Medium f7442b608c6fe030

痩せ体質になれる「骨盤調整」ヨガポーズ3選!〜基本編〜

運動習慣がない方やヨガ初心者の方も必見!簡単にできる『骨盤調整』で、あなたも痩せ体質に!「薬剤師セラピスト」である私が、骨盤調整ヨガの中でも重要な、基本ポーズを3つご紹介します。

ライター:薬剤師ヨガセラピスト 桑原 由佳  カテゴリー:運動  投稿日:2017/12/29

薬剤師ヨガセラピストの桑原由佳です

Medium c217d454b83c8892

by 8764ec83c472274f 薬剤師ヨガセラピスト 桑原 由佳

皆さんこんにちは。薬剤師ヨガセラピストの桑原由佳です。

私は、薬科大学院在学中から、大手化粧品メーカーと共同開発で、美白化粧品の研究を行っていました。その後製薬メーカーに就職し、医薬品の研究開発に携わりましたが、患者さんの声を直に聞きたいと思うようになり、患者さんと向き合うことのできる調剤薬局へ転身しました。

しかし、毎日お薬を渡しながら、とても辛そうな表情の患者さんを見るたび、こうなる前に何とかできたのではないか、という葛藤を日々繰り返し、病気を未然に防ぐ『予防医学』を普及させたいと思うようになりました。

「西洋医学と東洋医学を学んできたからこそ、伝えられることがある。」そう決意し、ヨガ及び解剖学を本格的に学びました。

現在は『薬剤師ヨガセラピスト』として、心と体の健康をテーマに指導をしています。健康・美容に関する情報をいろいろ発信してるので、以下のサイトを参考にしてみてください!

保有資格

  • 薬剤師
  • 全米ヨガアライアンスRYT200
  • フィットネスファスティングジュニアアドバイザー
  • 心理カウンセラー
  • 日本成人病予防協会健康管理士一般指導員

今回は体の中心にある骨盤に着目し、『骨盤調整』で痩せ体質を目指します!

運動習慣がない方やヨガ初心者の方でも簡単にできるよう、ヨガポーズの中でも重要な基本を3つご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

Medium 6f65f6c03e05259d

by 8764ec83c472274f 薬剤師ヨガセラピスト 桑原 由佳

骨盤調整とは?

健康や美容に関心のある方は、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。しかし、骨盤調整とは一体、何をするものなのでしょうか。

そもそも、骨盤は体の中心に位置しており、上半身と下半身を繋げているので、正しい姿勢を保つのに非常に重要な役目を果たしています。特に、脚を動かすときには、骨盤周りの筋肉を中心に使うので、左右の脚の筋肉バランスや柔軟性は、骨盤の状態に大きな影響があります。

そこで今回は、脚の筋肉の柔軟性を付けることで『骨盤調整』へとつなげていきます。

脚の筋肉は体の中でも筋量が多く、また、普段の歩き方の癖も影響してくるので、『骨盤を調整して痩せ体質になる』というのは、1度や2度の動きでは難しいことです。無理のない程度に続けることが大切です。

なぜ骨盤調整が痩せ体質に繋がるのか

Medium eff7d50906c1cf87

by 8764ec83c472274f 薬剤師ヨガセラピスト 桑原 由佳

骨盤の状態が前後左右に傾くと、姿勢が崩れ、正しく筋肉を使うことが難しくなってきます。そこで、徐々に使われない筋肉が増え、体が硬くなって脂肪がついてきます。

また、内臓脂肪にも影響があります。骨盤が傾くと内蔵の位置が下がり、内臓脂肪が増える原因になります。内臓脂肪は、基礎代謝を落としてしまうので、むくみやセルライトができやすくなり、太りやすい体質へと陥ってしまう可能性があります。

骨盤調整をすると痩せ体質に繋がり、姿勢改善、代謝UPも目指せますね!

これならできる!骨盤調整ヨガポーズ3選

今回は、ヨガのポーズを効果的に行うための『準備ポーズ』をご紹介します。

ヨガのポーズには、複合的な動きが多く入ってきます。ポーズが何に効いているのかわからない、というまま形だけを追求する方がいらっしゃいますが、それはとてももったいないこと。

大切なのは、1つ1つの動きがどこに効いていて、何のためにやっているかを、頭で理解して体で感じることです。

よく、3つのポーズのうち、いつどれをやれば良いのか質問をいただくのですが、それぞれの筋肉の柔軟性とバランスが重要ですので、1日のうち好きなタイミングで、『3つのポーズで1セット』として始めてみましょう。

男女を問わず、痩せ体質もしくは綺麗な姿勢を求めている方に、まずは1日1セットから取り組むことをおすすめします。やってみて、体がどう感じたのかを実感していただき、3つのうちどれが特に必要なのか、ご自身の体と相談しながら進めてください。

では、実際に『骨盤』の周りに付いている、特に重要な3つの筋肉に、1つずつアプローチしていきましょう!

ポーズをとる際の注意点

  • 痛みがある場合は無理をせず、気持ちよく呼吸が続くようにおこなってください。
  • ポーズの形ができたら呼吸をします。“吐く息” からおこない、ゆっくり深く、初めは3呼吸程度を目安にしてください。

①三日月のポーズの下半身

Medium 7d9fdf99bb987bec

by 8764ec83c472274f 薬剤師ヨガセラピスト 桑原 由佳

上半身と下半身を繋ぐ大切な深層筋(体の深いところにある筋肉)である、腸腰筋(ちょうようきん)を伸ばします。

方法
①右脚を一歩前に出し、左脚の付け根を伸ばします。
②無理のないところでキープをして、ゆっくりと3呼吸しましょう。※反対側も同様に行います。

②片足立ちのポーズ(支えあり)

Medium 679bcc3c1ec2d0be

by 8764ec83c472274f 薬剤師ヨガセラピスト 桑原 由佳

前ももの筋肉である、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の一つ、大腿直筋を伸ばしています。(大腿直筋は骨盤に付いている筋肉です)

方法
①右手で壁を支え、左前ももを伸ばします。
②無理のないところでキープをして、ゆっくりと3呼吸しましょう。※反対側も同様に行います。

③前屈ポーズのひざ曲げ軽減法

Medium 3616b98079b7cff3

by 8764ec83c472274f 薬剤師ヨガセラピスト 桑原 由佳

ももの後ろの筋肉である、ハムストリングを伸ばします。ハムストリングは骨盤のお尻付近、坐骨に付いており、体が硬い方の多くは、この筋肉が硬いです。

方法
①床に座り、体を前に倒します。
②太ももが、お腹にギリギリくっつくところまで膝を曲げます。
③太ももとお腹が付いたら、頭をリラックスさせます。
④無理のないところでキープをして、ゆっくりと3呼吸しましょう。

ももの後ろを伸ばしていますが、感覚としては、腰からお尻が伸びている位置が望ましいです。

『骨盤調整』で痩せ体質に!一番の近道は続けること

いかがでしたか。

これでヨガポーズ?と思ったかもしれませんが、以上の3つの筋肉は骨盤に付いていますので、『骨盤調整』には効果的です。骨盤周りの筋肉の柔軟性を付けて、体の動きがスムーズになるのも感じていただけると良いですね。

もし、今回の3つのポーズがきつく感じた方は、ヨガのポーズを無理におこなうよりも、上記のような、じっくりと筋肉に効かせる動きを取り入れることをおすすめします。

一方、この動きでは簡単すぎて何も感じないから、難しいヨガのポーズの方が良いと思った方は、今一度やり方を見直してみてください。上記の方法は、運動習慣があったりヨガができる方であれば、一層効果を実感できると思います。

基本的なことをじっくりと行い、地道に続けることが健康と美容を手に入れる近道です!

この記事のトピック

ヤセレポについて

ヤセレポは、たくさんのダイエット法のリアルな成功談・失敗談が集まる情報サイトです。 実際の効果や正しい方法など、ダイエットを実践する際に必要な情報を知ることができます。

人気記事