Medium 3ba5bd36fd3df135

間食を自然食に置き換えてダイエット成功!オススメの食べ物

ついつい手が伸びてしまうチョコレートやクッキーをやめて、ナッツや干し芋などの自然の食べ物を間食として摂るダイエットを実践しました。間食を自然な食べ物に置き換えた結果、ダイエットだけでなく美容への効果も実感!詳しい方法や結果をレポートします。

カテゴリー:生活習慣  投稿日:2018/02/03

間食を見直そうと思ったきっかけ

私の仕事はオフィスワークが多いのですが、机に座って仕事をしているとついつい間食をしたくなり、毎日のようにチョコレートやクッキーを食べていました。痩せたい気持ちはあるのに、間食癖が抜けなくなり、当然ながら体重が減らない日々が続いていました。

間食をなくそうと努力した期間もありましたが、間食をゼロにすると午後3時ごろにはお腹がぐーぐーと鳴り、業務に集中できなくなってしまいました。そこで、間食をなくすのは無理だと割り切り、「食べるものを見直そう」と考えたのです。

自然の食べ物を間食として摂るダイエットの方法

間食をゼロにするのは無理だと考えた私は、間食をするなら体に良いものにしようと考えました。このダイエットのルールは2つだけです。

  1. 間食してもいいのは自然の食べ物だけ
  2. 1日に食べていい量は合計200kcalまで

ここで言う「自然の食べ物」とは、パッケージの裏面に書いてある原材料を見たときに、その素材ひとつしか記載されていないものを指します。

Medium 4fd2f2a626c23780

by 3eda3666a9eb6a82 bily

例えば、この写真の「アーモンド」ように、その素材のみが書かれているものなら間食として摂ってOKとしました。

チョコレートやクッキーのような加工品は、砂糖やバターなどがたくさん入っています。自然の食べ物であれば、このような太る食材が入っていないのはもちろんですが、素材そのものの栄養素を摂れるというメリットもあります。

私がよく食べていた自然の食べ物3つ

ここで、私がよく食べていた食材を3つご紹介します。

①アーモンド

一番よく食べるのはアーモンドです。

購入するときはルールに従って、原材料がアーモンドのみのものを選ぶことが大切です。おつまみとして売られているものは、食塩が入っている場合があります。塩分を摂りすぎるとむくみの原因にもなるので、何も入っていないものを選ぶようにしました。

アーモンドは手頃に食べられる反面、食べ始めると止まらないというデメリットがあります。少し割高ですが、私は小包装になっているものを買っています。

アーモンドの効果

アーモンドには、主に以下の効果が期待できます。

  • コレステロールがゼロ
  • カルシウム・鉄分・マグネシウム・亜鉛などの栄養素が豊富
  • ビタミンEが豊富でアンチエイジング効果も

アーモンドのカロリー

Medium e41286933053de45

by 3eda3666a9eb6a82 bily

アーモンドのカロリーは、100gあたり598kcal。カロリーが高いため、食べすぎには注意が必要です。写真の量で約100kcalです。(約15g/16粒)

②落花生(ピーナッツ)

家では落花生を食べることが多かったです。アーモンドと同じく、おつまみのものはバターや塩が含まれているため注意が必要です。

私はいつも殻つきのものを選んでいます。殻を剥く動作があるため、パクパクと食べすぎてしまうことを防げるという効果があります。

落花生の効果

  • 中性脂肪や悪玉コレステロールを下げる
  • 冷え性や血行不良を改善する
  • 薄皮ごと食べることで、ポリフェノールによる抗酸化作用がアップする

落花生のカロリー

Medium 7223aaf3064100ba

by 3eda3666a9eb6a82 bily

100gあたり562kcalです。アーモンドと同じく、カロリーが高いため、食べすぎには注意が必要です。写真の量で約100kcalです。(約17g。※殻の重さを考慮して、写真の落花生は約19gで測りました)

③干し芋

最後に、干し芋です。さつまいもは加熱をしないと食べられないので、手軽に食べられる干し芋を選んでいます。

アーモンド・落花生に比べて食べごたえがあるため、特にお腹が空いているときは干し芋を食べるようにしています。また、甘みを感じられることも嬉しいポイントです。

干し芋の効果

  • 食物繊維によって便秘を解消してくれる
  • ビタミンB群が脂肪を燃やしてくれる
  • カリウムがむくみを解消してくれる

干し芋のカロリー

Medium 4b994480d187aa75

by 3eda3666a9eb6a82 bily

干し芋は、100gあたり303kcal。ナッツに比べるとカロリーが低いです。写真の量で約100kcalです。(約33g)

1か月間、間食を自然の食べ物に置き換えた結果

「自然の食べ物は間食してもOK」のルールを1か月試した結果、ダイエットだけでなく美容効果も感じることができました!その嬉しい効果をご紹介します。

1か月で1kg減に成功!

結果として、1か月で1kgの減量に成功しました。

特に普段の食事は変えておらず、間食を見直しただけでこの効果を得られたのは嬉しかったです。間食をゼロにしようとしていたときのストレスも感じないため、無理なく続けることができました。

続けるうちに、お菓子を食べたいという気持ちも薄れ、純粋にナッツや干し芋が美味しいと感じていました。お菓子だと少量でもカロリーが高いのに対し、食べごたえがあったことも続けられた理由だと思います。

想定外の美容効果!

想定外でしたが、肌質の変化も実感することができました。元々吹き出物などの肌トラブルは少ないタイプでしたが、毛穴の開きが気になっていました。

このダイエットを始めて半月ほどしたころ、肌触りが滑らかになった感覚がありました。友達からも「肌がきれいになった」と言われ、勘違いではなかったんだ!と嬉しくなりました。無意識のうちに頬を触ってしまうほどに実感しています。

ダイエットのために始めた習慣ですが、美容効果も実感できたのは嬉しい誤算でした。

間食は「何を食べるか」が重要!

このダイエットを試して、無理に間食を我慢しなくても、食べるものをきちんと気を付ければ良いのだということを学びました。ストレスを溜めることなく、美味しく食べて、きれいに痩せた体を手に入れられるこの方法が私に合っていたのだと思います。

なかなか間食がやめられない・・・とお悩みの方は、是非試してみてくださいね!

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事