Medium 367fcf2653edd4c2

思うようにダイエットできなかった私が見直した食事のポイント4つ

なかなか思うようなダイエット結果を出せない私は、「体は食べたものでできている」と気付き、少しずつ食事を見直すことに。私が上手にダイエットをするために、見直した食事のポイントを4つレポートします!

ライター:hiromi  カテゴリー:食事  投稿日:2017/11/29

「体は食べたものでできている」と気付き、食事を見直すことに

Medium d917e7f628dc215b

by 7ada288ccbdf5d33 hiromi

産後、育児や家事があるからストレスは溜めたくない!でも痩せたい!だから食事内容は全く変えず、その分動いて痩せよう!とダイエットを始めました。その結果、1年を通して-5kg減ったものの、思っていたよりも体は変わらず…

でもそれは当然のこと。当時の食事内容といったら…「食べて痩せる」の意味を履き違えていました。今考えただけでも、そんなので変われるはずがない!という食事内容でした…

そこで私はやっと、「体は食べたものでできている」ということに気が付き、食事を見直していくことに☆ただ、一気に内容を変えていっても続かない気がしたので、まずはできることから少しずつ変えていくことにしました。

私がダイエットのために見直した食事のポイント4つ

①お米は朝かお昼のどちらかに!

私は朝・昼・夜の3食でしっかりとお米を食べ、しかもお茶碗にこんもりとよそっていました。はい、これは糖質の取りすぎです…

お茶碗1杯分の糖質がどれくらいかご存知ですか?大体、お茶碗1杯(150g)に対して糖質は47.6g!お茶碗の3分の1もあるんです!

Medium 29243edcfadb5826

by 7ada288ccbdf5d33 hiromi

でも糖質は大事な栄養素!体を動かすには必要です。それなら、1日かけて糖質を消費していったら良いじゃない!と思い、朝かお昼のどちらかに食べることにしました。食べる時は子供用のお茶碗1杯のみです。

その結果、気が付くと浮腫みが少なくなっていました。ストイックな糖質制限をするのではなく、お米の食べ方を変えるというノンストレスな糖質制限で、痩せ習慣を身に付けていきました。

②小麦粉製品は極力控える!

Medium dc285e1d558f1ea3

by 7ada288ccbdf5d33 hiromi

パンが大好きな私。毎週1回はパン屋さんに行っていました。でも、パンや麺類、ピザ、お菓子と色々な食品に使われている小麦粉は、実は腸の壁にペタリとくっつき、腸の動きを鈍くしてしまうのです。

腸の動きが鈍くなると腸が冷え、免疫力が下がり、便秘の原因にもなります。もちろん、便秘になるということは浮腫みにも繋がります。

そこで、せっかくノンストレスの糖質制限をして浮腫みが軽くなっても、ここで逆戻りしては意味がないと思い、スッパリと辞めることにしました!もちろん、辛かったです。でも、意外と慣れて、「パンが食べたい!」という欲求はなくなりました☆

ただ、全く摂らないわけではなく、お友達や家族が食べたいと言った時には、私も一緒にパンや麺類を食べます。そこで断っては人との付き合いが悪くなるし、ちょっとした自分へのご褒美として月に何度か食べることはあります。その時は全力で楽しんで食べています☆

③食事内容はバランス良く!

食事はバランス良く☆なんて言われても、わかっているよ!と思いますよね。私は料理を作るのが好きだけど面倒くさがりでズボラなので、正直毎日何品も作るのは無理。だからといって作り置きするために何時間も時間を取るのは難しい…

そこで、食事を作る時に少しだけ気を付ければいいんだと気付きました。体を作るには、タンパク質やビタミン・ミネラルが摂れる食事にすれば良いということがわかり、その2点に気を付けて作るようにしました。

タンパク質は、1日に手の平2枚分の肉や魚を摂るように

タンパク質は肉や魚を、1日の食事で手の平二枚分摂るよう心掛けました。ただ、朝はゆっくり時間を取れないことが多いので、卵料理とサラダやプロテイン、サプリで補うこともあります。

ビタミン・ミネラルは、野菜や海藻を摂るように

ビタミン・ミネラルに関して、私は大雑把に、「ビタミンは野菜、ミネラルは海藻」と考えました。

お昼は海藻サラダにご飯、お肉を焼いたものなどを食べます。夜はまたサラダでは飽きてしまうので野菜スープと、メインに子供達も食べるメニューをつくり、そこに海藻の酢の物をプラスしていました。

きっちりとできる方は良いですが、私はそういうタイプではないので、簡単に自分でも楽しめるメニューにするよう心掛けています☆

④おやつは小袋で☆

みなさんは、ダイエット中におやつを食べますか?私は食べます!でも、バランスの良い食事を心掛けていると、不思議なことにお菓子が食べたいという欲求はなくなってきます。

もし食べたくなったとしても、「どうして食べたいのか」を考えると、そんな理由なら食べなくてもいいか!となったりします。

だけど、それでも、どうしても食べたくなる時があるんです。そんな時は罪悪感をもたずに、おやつを食べることを最大限に楽しんで食べています☆ただ、食べる量はしっかりと決めて!基本お菓子は買いませんが、子供が欲しがったりするので、私が買う時は小袋のお菓子を買っています。

Medium dcc4448d0fc4d7b4

by 7ada288ccbdf5d33 hiromi

小袋のお菓子の場合、「1袋だけ」「1個1個包装してあるものなら5個!」などと食べる量を決めて食べます。それ以上は食べません!

食べる時間も、夜ではなく昼間の15時まで、と自分でルールを決めて食べるようにしています。そうすることによって、罪悪感もストレスもなくおやつと向き合うことができました☆

食べることは悪いことではない☆

Medium f2f2aacaa0af4cee

by 7ada288ccbdf5d33 hiromi

最後に、ここが一番重要です!食べることは悪いことではないということ。「これを食べたら太る」「こんなに脂質があったら太る」と考えるだけで体は反応してしまいます。今回のポイントの中でも言いましたが、罪悪感や後悔などせず、食べる時は全力で楽しむことが一番大事だと思います。

その日食べすぎたり、食生活が乱れたりしたとしても、それを毎日続けなければいいだけ☆次の日からまた少し考え方を変えて、食事をしていけばいいだけの話です。

会社や友人、家族など、色々な付き合いがある中で、楽しく食事をして普段の生活で少しだけ気を付けていれば、体は変われると私は思っています☆

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事