ダイエット適正チェック!

食事+体重記録ダイエットが効果的なタイプ

  • 普段から暴飲暴食が多い
  • 口寂しくなると、つい何かを食べてしまう
  • 昨日の食事が思い出せない
  • 炭水化物や糖質が大好き!

食事+体重記録ダイエットが不向きのタイプ

  • 普段から小食で、何を食べたか覚えている
  • 少し食べない時期が続くと、すぐ痩せる
  • ベジタリアンである

いかがでしたか?今回のダイエット法が効果的なタイプに当てはまったら、ぜひここからご紹介する方法を試してみてくださいね!

食事+体重記録ダイエットのやり方

食事+体重記録ダイエットの基本的な流れ

  1. その日の食事の記録を3日間継続して行う
  2. 3日目には体重を測り、記録する
  3. 1〜2を繰り返す

繰り返す期間は、まずは2週間を目安にしてみてください。これだけで本当にダイエットできるのか疑問に感じますが、次第に意識が変わって、自然と痩せる生活スタイルに変わっていくはずです。騙されたと思って、まずチャレンジしてみましょう!

事前に準備するもの

  • 食事や体重を記録できるもの(スマホのカレンダー・普段使いの手帳・体重管理用ノートなど)

私のおすすめは、スマホのカレンダーアプリにあるメモ機能。スマホは常備している方が多いですから、外食時でも忘れる心配がありませんし、間違えても訂正が容易です。

もちろん、普段使っている手帳や今回のダイエット用にノートを用意してもOKです。生活スタイルに合わせ、手軽に記録できるものを選んでみてください。

まず3日間食事と体重を記録してみよう

Medium 9eb192b6d8e8ce2a

by 78eb949e108c96ed はな

ダイエットを開始したら、まずその日の食事を全て記録しましょう。朝・昼・夜と区切り、どのタイミングで何を食べたのか分かるように記録してください。食事の記録を3日間続けたら、3日目に体重を測ってその数値を記録します。

これらの情報を記録すると、自分の食事内容や栄養バランスが把握できるようになります。

その後も3日ずつ記録・調整を繰り返す

その後は同様に、3日間ずつ食事と体重を記録していきます。3日目は記録だけではなく、食事内容と体重の変化などをチェックするのを忘れずに。この流れを2週間程度(3日間×5セットで15日間)行い、開始日の体重と15日目の体重の変化を確認します。

この食生活はヤバイ!と感じたらダイエット成功に近づく

記録を見返していくと、次第に「ヤバイ!この食生活では絶対に痩せない!」と感じ始めます。このように感じることが、このダイエット成功の鍵。だんだん食事に対する意識が変わり、痩せやすい食生活を考え始めるようになります。

例えば、記録した食事が炭水化物ばかりなら(1日目ラーメン、2日目チャーハンなど)、炭水化物による糖質で太りやすくなっているとわかります。この場合は、炭水化物量を減らせばダイエット成功に近づく、と考えられますよね。

食事+体重記録ダイエット成功のポイントとコツ

まずは炭水化物を減らすのがオススメ!

Medium d461ecf78c8d5dc4

by 78eb949e108c96ed はな

炭水化物(糖質)は摂りすぎると、太る原因になります。もし炭水化物や脂質を摂りすぎているようであれば、炭水化物の1日摂取量を80〜100g(お茶碗1.5〜2杯程度)に減らしてみてください。写真のように、私は調節しやすい夜のみ、炭水化物を極端に減らしていました。

ただし、炭水化物の減らしすぎには注意!

厚生労働省の「日本人食事摂取基準」によれば、最低でも1日100gの糖質(炭水化物+たんぱく質・脂質に含まれる糖質)の摂取が必要とされています。糖質は体を維持するエネルギー源ですから、不足しすぎると生命活動に支障が出る場合もあります。

くれぐれも炭水化物を減らしすぎないよう注意して、ダイエットを継続してくださいね。

野菜たっぷりの鍋で栄養バランスを整えよう

足りない栄養素を含む食品で鍋をすれば、手間をかけずに多くの栄養素を補給できます。食物繊維を多めに入れると、お通じ改善も期待できるので一石二鳥ですね。

野菜たっぷり!トマト鍋

Medium 31d0b7d5fce7ec0f

by 78eb949e108c96ed はな

材料(1人分)
白菜 1/8カット
にら 1/4束
もやし 1袋
豆腐(木綿) 1/4丁
ベーコン 好きなだけ
市販のトマトソース 大さじ2杯
具材が浸る程度
塩こしょう 少々
スライスチーズ 1枚
プチッと鍋(濃厚白湯鍋) 1個
お好きなつけダレ 適量
作り方
①白菜・にら・ベーコンを一口サイズにカットし、洗ったもやしと一緒に鍋の中に並べる
②中火にし、中央にトマトソースをのせ、全体に塩こしょうを振り、蓋をする
③中火で3〜5分煮たら、弱火にして5分〜10分煮込む
④蓋を開け、材料に火が通っていることを確認したら火を止める
⑤スライスチーズを入れ、蓋をしてチーズを溶かす
⑥ゴマだれやバジルソースを用意し、鍋の味付けを確認して調整すれば完成

今回ご紹介したレシピは、私がよく作るトマト鍋です。トマトソースをクリームソースに変えたり、味噌や甜麺醤を入れたりすると、同じ具材でも違う味が楽しめます。使用する具材は何でもOKですので、ご自分の不足しがちな栄養を補給するために活用してみてください。

2週間の食事+体重記録ダイエットの効果は?

食に対する意識が変わり、2週間で-3.2kg!

記録を見返すと、私は炭水化物を摂りすぎているとわかりました。そこで夕食の炭水化物量を徐々に減らし、最終的に夕食の炭水化物摂取量は0に。それに伴って体重も減り、最終的に2週間で-3.2kgを達成しました!

食事や体重を記録すると、自分の太る原因が明確に把握できるようになるため、効果的な対策を取れます。また足りない栄養素もすぐ分かるので、健康的な食生活に繋がったと思います。

塩分摂取量が減ってむくみと寝起きが改善

食事を記録することでストレスによる暴飲暴食が抑えられ、塩分摂取量が低下しました。同時に野菜を多めに摂取するよう心がけていたので、むくみの原因となる塩分量が適正になり、むくみが改善しました。

また夕食の炭水化物量を減らしたせいか、内臓への負担が減って寝起きが良くなりました。むくみの改善は、並行して行っていた脚のリンパマッサージの効果もあったかと思いますが、予期せぬ嬉しい効果でした。

暴飲暴食をすると記録するのがストレスになるため、暴飲暴食回数は激減しました。また食事量や栄養バランスへの意識も高まり、結果として体全体の調子が良くなってきたのではないかと考えています。

食事+体重記録ダイエットで食生活も改善!

最初に夕食の炭水化物量を減らしたときは物足りなく感じて、ダイエットを続けられるか不安でした。ですがその代わりに栄養たっぷりの鍋を食べるようにしたところ、栄養のバランスが改善し始めました。鍋は手間がかからないので、忙しい方にもオススメの食生活改善方法です。

私はダイエットを続けるうちに、だんだん食生活を意識することが苦ではなくなりました。それどころか、3日後の体重を測るのが楽しみになり、高いモチベーションを維持しながらダイエットを続けられたのです。

自分の食事内容や体重の流れ、対策などを考えるために最低でも2週間は必要になりますが、ダイエットと共に健康な食生活を手に入れたい方はぜひ試してみてください!

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事