Medium 0d96c8e51c9ce98f

ダイエット停滞期の具体的な乗り越え方は?トレーニング方法も!

いろいろなダイエット方法があるものの、停滞期で苦労するのはどれも同じ。頑張っても落ちない体重にやる気も下がり、ダイエット失敗に終わることもありますよね。ここでは、私が停滞期を乗り越えた考え方とトレーニング方法のポイントをお伝えします。

カテゴリー:生活習慣  投稿日:2018/01/26

ダイエットの大きなハードル「停滞期」

私は今までに多くのダイエット方法を試し、無事に成功したこともあります。ですが成功した場合であっても、毎日順調に体重が落ちていったわけではありません。どのダイエット法であれ、体重が落ちなくなる停滞期に必ず直面しました。

必死に痩せるために頑張っているのに、体重が減らなくなるとダイエットのモチベーションを保つのも一苦労です。ときには無理をして、ハードなダイエットを行ったこともあります。

しかし、それでも思うように停滞期を抜け出せなかったとき、ダイエット自体を諦めてしまうこともありました。

どれくらい停滞期は続いた?

Medium c055e0332bad4e86

by 2284917fb4d15077 Naho

Medium df69ed8eb75af062

by 2284917fb4d15077 Naho

私が経験した一番長かった停滞期は、糖質制限ダイエット中に3週間以上も体重が落ちなくなった時のこと。落ちないどころか逆に増えてしまうこともあり、かなり辛い思いを抱えながらダイエットをしていました。

このときの糖質制限ダイエットは1ヶ月半ほどでしたが、そのうち3週間以上も体重が減らなかったのです。焦りも大きく、どうすべきか困り果てました。

インターネットで調べたところ、一般的にダイエットの停滞期は2週間から1ヶ月くらいが多いようです。1ヶ月も体重に変化がないのは辛いですよね。ダイエットのやり方を間違えているのではないか、自分には合っていないのではないかなどと、不安でいっぱいになります。

停滞期は数字以外に目を向ける!

ダイエット仲間の友人たちに聞いても、どんなダイエットでも停滞期を経験したと言っています。停滞期は辛いものですが、痩せる上では避けて通れない問題のようです。

そこで私は、停滞期中に数字以外に意識を向けられないかと考えました。そうすれば、停滞期中であってもダイエットを続けるモチベーションが保てるのではないかと思ったのです。

具体的な停滞期の乗り越え方は?

停滞期を乗り越えるために、ダイエットの目的を「体重を落とすだけではなく、身体の見た目も良くすること」と意識するようにしました。そして停滞期中は、簡単なトレーニングで気晴らしをするようにしたのです。

特に私は、当時食事制限系の糖質制限ダイエットを行っていたので、簡単な運動でも十分効果的に思えました。運動をすることで、代謝が上がり痩せやすくなるはずですよね。

私は以下にご紹介するトレーニングを行いながら気長にダイエットに取り組み、停滞期を乗り越えました。160cm/51.7kgからダイエットを開始し、51.3kg時点で3週間程度の停滞期があり、そこから2週間で50.6kgまで体重を落とせました。

停滞期こそ身体のラインを気にしよう!

私のダイエットの目的は、体重を落とすのはもちろん、何よりも見た目を理想に近づけること。体重は数字でわかりやすいのでつい気にしすぎてしまいますが、それだけが目的ではありません。

そこで、停滞期には手軽に行える筋トレなどを行い、身体のラインを美しくするために頑張るようにしました。

もちろん少しトレーニングしたからといって、たちまち効果が出るわけではありません。しかし、体を動かすと気晴らしになります。また数字には出ないだけで、ダイエットは進展しているんだと考えられるようになりました。

基礎代謝アップが停滞期脱出のポイント!

2週間ほど意識してトレーニングを行ったところ、代謝が良くなったおかげか体重が落ち始め、無事に停滞期から脱出できました!トレーニングで筋肉量が増えると基礎代謝が上がるため、体重の落ちない停滞期には効果的なようです。

週に3回程度トレーニングを行えば、約2週間で効果が出てくると言われています。トレーニングの翌日に体重が落ちるというわけではありませんが、停滞期脱出の鍵になると思えば、ダイエット継続のモチベーションにもつながります。

またトレーニングには、代謝アップに加えて引き締め効果が期待できます。私はスクワットをするようになってから、太ももやお腹がよく筋肉痛になりました。そのまま続けていると徐々に脚が細くなり、キツかったスキニーパンツがすんなり入るようになって嬉しかったです。

停滞期にオススメのトレーニング方法をご紹介!

私がやってみて良かったと感じた、他のダイエットをしながらでも気楽に取り組めるトレーニングをご紹介します。ちょっとした隙間時間に簡単に行えて、ストレス発散にもなるオススメの方法です。

スクワット

方法
①足は肩幅程度に開き、手を肩の位置から前に伸ばす
②ゆっくりと腰を落とす
③太ももが床と水平になるまで腰を落としたら、その状態を3秒キープ
④ゆっくりと①の位置まで戻す

家でできる代表的な筋トレといえば、スクワットですね。簡単にできるので、隙間時間によく行っていました。他のダイエット中でも気楽に行えるので、停滞期のトレーニングには最適だと思います。

スクワットはダイエットには効果的な運動で、少ない回数でも効き目があると言われています。脚だけでなく、お腹にも効果があるのが嬉しいですね。

Medium 470f47127a73c406

by 2284917fb4d15077 Naho

Medium 646fe897458d8c0a

by 2284917fb4d15077 Naho

ブリッジ

方法
①仰向けになり、頭の横に手をついて身体を持ち上げる

ブリッジは、あまりダイエットに効果があるイメージはないかもしれません。しかしながら、実は全身の筋肉を刺激するトレーニングだと言われています。

ブリッジを行うと、代謝アップや便秘解消の効果が期待できます。数字が落ちない停滞期にはピッタリです。ブリッジをやった後は気分がスッキリするので、個人的にはとても好きな運動です。

ペットボトル持ち上げ運動

Medium b33e1503b7162843

by 2284917fb4d15077 Naho

Medium 300bb234fbf46acc

by 2284917fb4d15077 Naho

Medium ec7f4c15443eb0b1

by 2284917fb4d15077 Naho

方法
①片手で持てる重さの水を入れたペットボトルを用意する
②両手にペットボトルを持ち、少し足を開いて立つ
③太ももの位置から、横に腕を上げていく
④肩の高さまで腕を上げたら少し止め、ゆっくり元の位置に戻す

良い機会なので、停滞期中に普段あまり意識していない腕を鍛えようと思ったのですが、なかなか良い方法がなく悩みました。腕を鍛える器具を買うほどでもありませんし、腕立て伏せはキツすぎて、別のダイエットを実践中である停滞期に行うにはハードルが高すぎました。

そんなとき、友人に教えてもらったのがこのペットボトル持ち上げ運動です。隙間時間にできる回数を、気楽にやっていました。難しい動作ではありませんが、ゆっくり戻すときがキツいです。やり始めてからは、二の腕あたりが引き締まったように思います。

停滞期中は考え方を変えてトレーニングに励もう!

どんなダイエット方法でも直面する停滞期。上手く乗り越えることができれば、ダイエット成功に近づきます!そのためにも、停滞期でダイエットを諦めてしまわないように頑張らなければなりません。モチベーションを保つために、体重の数値以外にも目を向けてみてください。

体重が落ちないときは、スクワットやブリッジなどの簡単で効果的なトレーニングでボディライン引き締めに励めば良いのです。体重を落とそうと無理にハードなダイエットをして挫折するより、ずっとポジティブにダイエットを行えるようになります。

停滞期の考え方を変えて意識が前向きになると、停滞期も脱出しやすくなるはずです。停滞期はしんどいものですが、頑張った分だけ効果が出ると信じて、ポジティブにできることを頑張りましょう!

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事