89c7a7467c93e316

ダイエットカウンセラーがオススメする甘味料3選!NG甘味料も

甘いものはダイエットの敵!と言いますが、実は甘味料に気を付ければダイエット中でも甘いものは食べられます!今回は、ダイエット中にオススメの甘味料と、避けるべき甘味料についてご紹介いたします。

カテゴリー:生活習慣  投稿日:2018/01/08

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium add81a45702e2704

トータルダイエットカウンセラーの大西ひとみです

08f0b9d6033bc82a

by Df2254ba3dd409e9 大西ひとみ

こんにちは。78kgからマイナス24kgのダイエットに成功した、トータルダイエットカウンセラーの大西ひとみです。

私自身、数々のダイエットに挑戦し、失敗を繰り返していく中で、無理なく続けられる本当に自分に合った食事方法や運動方法は何なのかを追求し続けてきました。

その経験をもとに、私が心から勧められるダイエットに対する考え方や実践方法を、12年間のアメリカでの活動経験と、定期的に渡米して学んだ最新情報を取り入れながらご紹介していきます。

甘いものはダイエットの敵?

私自身甘いものは大好きです。甘いものや油ものは美味しいものが多いですよね。でも、そういう美味しいものはダイエットの敵になりそうのものばかり…。

でもちょっと待ってください。甘いものはダイエットの敵!と完全に決めつけないで、うまく摂取すれば甘いもの好きの人も、甘いものを我慢せずにダイエットをできるはずです。

そもそも、甘いものがダイエットにNGである大きな要因は、血糖値を上げ、脂肪を蓄積させるインスリンというホルモンをたくさん分泌してしまうからなのです。甘味料の中でも、このインスリンをたくさん分泌しない甘味料があります。

今回は、そんな甘いもの好きさん必見の、NG甘味料とオススメダイエット甘味料3選をご紹介したいと思います。

ダイエット中に避けるべきNG甘味料とは?

まずは、ダイエット中は特に避けた方が良い、NG甘味料について紹介します。

白砂糖

白砂糖は、ダイエットの敵と言っても過言ではありません。白砂糖は血糖値を上げ、大量のインスリンの分泌を促しやすく、体内に脂肪を蓄積させやすい代表的な甘味料です。私は基本的に、自ら白砂糖を使用したスイーツはできるだけ食べないようにしています。

もちろん、レストランのコース料理などに出てくるスイーツを残したり、お友達から頂いたスイーツを捨てたりはしませんが、コンビニやスーパーなどで白砂糖を使ったお菓子は基本的には一切手に取らないことにしています。それだけ白砂糖はダイエットのマイナスになるからです。

はちみつ

はちみつは、白砂糖に比べると栄養価や美容効果が高いものが含まれていますが、ちょっとした落とし穴があります。多くのはちみつは熱処理され、素晴らしい栄養素や美容効果が死滅してしまっているケースが多く、白砂糖と変わらないと言っても過言ではない結果になりがちです。

はちみつは白砂糖より少量で白砂糖と同じような甘さを感じられることから、カロリー的な観点から見れば白砂糖より優れているといえますが、ダイエットにオススメできる甘味料とは言えません。

テン菜糖・黒砂糖

白砂糖に比べ、テン菜糖や黒砂糖はやや体に良い効果があるといえるでしょう。

私も過去にマクロビの勉強をした時に、テン菜糖は体を温める効果があるということでテン菜糖ばかり使用していたことがあります。ですが、テン菜糖が体を温めると言う正式に認められた研究発表は存在しておらず、本当の効果については未だ未解決な部分があります。

また、テン菜糖はカロリー的にも血糖値の上昇についても、白砂糖とほとんど変わりません。

一方、黒砂糖は白砂糖と違って様々な体に良いとされる成分が含まれてはいますが、こちらもカロリー差はほとんどありません。血糖値の上昇の差を生むわけでもなく、ダイエットの面から見るとオススメできる甘味料ではありません。

オススメダイエット甘味料3選

人工甘味料は、カロリー0のものが多いので、体型を気にしている人は人工甘味料を使用しているスイーツを購入したくなると思います。しかし、人口甘味料は多くの研究からより食欲をそそり、食べ過ぎてしまうという事実が証明されています。

私個人の意見になりますが、体内に入れるものはできるだけ自然のものの方がダイエットにも体にも良いと思います。そこで、私がオススメしたい甘味料は次の3つです。

オススメ甘味料① ココナッツシュガー

De4b7d0eaa65bf39

by Df2254ba3dd409e9 大西ひとみ

ココナッツシュガーは、ココナッツの木に咲く黄色い葉の開花する前のつぼみから取れる花密(樹液)を煮詰めて乾燥しているものです。

白砂糖に比べカロリー差はさほどないものの、血糖値の上昇がかなり低く、白砂糖のGI値が110前後に対して、ココナッツシュガーは35前後しかありません。(GI値とは、血糖値を上昇させるスピードを数値化したもので、数値が0に近いほど血糖値の上昇率は低くなります)

また、白砂糖には含まれないアミノ酸やビタミン(特にB群)、ミネラル(カリウム、マグネシウム、鉄分、リン、亜鉛)なども多く含まれています。イヌリンという食物繊維も含まれているので、ダイエットにより良い甘味料と言えるでしょう。

オススメ甘味料② ココハニー

ココハニー オーガニック 180ml

07e1c104e012ca42

by Df2254ba3dd409e9 大西ひとみ

ココハニーとは、ココナッツの花(花序)を切り取り、花蜜を採取し加熱・濾過したものです。 ココナッツシュガーと同じく、血糖値の上昇がかなり低く、カロリーや栄養素も似たような感じです。

ですが、私がオススメしたいこのココハニーはその製法に差があるのでしょうか?カロリーは白砂糖の2/3しかありません。私は最近、このココハニーを愛用しております。オススメする甘味料の中で、最近一押しの甘味料です。

オススメ甘味料③ アカシヤはちみつ

3fd5ea65ef3eddf5

by Df2254ba3dd409e9 大西ひとみ

はちみつはダイエットNG甘味料としてご紹介しましたが、アカシヤはちみつとローハニーは例外でOK甘味料としてご紹介させていただきます。

私がアカシヤはちみつをOK甘味料としてご紹介する理由は、アカシヤはちみつは、はちみつの中で最も血糖値を上げにくいはちみつだからです。一般的なはちみつはGI値が90近くあるのに対し、アカシヤはちみつは32しかありません。また、カロリーの観点から見ても、白砂糖よりカロリーもかなり低めです。

また、様々な効能に関しては賛否ありますが、マヌカハニーも血糖値の上昇がゆるやかな甘味料なので、インスリン分泌の視点からみればオススメです。

スイーツを食べる時は甘味料にも注目!

いかがでしたか?ご紹介した甘味料について、是非参考にいただけたらと思います。

スイーツを購入する時は、どんな甘味料が使われているのかチェックしてから購入してみることをオススメします。

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事