6530848db6a6e4bd

足湯&脚マッサージでむくみ解消&冷え性改善!効果的な方法

冷え性改善のために始めた足湯。足湯をやると足がスッキリするので、脚マッサージを加えたむくみ解消法に挑戦してみました。冷え性だけでなく、むくみや便秘の改善効果まであってびっくり!私が行った足湯&脚マッサージによるむくみ解消法を紹介します。

カテゴリー:部分痩せ  投稿日:2018/02/07

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium 3ca3810ba36e8c6d

足湯&脚マッサージを始めた理由

私の足はいつもとても冷たく、冬は厚手の靴下を履いていても足先がキンキンに冷えてしまいます。それに加えて、疲れるとむくみもひどくなってしまい、足はいつもパンパンです。

足の冷えとむくみの関係

私の場合、足が冷えるとむくむという「冷えとむくみの連鎖」タイプ。むくみを取ろうと足をマッサージしただけでは全然むくみも取れず、疲れのたまる夕方になると靴が履けなくなるほどむくみます。

色々と調べてみると、冷えやむくみは「冷える」→「血流やリンパの流れが悪くなる」→「むくむ」→「むくむから血流やリンパの流れが悪くなって冷える」という悪循環が原因だそう。これを解消するには、体を温める必要があるということに気がつきました。

冷えを効果的に解消する足湯!

冷え性もむくみも体に良くないということを友達に指摘されたこともあり、一念発起!ちょっと面倒でしたが、体を温めるには一番と聞いた「足湯」を自分流にアレンジして、体質改善を目指すことにしました。

足湯の後、さらに効果を高めるために温まった足へのマッサージも実践したので、今回はその方法や効果を紹介します。

むくみ解消!足湯&足マッサージの方法

①足湯からスタート

A507b80a22e506dd

by 3b5af5d237145758 Ruha

用意するもの
バスタオル バケツの下に敷くもの
タオル 足を拭くためのもの
バケツ  
お湯 40度から43度くらい
熱いお湯の入ったヤカン つぎ足し用
方法
①バスタオルの上に40~43度くらいのお湯の入ったバケツを置く。
②足をバケツの中に入れ、15~30分ほどゆっくりする。
③途中でお湯がぬるくなったら、ヤカンの熱いお湯を入れて冷めないようにする。

足湯を実践するときのポイント① 適正な温度のお湯を用意する

93483a21085f7625

by 3b5af5d237145758 Ruha

足湯で大切なのが、適正な温度で行うこと。どれくらいの温かさかがわからない場合は、温度計があると便利です。40~43度の温かさがどれくらいか把握しておくと、やりやすくなりますよ。

足湯を実践するときのポイント② ぬるくなったらお湯をつぎ足す

Ef6444a9b51a2fb8

by 3b5af5d237145758 Ruha

ぬるくなったお湯に足をつけていても、体は全然温まりません。逆に、お湯が冷えるのと同時に足も冷えていってしまい、かえって体が寒さを感じてしまいます。熱いお湯を傍に用意しておき、ぬるくなったと感じたらすぐにつぎ足して、バケツ内のお湯の温度を下げないようにしましょう。

つぎ足す場合は熱いお湯で火傷をしないよう、一旦足をバケツから出してからお湯を入れるなど、十分に注意して行いましょう。

②足湯の後は脚マッサージ

足湯が終わったら、次は足のマッサージを続けて行います。体全体が温まって足も柔らかくなっているのでマッサージが効きやすくなり、自分でも気持ち良さを感じることができます。

私が使ったのは、ローリングストレッチャーというマッサージ専用の棒。手で揉みほぐすリンパマッサージの方法と同じように用います。下の写真は、私が使用したローリングストレッチャーです。

6a7965f22aed6d6f

by 3b5af5d237145758 Ruha

ローリングストレッチャーを使ったマッサージ

9b37798901d599e4

by 3b5af5d237145758 Ruha

方法
①ローリングストレッチャーをふくらはぎの下から膝へ向けてコロコロする
②アキレス腱の部分を下から上にコロコロする
③すねや、すねの脇を、下から上にコロコロする
④ふくらはぎを下から上にかけてコロコロする(前と後ろの部分にそれぞれ行う)
⑤腰からお尻にかけて下から上にコロコロする

下に載せたYouTubeの動画はランナーの脚ケアのためのものですが、マッサージの仕方やどこに効くマッサージなのかがわかりやすかったので、私はこの動画を参考にしながらマッサージをしました。

ポイントはどの部分をマッサージするときも、下から上で、心臓から遠い部分から心臓に向かって行うことです!

手でもみほぐすリンパマッサージ方法

方法
①肩を回した後、首や胸周り、脇の下のリンパを押して上半身を揉みほぐす
②太もものリンパを揉みほぐす
③ふくらはぎのリンパを揉みほぐす
④足首のリンパを揉みほぐす
⑤脚の指と足裏のリンパを揉みほぐす

リンパマッサージは、老廃物をリンパへ流している感じで行いましょう。少し痛いかな?と思うまで私は押しましたが、軽く流すように行うだけでも効果があるそうです。

足湯&脚マッサージを1ヶ月続けた結果

冷え性を直すのが目的で始めた足湯&脚マッッサージですが、1ヶ月続けたところ、最初の目的以外にも驚くような変化が体に表れました。私が感じた効果を3つ紹介します。

①脚のむくみが解消!

脚マッサージで血流が良くなったおかげか、脚がむくみにくく、スッキリと軽くなりました!今までいつも脚がだるい感じがしていたのですが、足湯と脚マッサージをするようになってから、それらが解消しました。

②冷え性が改善されて新陳代謝もアップ!

1番の悩みだった、冷え性が解消されました。外出時、いつも足の指がカチカチに凍りついていたのですがそれがなくなり、普通通りに歩けるようになりました。

以前はスポーツをしてもほとんど汗をかかない体質でしたが、足湯を始めてからは、運動を始めて10分経つころには汗がじわっと出るくらいになりました。血流が良くなると同時に、新陳代謝も良くなったのだと思います。

③頑固な便秘まで解消!

79e11d1d78e2d4c3

by 3b5af5d237145758 Ruha

一番驚いたのは、頑固な便秘が解消されたことです!これは、予想していなかった効果した。私は今まで1~2週間お通じがないのが当たり前だったのですが、足湯を始めてからは、ほぼ毎日快便でした!お通じがあった日はカレンダーにチェックを入れていたのですが、それを見ると一目瞭然です。

足湯と脚マッサージを始めた1週間目は2~3日おきだったお通じが、1週間を過ぎたあたりから毎日トイレに行くようになっています。今では、毎日お通じがあるのが当たり前になりました。私の人生では初めての経験で、時間もかからずスムーズに便秘を解消できたので驚きです!

足湯&脚マッサージのデメリット

このように、私の問題だった冷え性とむくみ、さらに便秘解消まで解決した足湯&脚マッサージでしたが、唯一デメリットがありました。それは、「準備が面倒」ということです。足湯は道具や場所の準備も大変で時間もかかるので、毎日行うとなると正直面倒ですよね。

それでも私は、体質改善したい!という思いや便秘解消などの効果から、1ヶ月続けることができました。強い思いや効果があれば、面倒であるというデメリットも気にならなくなると思います。

むくみ解消の他にも良い効果がいっぱい!

足湯と脚マッサージを組み合わせた今回の方法は、血流を良くして新陳代謝をアップさせることで、冷え性やむくみの改善、便秘解消効果など、体質改善に役立ちました。

これらの症状に悩んでいる人は、ぜひ一度試してみてくださいね!

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事