8372359b643dd2e5

1か月で効果が出た下半身痩せダイエット!簡単な筋トレ方法2つ

下半身は「細くしたい!」と思っても、痩せるのが難しい部位ですよね。今回私は、筋トレで下半身痩せダイエットをしようとチャレンジ!誰でも今すぐ取り組める、簡単な下半身痩せ筋トレの方法2種と、私が感じた効果などを紹介します!

カテゴリー:部分痩せ  投稿日:2018/01/21

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium d5222357a1ba5b22

下半身痩せダイエットを思い立ったきっかけ

私は小学生の頃から高校生までバスケットボールをやっており、その影響で今でも足は筋肉質でがっしりとしています。ずっとほっそりとしたきれいな細い足に憧れてきましたが、20代前半の現在でも、スポーツ少女だった名残を残したままがっしりとしています。

さらに、運動をしていた頃は引き締まっていた足が、年を重ねるごとにむにむにと締まりのない足になってしまっていたことが気になっていました。

食事制限ダイエットでは痩せない下半身

食事制限を含む全身のダイエットは、これまでに幾度となく挑戦してきました。なかにはしっかりと効果がでて、体重が落ちたものもあります。しかし、お腹や顔まわりがすっきりしても足だけはなかなかすっきりしないのがコンプレックスでした。

下半身痩せには筋トレが効果的?

下半身痩せの方法には、ランニングやウォーキングといった運動をしたりマッサージをしたり、エステに通うなどの方法が挙げられます。その中から私が選んだのは、筋トレをメインにした方法。何よりもまず、引き締まった足を目指したいと思ったからです。

下半身のセルライトを筋トレで解消

下半身太りの1番の原因はセルライトであると言われています。このセルライト解消するには、筋肉量を増やして代謝を上げる必要があります。

栄養をコントロールする食事面でのダイエットやマッサージでも足痩せを目指すことはできますが、細い足をキープするには代謝も重要です。ただ細くなるだけではなく、きゅっと引き締まった下半身を目指すためには、筋トレをして足に筋肉をつけることが一番ではないかと考えました。

体の中でも比較的筋肉量が多い下半身を鍛えることで、代謝促進効果が高まることも期待しました。

私が実践した下半身痩せ筋トレ2種

私は下半身のトレーニングとして、1ヶ月間毎日、以下にご紹介する2つの筋トレを続けました。この2つの筋トレだけは毎日欠かさずに行うことを、最低限のルールとしていました。

時間があるときには、その他にもスクワットや階段の上り降りといった筋トレを、気分に合わせて追加していました。

下半身痩せ筋トレ① 空中自転車こぎ

Ee27df8c14509375

by 9a29500586c108fc ポム

方法
①腰を両手で持ち上げるように足をまっすぐ上にあげる
②①の体勢のまま、自転車を漕ぐように足を動かす

1つ目の筋トレは、空中自転車こぎです。足を高く上げて、空中で自転車をこぐかのように足を回すトレーニングです。これを1日片足25回、計50回を最低限の目標として取り組んでいました。

高く上げた足をキープし、足をぐるぐると動かすことで、主に太もも周りの筋肉をつけることができたと感じています。この筋トレは、ベッドやソファーなどのやわらかい場所ではなく、ある程度固い床で行いましょう。

下半身痩せ筋トレ② 足の上下運動

72af481044c4030f

by 9a29500586c108fc ポム

方法
①足を真っ直ぐに伸ばし、床に横向きに寝る
②横になった上の足を、上に開く
③上に開いた足を閉じるように下げる
④②~③を1回とカウントし、左右50回ずつ行う

2つ目の筋トレは、足を上下に開いたり閉じたりすることで、太もも、特に内ももを鍛えることができるものです。この上下運動は、開いて閉じてを1回として、左右それぞれ50回を最低限の目標として取り組んでいました。

テレビを観ながら行うこともできますし、寝る前などの空いた時間でもできるので、ながら運動としてもおすすめです。

筋トレを行ったタイミング

私がこれらの筋トレをやっていたのは、夕食を食べたあとのリラックスタイムです。普段、テレビを見ている時間や何気なくスマホを触っている時間などに、筋トレを意識してやるようにしていました。

2種類の筋トレにはそれぞれ目標回数を設定していましたが、その日の目標を達成していたとしても、時間がある時は追加で筋トレをするようにしていました。そのため、朝少し開いた時間や、家に帰ってきてすぐの時間、お風呂の前の時間などにもやることが多かったです。

筋トレと一緒に意識して行っていたこと

筋トレは、毎日必ずやることとして決めていましたが、この筋トレ以外にもダイエットとして実践していたことがあります。それは食事を摂る際に、たんぱく質を多めに摂ることです。タンパク質は筋肉のもととなる栄養素なので、不足しないように心がけていました。

それに加えて、夜遅くの食事は控える、間食はできるだけしない、といった、痩せるための食事の基本についても気をつけていました。

下半身痩せ筋トレを1か月続けた結果

見た目が変わった

20e25ab34ee3def1

by 9a29500586c108fc ポム

1か月間筋トレを続けたところ、膝回りの脂肪と内ももの脂肪が落ち、少し引き締まったように感じました。そして少しながら、見た目にも変化がわかるようになりました。

Before 、Afterで比較できる写真がないですが、写真で示した部分、特に内もものあたりに効果があったと思っています!

体重は-1kgと大きな変化はなし

体重に関しては、1kgほど落ちた程度で、大きな変化はありませんでした。恐らく、筋トレで筋肉をつけることを意識していたので、脂肪よりも重い筋肉がつき、減量効果が相殺されたことが原因だと思います。

落ちた1kg分は、筋トレの効果というよりも、食事面の変化による効果が大きいかもしれないとも感じました。

筋トレが習慣になった

見た目や体重の変化以外に、この下半身ダイエット法の効果として良かったのは、筋トレが習慣になったことです。ダイエットとして筋トレを毎日続けていましたが、1か月続けることで生活の一部と言えるくらいに習慣化されました。

今回のダイエットをきっかけに、今後も筋トレを続けていけば、さらに下半身痩せを目指せるのではないかな、と思っています。

下半身痩せ筋トレのメリットとデメリット

1か月で感じた効果以外に、下半身痩せ筋トレのメリットとデメリットがあったので、それぞれ紹介します。

メリット

  • 場所を選ばずできる
  • 空き時間を利用できる
  • 道具やお金を必要としない
  • 思い立ったらすぐはじめられる

下半身痩せ筋トレのメリットは、何よりも今すぐに始められるという手軽さだと思います。コストもかからず、空き時間を利用して行うだけなので、誰にでも行える点が良いのではないでしょうか。

デメリット

  • 効果が出るまで時間がかかる
  • 足に筋肉をつけたくない人には不向き
  • 習慣化するまでが大変

このダイエットは即効性はないため、最低でも1か月程度は続ける必要があると感じました。数日で効果を感じたい!という人には不向きなダイエット法だと思います。また、ただ足を細くしたいだけで筋肉はつけたくない、という人には向いていないので注意しましょう。

筋トレで痩せるには継続が大事!

今回、筋トレで下半身痩せダイエットに取り組みましたが、効果を感じるためには継続が大切だということがわかりました。下半身はなかなか脂肪が落ちづらい場所であり、急な効果を期待しても思うようにはいきません。

しかし、じっくりと取り組むつもりで毎日続ければ、難しかった下半身痩せも十分に達成可能です。毎日の筋トレは健康的なダイエット方法なので、時間をかけて肉体改造したい人は、ぜひ挑戦してみてください。私が取り組んだ方法は、日常の中で簡単にできるものばかりなのでおすすめですよ!

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事