Cc240dcea62b0d32

私が実践した妊娠中の便秘解消法!最も効果的だった方法は?

妊娠中は楽しいことだけではなく、不安や心配事もたくさんあります。その悩みの1つが便秘。ここでは、なかなか便秘薬も使えない妊娠中にオススメの、私が実践した便秘解消法をご紹介します。効果的な便秘解消法が見つからない方は、ぜひ参考にしてください。

カテゴリー:産後・その他  投稿日:2017/12/26

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium f4bd5a588ea35df5

妊娠中の便秘に悩み、様々な便秘解消法を試すことに

私は妊娠前は、2日に1回のペースで排便がありました。しかし妊娠後に受けた軽い食事指導にプレッシャーを感じて食事量が減り、便秘に。約5日も出ないことが、日常になってしまったのです。

妊娠前は便秘になったら、コーラックなどの便秘薬や腸のマッサージなどで便秘解消していました。しかし妊娠後はお腹の張りも多く、赤ちゃんへのリスクも考えると、便秘薬などは使いたくありません。

それも含め産婦人科の担当医師に相談したところ、まずは食生活や生活習慣を改善をするように言われました。それがきっかけで、試行錯誤しながら様々な便秘解消法を実践するようになったのです。

私が実践した便秘解消法

①水溶性食物繊維を摂るよう心がける

F66d2a8336522a0b

by 0d7d78f856583218

便秘解消に効果的な食物繊維には2種類あり、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2つに分類できます。不溶性食物繊維は、ゴボウやサツマイモなどに多く含まれているもの。消化されずに腸まで到達して便の量を増やして腸を刺激し、便秘解消してくれます。

一方水溶性食物繊維は、糖質の吸収を穏やかにして急激な血糖値の上昇を抑えると共に、水分を吸収して便を柔らかくする効果が期待できます。

妊娠中にオススメなのは、水溶性食物繊維です。便が柔らかくなるため、お腹の張りで力が入らなくても排便しやすくなります。

水溶性食物繊維を多く含む食材例

  • 海藻類(わかめ、昆布、もずくなど)
  • 粘り気のあるきのこや野菜(なめこ、オクラなど)
  • 大麦、ライ麦
  • 納豆、インゲン豆

ただ、妊娠中のつわりなどで食事量が減っている場合は、不溶性食物繊維を含む食材も食べて便の量を増やすこともオススメです。私は、納豆や豆腐を食べるようにしたり、なめこやわかめなどをお味噌汁に入れたりしていました。

ただ、塩分の摂りすぎは妊娠中毒症に繋がってしまうので注意してくださいね。

②水分を多めに摂取する

422c6882931b5f02

by 0d7d78f856583218

妊娠中は、1日2L程度水分を摂るよう心がけました。出かけるときにはマイ水筒を持ち歩き、家でも起床時にはまず白湯を飲み、冷蔵庫には必ずお茶を用意し、自分の側にはいつも常温の水を置いていました。

水分不足になると便も硬くなりますし、妊娠中は特に水分を体内に溜め込みやすくなります。喉が渇きやすく脱水症状も起きやすいので、できるだけ水分を摂るよう意識していました。

③妊娠中のツボ押しは要注意!

8265521efcc6ac64

by 0d7d78f856583218

人間の体にあるツボの中には、便秘解消に効果のあるものもあります。私もインターネットで、「合谷(ごうこく)」という親指と人差し指の付け根の間にあるツボを知りました。妊娠中は便秘解消のためにこのツボを頻繁に押していたのですが、実はこのツボには子宮の収縮を促す効果があります。

私も知らずに押していたくらいですから、少し押したくらいですぐに影響することはないようです。とはいえ、安定期に入る前に強い力で押すと流産の危険もあります。合谷は「堕胎のツボ」と呼ばれることもあるくらいですから、基本的に妊娠中は押さないように注意してくださいね。

妊娠中の便秘解消法を1ヶ月試した結果

上記の方法を試した結果、最初の1週目はなかなか水分を2Lも摂れず、あまり便秘解消効果はありませんでした。しかし2週目に入り、少しずつ便が出る日が多くなり、だんだんと便も柔らかくなっていきました。

1ヶ月後には1日~2日に1回出るようになり、すっかり便秘知らずな体になりました!

もっとも効果的だったのは水分摂取!

ご紹介した便秘解消法の中でもっとも効果的だったのは、水分をたくさん摂ること。冷たいペットボトルの水から白湯に切り替えたことで、末端冷え性の症状も改善し、デトックス効果によりお肌も綺麗になりました。

私は妊娠中に脱水症状と貧血によって30分近く座り込んでしまったことがあるため、水分不足の怖さを身をもって体感しています。便秘解消だけではなく脱水症状予防も兼ねて、妊娠中はいつもよりも多めの水分補給を心がけてみてくださいね。

食生活改善は医師にも褒められた!

食物繊維を多めに摂れるように改善した食生活は、担当医にも褒められました。また便秘が改善したためお腹の張りも少しずつ良くなり、張り止めの薬が不要に!

また、体重の増えすぎによる食事指導を受けずに済むようにもなりました。便がしっかり出るようになったため、適正な体重を維持できるようなったのです。加えて、塩分の摂りすぎによるむくみも解消しました。

これは妊娠中に限らず、通常の日常生活にも取り入れていこうと思います。

妊娠中の便秘は解消できる!

妊娠中の便秘は、少しの工夫で解消しやすい問題だと思います。たださえ妊娠中は、体の変化による不安やストレスが多いですから、悩みはできるだけ減らしたいですよね。ストレスは母体にも胎児にも良くありません。

日常生活の中でできることを少しずつ取り入れ、ぜひ快適なマタニティライフをお過ごしください。

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事