E64c26a01d4e1772

足閉じダイエット1週間の効果は?太もも痩せを成功させる方法も

昔から太ももが太くて悩んでおり、1週間で太もも痩せに効くという「足閉じダイエット」に挑戦しました。しかし、効果は無く失敗!ここでは、実践した足閉じダイエットの方法や失敗の原因、太もも痩せを成功させるために必要なことををまとめました。

カテゴリー:部分痩せ  投稿日:2018/03/11

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium a86d5d2bde2411f5

太もも痩せダイエットを始めたきっかけ

私はもともと筋肉質な体で、中学生の頃にバドミントン部に所属していたことが引き金になったのか、太ももが太くなる一方。色々なダイエットを試し、体重を減らしてお腹を凹ませても、太ももにはあまり効果が得られませんでした。

ある日、たまたま目に付いたウェブサイトで、1週間で太もも痩せができると紹介されている記事を発見。方法も簡単で時間やお金もかからないので、試しにチャレンジしてみようと思いました。

太もも痩せダイエットの方法

今回挑戦した太もも痩せダイエットは、座ったときに意識的に足を閉じるようにする、というものです。そうすることで、太ももの筋肉を鍛えて引き締める効果が得られるとのことです。

まず2週間実施したダイエットの方法と、このダイエットをどのように取り組んだのかを説明していきます。

私が実践した足閉じダイエットの方法

椅子に座っているときに股を閉じることを意識し、太ももを内側に合わせるようできるだけ力を入れます。雑誌やペットボトルなどを膝の間に挟むと、より効果が上がるそうです。

ただ私の場合は、子供を膝に乗せて離乳食を食べさせていたため膝に物を挟むことが難しく、とりあえず足を閉じることだけを意識して生活してみました。

足閉じダイエットのメリット

私は家事・育児と仕事に追われて生活しているので、ダイエットにかけるお金も時間もありません。足閉じダイエットは何かをしながらお手軽に実践できるので、組みやすいダイエットだと思いました。

足閉じダイエットを2週間続けた結果

ダイエット期間の半分は効果を実感

最初の1週間は足を閉じる習慣作り

始めてみると、思っていたよりも足を閉じることを習慣化させることが難しく感じました。ついつい足を組んでしまったり、椅子の上で正座をしたり膝を抱えたりしてしまうのです。

それでも始めて3日後には、食事の時間に足を下ろしていることがわかったので、1日3回は足閉じダイエットを意識して1週間続けました。

物を挟まずに行う足閉じダイエットは、太ももにそれほど負荷がかかっている感じはありませんでしたが、始めて1週間後には食事の際に必ず足を閉じる習慣ができました。ここからがスタートと考えて、さらに1週間ダイエットを行いました。

2週間目は太ももにボールを挟んで実践

はじめの1週間は膝の間に何も挟んでいなかったのですが、次の1週間は小さなボールを膝の間に挟んだ方法で実施しました。すると、1回目、2回目と回を重ねるごとに太ももの内側が筋肉痛のような違和感を感じたので、初日からダイエットの効果を実感できました。

2週間行っても太ももに変化なし!

Cb0bd03aa10167ed

by 0dc92536b33162ac クローバー

始めの1週間は時間も方法も曖昧だったのですが、太ももは46.2cmから46.0cmと、わずかに細くなっていました。しかし、誤差の範囲内であることも否定できない程度の変化でした。

536a3d45f831d4fc

by 0dc92536b33162ac クローバー

太ももの周囲の数字だけではなく、足全体を比較しても見た目に変化は見られませんでした。次の1週間は、この誤差をハッキリとさせたいという思いもあり、しっかりと実践することにしました。

943c328ca01218eb

by 0dc92536b33162ac クローバー

筋肉への負荷を実感しながら、なんとか2週間目をやりきったところで、どこまで細くなっているだろうかと期待しながら太ももを計測。しかし結果は、残念ながら±0cmで全く変化無しでした。

000f003440d8d26b

by 0dc92536b33162ac クローバー

1週間後と2週間後で、足全体の写真を比較してみましたが、やはり見た目にも変化はありませんでした。

足閉じダイエットはなぜ失敗したのか

太ももは痩せにくい部分として多くの女性を悩ませていますが、それは原因に合ったダイエットをしていないせいだといわれています。太もものタイプに合わせて効果的なダイエット方法があるのです。

太もものタイプを見分ける方法

太ももが太くなる原因は、主に「脂肪」「筋肉」「むくみ」「姿勢の悪さ」の4つの大きな原因があります。自分がどのタイプに当てはまるのか、まずチェックしてみてください。

  • 「脂肪」タイプ:太ももの裏側に、デコボコとした脂肪(セルライト)が見えます。
  • 「筋肉」タイプ:太ももに力を入れると、太ももをつまめなくなります。
  • 「むくみ」タイプ:指に力を入れて足を5秒ほど足を押すと、その部分がへこんでしまいます。
  • 「体のゆがみ」タイプ:猫背や反り腰のといった姿勢の悪さによって、骨盤が歪んでいます。

私は筋肉タイプ!

私は太ももに力を入れるとつまめなくなるので、筋肉タイプだと考えました。筋肉と脂肪の両方が原因でも太ももに力を入れるとつまめなくなりますが、どちらにせよ、筋肉をつけないように太ももに負荷のかかる運動をしないことが大切です。

私が行っていた足閉じダイエットは、太ももの筋肉に負荷をかける方法。つまり私には足閉じダイエットは、適していなかったのです。実際に結果も得られなかったため、私が太もも痩せするには違う方法を検討しなければなりませんでした。

では、私のように筋肉タイプの人は、どのようなダイエット方法を行うと良いのでしょうか。また、足閉じダイエットがどのタイプに人に合っているのか、調査してみました。

太ももタイプ別のダイエット方法

太もものタイプ別に適したダイエットの方法を実践すると、効果を実感するのでモチベーションも維持でき、ダイエットを続けることができます。

脂肪タイプはまずほぐす

脂肪タイプは脂肪細胞の固まりをほぐすことで、血流やリンパの流れが良くなり、脂肪が燃焼しやすくなります。体を温めて行うマッサージや、ウォーキングで効果が期待できます。その後、足閉じダイエットなどの筋トレを行うと効果的です。

筋肉タイプは有酸素運動

このタイプは筋肉が太もも太りの原因なので、筋トレを行うとさらに筋肉がついて太くなります。そのため、太ももに負荷をかける運動を避けることが大切。その代わりに、負荷をかけずに行えるウォーキングや水泳などの有酸素運動を行いましょう。

むくみタイプは血行改善から

滞っている血行やリンパの流れを改善させるマッサージやウォーキング、水泳などがおすすめです。また、股関節を柔軟にするヨガも、血行とリンパの流れを改善するので効果が期待できます。

体のゆがみタイプは姿勢を改善しよう

姿勢を改善する運動を行うことで、太もも痩せが期待できます。骨盤のゆがみを解消するヨガや、正しいフォームを意識して行うウォーキングが効果的です。

自分に合ったダイエット方法を実践してみよう

今回実践した太ももダイエットで効果がなかったのは、私の太もものタイプに適していなかったためとわかりました。次に行う太もも痩せダイエットは、筋肉タイプに効果が期待できるウォーキングか水泳をしてみたいと思います。

皆さんも太もも痩せに挑戦する前に、まず自分の太もものタイプを把握するようにしてください。自分のタイプに合った適切なダイエット法を行なえば、太もも痩せダイエットを効率的に行えるようになると思いますよ。

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事