99ad83dcdbb7cfc7

妊娠中に1週間もお通じがなかった私が実践した便秘解消法3つ

妊娠中は、めまいやむくみなどのマイナートラブルが続きます。特に私が悩まされたのが、妊娠中期から産後まで続く便秘でした。ここでは、私が実践した妊娠中の便秘の乗り越え方や、その効果をご紹介します。便秘に悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。

カテゴリー:産後・その他  投稿日:2018/03/08

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium f4bd5a588ea35df5

妊娠中に酷い便秘に悩まされ…

1週間お通じがないことも!

私は、子供の頃から便秘とは無縁。当たり前のように毎朝必ず出すのが習慣だったのに、妊娠7ヶ月頃から突然便秘が始まりました。3日出ないのは当たり前、1週間経っても出ないなんてこともありました。

1週間ぶりのお通じは、強烈な腹痛(もちろん陣痛じゃありません)との戦いです。トイレに座っても出ない、お腹が張っているのに出ないと、うんうん唸っていた記憶があります。

妊娠すると便秘になりやすくなる理由

妊娠中は、以下の理由から便秘になりやすいと言われています。

  • 妊娠ホルモン分泌による腸の運動機能低下
  • 大きくなった子宮に大腸が圧迫される
  • 水分不足

私の便秘の原因は、主に水分不足でした。妊娠中は、血液のスムーズな循環と羊水のために、普段よりも水分が多く必要になります。

妊娠中は血液量が最大で通常時の1.5倍になりますので、そのぶん多くの水分が必要です。血液は水分が少ないとドロドロになってしまい、赤ちゃんに栄養が届きにくくなってしまいます。

産後も便秘が続き、切れ痔にも

私の便秘は妊娠7ヶ月から、産後3ヶ月頃まで続きました。対策すれば一時的に解消されるものの、気を抜くとすぐに便秘になる繰り返しでした。その結果、なんと切れ痔にもなりました。もし現在、妊娠中の便秘に悩んでいるようでしたら、ぜひ早めに対策してください。

妊娠中の便秘解消法① 水分を多めに摂取する

妊娠中の便秘解消には、水分摂取が不可欠。定期検診時に便秘を相談したところ、毎日最低2Lは飲むように指導されました。特に夏場は汗で水分が失われますから、できるだけこまめに水を飲むことを徹底してください。

しかし、私には水を飲む習慣がなかったので、これは厳しいノルマでした。それでもお腹の子と自分のために飲みやすいよう工夫して、毎日2Lを飲み続けました。水分摂取の効果は抜群で、水を飲み始めた翌日には腸が動き始め、翌朝には見事にするんと出たのです!

毎日続けていると、朝一定の量を飲み切ったあたりで腸が動くのを実感し、午前中にはスッキリ出せるようになりました。

500mlのペットボトルを有効利用

私は水が苦手だったので、炭酸水も併せて飲んでいました。朝に炭酸水とペットボトルの水を各500mLずつ用意し、家事をしながら飲みます。午前中でそれらをほぼ飲み終えますので、飲み終わった2本のペットボトルに水を足し、次は夕飯が終わるまでに飲み切るようにしていました。

500mlのペットボトルを利用するメリット

  • 何度も水を入れ替えなくて済む
  • 500mL単位なので、飲んだ量を把握しやすい

飽きたら水の味を変えて気分転換!

水の味に飽きたら、オレンジやレモンをスライスしたものを水と一緒に入れて、冷蔵庫に常備していました。デトックスウォーターとして、すでに取り入れている方もいるかもしれませんね。

それも面倒な時は、レモン汁をダイレクトイン!レモン汁を数滴入れるだけで、香りが良くなり飲みやすくなります。

妊娠中の便秘解消法② 食物繊維を摂取する

食物繊維を摂取するときの注意点

食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類があります。

  • 水溶性食物繊維…海藻類、こんにゃく、アボガド、いちご、など
  • 不溶性食物繊維…大豆などの豆類、いも類、トウモロコシ、きのこ、バナナ など

便秘解消には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランス良く食べる必要があります。水溶性食物繊維は、主に腸内細菌のエサとなり腸内環境を整えてくれます。それに対し不溶性食物繊維は、腸内の水分を吸収して便のかさを増やす作用があります。

不溶性食物繊維ばかり摂取すると、腸の中に硬い便が溜まって余計便秘が悪化する可能性がありますので注意してください。理想的な摂取バランスは、水溶性:不溶性 = 1:2です。

便秘解消に!食物繊維たっぷり豚汁

91ada91948e2ce87

by 3c1c6d29dc08cc7e かりん

0833aec73a49dfd3

by 3c1c6d29dc08cc7e かりん

材料(4人分)
豚バラ肉(豚こまでも可) 100g
ごぼう 1本
人参 1/2本
しめじ 1/2パック
さつまいも 1/2
板こんにゃく 1/2パック
1L
だしの素 1袋
味噌 大さじ3
作り方
①ごぼうはささがき、さつまいもは2cmの厚さに切りにし、それぞれ10分程度水にさらす。
②豚バラ肉・人参・こんにゃくを食べやすい大きさに切り、しめじをばらす。
③鍋にごま油を熱し、香りが出てきたら豚バラ肉を色が変わるまで炒める。
④③に野菜を入れ、油を絡めるように2分程度炒める。
⑤④に水、だしの素を入れて煮る。最初は強火で、沸騰してきたら弱火にして15分~20分。
⑥さつまいもが竹串の通る硬さになったら、味噌を溶いてできあがり。仕上げに青ネギを散らす。

私が便秘に悩んでいたとき、実際に効果があったレシピです。

野菜は、冷蔵庫に余っている他の野菜で代用することもできます。たっぷりの野菜で食物繊維も摂れて、お腹もいっぱいになり、次の日は便秘も解消される一石三鳥のレシピ!カロリーも気にせず食べられますよ。玄米ご飯と併せて食べると、より効果がありました。

妊娠中の便秘解消法③ 医師に便秘薬を処方してもらう

05c3f50b713c23cb

by 3c1c6d29dc08cc7e かりん

何をしても改善しないときは、薬に頼るのも方法の1つです。便秘薬はドラッグストアでも購入できますが、妊娠中は必ずかかりつけ医に相談して処方してもらいましょう。定期健診時に便秘のことを伝えれば、何らかの対策を取ってくれるはずです。私は、「マグミット錠」の処方を受けました。

マグミット錠は、妊婦でも飲める薬なので効果は比較的弱め。私の場合、服用した翌日には出ました。1日3回食後に1錠飲むよう処方されましたが、欠かさず飲むと便の回数が1日2回〜3回に増え、お腹が少し緩くなりました。そのため、効果を確認しながら服用量を調節するのがオススメです。

妊娠中の便秘解消は早めが吉!

便秘を放置すると、腸内の水分がどんどん奪われて便が硬くなり、余計に出にくくなります。妊娠中の便秘委は、痔になってしまったりお腹が張ってしまったりと、良いことは1つもありません。

便秘によるストレスも妊婦には天敵です。ぜひ早めに便秘対策をして、快適なマタニティライフを過ごしてくださいね!

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事