6b1ac6a828006c70

一度なくなったくびれが見事復活!エクササイズ方法や生活習慣

食生活の乱れから、あっという間にくびれがなくなってしまった私。女性らしい美しいくびれを作るために、くびれ復活の方法に挑戦!エクササイズや生活習慣の見直しといった、実際に私が行って効果を感じたくびれを作る方法や、得られた効果などを紹介します。

カテゴリー:部分痩せ  投稿日:2018/03/09

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium b1c17d739ea70f34

意識しないとくびれはなくなる!

くびれがあると体のラインが美しくなり、おしゃれを楽しみたくなりますよね。しかし、くびれやお腹周りを意識しなくなると、くびれは徐々になくなってしまいます。すると、つい体のラインが出ない服を選んで隠してしまい、さらにくびれがなくなるという悪循環に!

実は私も、食べては寝てを繰り返すなど、食生活の乱れからくびれがなくなってしまった1人。そこで、「くびれ」と「自信」を取り戻そうと決意し、くびれ復活の方法に挑戦してみました!今回は、日々の小さな習慣の積み重ねでゲットできる、くびれの作り方を紹介します。

くびれに効果のあったエクササイズと習慣を3つ紹介

①ひねりエクササイズ

0dacf50d8da4a332

by Bbbc9c17b14e60cc pattsu

方法
①足を肩幅に広げて立ち、両手をおへその前に持ってくる
②息を吐きながら、おへそから上をひねることができるところまでひねっていく
③ひねったところで息を吸い、さらにひねりを加えていく(5秒間)
④息を吐きながら、おへそから上を正面に戻す
⑤①~④を左右それぞれで行う
832ce3060145589e

by Bbbc9c17b14e60cc pattsu

写真はおへそから上を左にひねっている場面です。おへその前に手を置いて行いますが、手をよけてみると、お腹の状態は下の写真のようになっています。

8fb77c1256ec5ebc

by Bbbc9c17b14e60cc pattsu

ひねられているのがおへそから上の部分だけで、おへそから下は正面に向くのをキープしているのがわかります。この状態でひねり運動ができるように意識して行いましょう。

ポイント

  • 目線は前に向ける
  • できれば鏡の前で、姿勢をチェックしながら行う
  • 背中が丸まらないように背筋をしっかりと伸ばす
  • おへそがつられてひねられるのを防ぐため、おへその前に手を置き、正面をキープする
  • ひねっているときは、逆側のわき腹にぎゅっと力が入っていることを意識する

行うタイミングや回数

私はあまり回数にこだわらず、隙間時間を利用して行いました。例えば、朝トーストを焼いている間に左右10回ずつ、パスタを茹でている間に左右15回ずつ、信号の待ち時間に左右5回ずつ、お風呂前に左右5回ずつ、という感じです。これらを合計すると、1日で左右35回行った計算になります。

最初で多い回数を目標に決めて行うと、途中で飽きてしまうかもしれません。私は隙間時間で行って、結果として35回できた!というやり方の方が、飽きずに続けられて良いと思いました。

②通勤・通学中にこっそりできる!くびれ復活トレーニング

都市部では、バスや電車で通っている方も多いですよね。その乗車時間を利用してお腹をトレーニングし、くびれを復活させましょう!無理なく簡単にできる方法を紹介します。

方法
①つり革を握って立ち、お腹のくびれを意識する
②お腹の筋肉を使って、バスや電車の揺れから体を支える

ポイント

  • 常にお腹に力を入れ、お腹で体を支えているイメージを持つ
  • お腹で揺れを受け止め、バランスを取るように意識する

特にバスの場合は、右に左にとよく揺れます。その揺れを上手に利用して、お腹でバランスを取るようにするとひねり運動になり、くびれ復活に効果的です。

行うタイミングや回数

バスや電車で通勤・通学を行っている人は、朝と夕方の2回利用する方がほとんどと思いますが、くびれトレーニングは体力がある朝に行うのがおすすめです。気持ちも体も軽い状態でできるうえ、朝に行うと1日中お腹を意識することができます。疲れていなければ、もちろん夕方でもOKですよ。

ただし、あまりにお腹ばかりに集中力を使っていると、降車駅を過ぎてしまったり降りる方の邪魔をしてしまうかもしれません。周りへの配慮などは忘れないでくださいね。

③お腹のラインが出る服を着る習慣をつける

トレーニングだけでなく、服選びの習慣を見直してくびれ復活を狙いましょう!お腹のラインが出ていると自然と意識し、お腹を引き締めようと力が入ります。お腹周りを意識しながら日常生活を送ることができるので、自然とお腹のトレーニングができてしまいます。

外ではなかなかラインの出る服が着づらいという方は、部屋着でお腹のラインがくっきりでるものを着用してみてください。体にフィットした服で、着ていて気持ちの良い素材や好きなデザインのものを選んで、毎日楽しくお腹を意識していきましょう。

服を選ぶときの注意点

毎日体のラインがわかる服を着て生活するのがおすすめですが、お腹を冷やしてしまうと代謝が下がって痩せにくくなったり、お腹を壊してしまう場合があります。お腹周りは冷やさないような服を選び、それでも寒い場合は、部屋を暖かくしたり、カーディガンを羽織るなど冷え対策を行いましょう。

くびれ復活エクササイズや習慣を意識した結果

見事にくびれが復活!

44751134b157835a

by Bbbc9c17b14e60cc pattsu

  • ひねりエクササイズを大体1日35回程度
  • 週4回、毎朝の通学バスでお腹トレーニング
  • 毎日お腹のラインが出る服の着用

上記の頻度や回数で、くびれ復活エクササイズや習慣を1か月半~2か月ほど続けたところ、寸胴だったお腹にくびれが復活しました!体のラインが出る服を着た時に周りから「くびれあるね~」と気付いてもらえるようになりました。

常にくびれを意識して女性らしい体を維持しよう!

私のくびれがなくなった原因は、食生活の乱れ以外にも、体のラインが出ない服ばかり選び、くびれのことを意識せずに過ごしたことも大きいと思います。厚着をしたり、ふわっとした服を着ていたりしても、くびれの存在を忘れず意識してあげると、くびれは維持できるのではと感じました。

今後はくびれがなくなる度にあわてて行動するのではなく、常にくびれを意識した人になれるよう、くびれ復活エクササイズや習慣を継続していきたいです!

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事