D6969ea9ff945fbb

朝晩10分で代謝UP!肩甲骨を広げる「エアスイミング」の方法

産後に妊娠前の体重以上に痩せたものの、子供が大きくなるにつれて太ってしまった私。そこで、忙しいママでも続けられるながら運動、「エアスイミング」を行うことにしました。今回は、私が行っているエアスイミング4つの方法をご紹介します。

カテゴリー:運動  投稿日:2018/01/04

ながら運動で身も心もリフレッシュ!

フットケアセラピストのaccoです。

我が家にはもうすぐ3歳の娘がいます。産後体重は順調に減り、妊娠前よりも減っていたのですが、娘が2歳を過ぎた辺りから徐々に戻り始めて、妊娠前よりもオーバーしてしまいました。

抱っこすることも減り、外食も好きなお店に入れるようにもなって娘が残した物を食べることも増えていました。以前に比べると運動量が減ったのに、食事量が増えていれば太るのも当たり前ですよね。

しかし、まだ娘は幼稚園前なのでジムやランニングなど、一人の時間をとるのは難しい状況。また、今までもダイエットのために始めた運動はなかなか続かないのが現状でした。

そこで、無理せず毎日続けられる「ながら運動」をすることに。肩甲骨周りを中心としたエクササイズを朝晩続けただけで、背筋が伸びることで代謝がUPして腸の動きも良くなり、ダイエット効果だけでは無く、肌の調子も良くなりました!

朝の目覚めや夜の睡眠が変わり、身も心もリフレッシュできるので、TVを見ながらでも是非チャレンジしてみてください。

肩甲骨を広げるとイイことがある!

まずは肩甲骨の柔軟性をチェック!

F7186065811a4956

by 5529410027e40392 acco

下の2つの写真のポーズができますか?

これができないと、肩甲骨周りがガチガチの状態です!まずはチェックしてみてくださいね。

①背中の後ろで合掌をする

スマホやPCなどをしていると、猫背になりがちですよね。身体を前にすぼめて小さくなっているような状態でいると、肩甲骨周りの筋肉も縮こまり硬くなってしまいます。肩甲骨周りが硬くなると、ロックがかかったように身体の動きが小さくなります。

筋肉が硬くなり関節が閉じた状態が長く続くと、骨格が歪んで上手に身体を動かせなくなり、脂肪の燃焼効果が低下するため、ぜい肉が蓄積されます。また、体調不良を招きやすい身体になってしまいます。

人間の骨格バランスを保つのに重要な肩甲骨の開閉がスムーズにできるようになると、身体を大きく動かせるようになります。また、左右の肩甲骨の間にある褐色脂肪細胞という脂肪燃焼効果の高い細胞が活性化することにより、脂肪燃焼力に優れた代謝の良い身体に近づくんです!

②腕を背中で上下から回して握手する

795e32f2620d3046

by 5529410027e40392 acco

ながら運動・エアスイミングの方法

それでは、私がながら運動で行っている「エアスイミング」をご紹介します。

まず、お水が満タンに入った500mlのペットボトル2本を用意します。用意ができたら早速チャレンジしましょう!

それぞれ20秒ずつ行い、間の休憩は10秒取ります。どの泳法も必ず呼吸をしながらやることを忘れずに!

①クロール

083e996bfbc0f1c6

by 5529410027e40392 acco

方法
①ペットボトルを両手に持ち、足を肩幅に広げて立ちます。
②顔を上に向け、天井に向かってクロールのように両腕を交互に前回りに大きく回します。

顔を上に向けすぎて、背筋が後ろに反らないように注意してください。また、肩が上がらないように力を抜いてリラックスしましょう!

②背泳ぎ

1efc9b1fb9e5ed10

by 5529410027e40392 acco

方法
①クロールと同じくペットボトルを持ち足を肩幅に広げます。
②クロールとは逆に、天井に向かって背泳ぎをするように腕を交互に後ろに回します。

腕を曲げないように気を付けてください。後ろに回すことだけ意識すると、上体が後ろに反りやすくなるので注意しましょう!

③平泳ぎ

263bc7b847809f29

by 5529410027e40392 acco

方法
①ペットボトルを両手に持って足を肩幅に開き、上体を前に倒します。
②両腕を前に伸ばして、水をかくように左右に大きく腕を広げます。

猫背にならないように背筋を伸ばしましょう!手が下がると猫背になりやすいので、手と肩は床と水平になるようにします。

④バタフライ

96ccc606aa8f212e

by 5529410027e40392 acco

方法
①両手にペットボトルを持って足を肩幅に開いて上体を倒し、両腕を前にまっすぐ伸ばします。
②顔は下に向け、バタフライのように肘を曲げて、大きく後ろに回しそのまま前に戻します。

首が下がりやすいので、おへその辺りを意識して力を入れると、首も下がらず猫背にもなりにくくなります!

慣れてきたらステップアップ!

33d6565f2c429cb7

by 5529410027e40392 acco

基本のエアスイミング慣れてきたら、まずは回数を増やしてみましょう!20秒×4泳法を2回やってみます。

それにも慣れてきたら、プラスアルファの動作を加えていきましょう!足を肩幅に広げ、そのままお尻を後ろに落とすように曲げていきます。この時に膝がつま先よりも前に出ないことがポイント!また、背筋を伸ばして猫背にならないようにします。

この姿勢のままエアスイミングをすることで、肩甲骨を広げ体幹も鍛えられるので、ダイエット効果もUP!

エアスイミングを続けて太りにくい体質に!

私はこのエアスイミングを始めてから太りにくくなり、体全体が締まってきました!

朝5分、夜5分でTVを見ながらでもできるので、是非挑戦してみてください。少しずつでも毎日続けることが、ダイエットに繋がります!

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事