64a4af000ecc58d9

妊娠中に便秘で体重増加...その後、便秘薬なしで解消した方法4つ

妊娠中は適切な体重管理が重要ですが、私は便秘になり体重が増加してしまいました。そんなときに調べた4つの便秘解消法を3週間実践したところ、体に変化が!ここでは、妊娠中の便秘解消法とその実践結果を紹介します。

カテゴリー:産後・その他  投稿日:2018/04/08

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium 69113173e551605c

妊娠中の便秘を解消したいと思った理由

私は、現在妊娠中です。妊娠中は体重制限をしなければならないため、普段は食べ過ぎに気を付けていました。しかし便秘になってしまい、体重が1カ月で4kgも増えていることに気が付いたのです。

妊婦検診で体重管理について相談

妊娠6カ月目の妊婦健診で、先生から「体重を増やさないためには、小麦粉製品を食べるのは厳禁。うどんとかパスタとか、パンもやめてね。産道に脂肪がつきやすい食品だから、難産になりやすいからね。食物繊維が少ないから、便秘にもなりやすいよ。」と言われてしまいました。

確かに、食べていたのは麺類やパンでした。つわりの時期に唯一食べられる物だったのですが、私は安定期に入ってもそのまま食べ続けていたのです。このため、便秘になってしまったのだと気付きました。

赤ちゃんのためにも、薬を使わない便秘解消法を

先生に便秘のことを相談すると、「食事内容に気をつけてみて、便秘がどうしても改善されなかったら便秘薬をもらいに来て」とのこと。

しかし私は、「赤ちゃんのためになるべく便秘薬は使いたくない…」と思っていたので、自分で便秘解消方法を調べることに。そして、まずは3週間、調べた便秘解消法を実践してみようと考えたのです。

妊娠中の便秘の主な原因

妊娠中に便秘が生じてしまうのは、主に次の4つが原因のようです。

  1. ホルモンバランスの変化
  2. お腹の筋力の低下
  3. 子宮が大きくなることによる、お腹への圧迫
  4. 水分不足

妊娠中はホルモンの影響で腸のぜん動運動が緩やかになるので、便秘になりやすいそうです。さらにお腹の筋力も落ちるため、腸の動きが悪くなってしまうのだとか。腸は子宮の裏側(背中側)にあるので、子宮が大きくなってくると動きが鈍くなるようです。

また、妊娠中の血液量は、妊娠前と比べ1.5倍にもなるそうです。このため、必要な水分も増えます。排泄に使う水分が足りていないと、便秘になりやすいのですね。

私が実践した妊娠中の便秘解消法

「薬を使わず、簡単にできる便秘解消法」として私が実践した方法は、以下の4つです。

  1. 水を1日に2L以上摂る
  2. 1日30分以上ウォーキングをする
  3. 食物繊維を多く摂る
  4. デトックスサプリメントを摂る

この4つの解消法について、順番に詳しく紹介しますね。

①水を1日に2リットル以上飲む

私は、1日に2リットル以上の水を飲むようにしました。飲んでいたのはミネラルウォーターではなく、水道水(浄水)です。

最初は、2リットル以上の水を飲むことに抵抗がありましたが、トイレの回数が増えただけで体には異常を感じることはありませんでした。特に冬場は水分を摂らなくなっていたので、今までいかに水分が足りていなかったのかを思い知らされました。

おすすめは、食事の前にゴクゴク飲めるくらいの温度の白湯を400ml(コップ2杯)ほど飲むことです。私は白湯を飲むことで満腹感を得られ、食事量も抑えることができました。

②1日30分以上ウォーキングをする

1日30分以上歩くことを心がけました。30分上のウォーキングは、歩数にすると7000歩くらいです。

注意点としては、妊娠中のウォーキングは無理をしないことです。お腹が張ってきたら、無理をせず必ず休みしょう。体調の悪いときや食べた直後も、気分が悪くなる場合があるので避けた方が良いでしょう。

③食物繊維を多く摂る

食事では、食物繊維をたっぷり含む食材を摂ることも心がけました。主食は玄米、副菜は里芋やこんにゃく、もやしなど食物繊維が多い食品をチョイスした、野菜中心の食事です。もちろん、肉や魚もバランスよく食べるようにしました。

下の写真は、私が食べていた副菜・セレベス(里芋の1種)の煮物です。セレベスは、里芋よりももっちりとした食感があり、美味しいですよ。

B24410cf5cf50a1a

by 22dcd476092a4b74 ysrpyun

他にも、小腹が空いたときのおやつとして、食物繊維を含むおからを使ったお菓子も食べていました。

私は妊娠中、とにかくお腹が空いていたので、間食はやめられませんでした。そこで、少しでも体に良い食べ物を摂ろうと思って作ったのが、おからを使ったクッキーや蒸しパンです。私が実際に食べたおから蒸しパンのレシピを紹介します。

食物繊維たっぷり!おから蒸しパン

57ddc2b55b1a48e2

by 22dcd476092a4b74 ysrpyun

材料
生おから 50g
たまご 1個
ベーキングパウダー 5g
砂糖 お好みで
きな粉 適量
レーズン 適量
作り方
①材料をすべてボウルに入れ、良く混ぜる。
②電子レンジ(600w)で、2分30秒加熱する。
③加熱した蒸しパンにつまようじを刺し、生地が付かなければ完成。

この分量で作ると、10cm角のタッパ―1/3くらいの分量になります。おからは満腹感を得やすいので、私は写真のおから蒸しパン1~2切れでもお腹いっぱいになりましたよ。

興味がありましたら、ぜひ作ってみてくださいね。

④デトックスサプリメントを摂る

F958647f4ab36f09

by 22dcd476092a4b74 ysrpyun

私が摂っていたのは、「ユーグレラ」というサプリメントです。ユーグレラは、ミドリムシに含まれるパラミロンという成分の働きで、腸内の余分な脂肪を取り除いて掃除をしてくれる効果があるサプリメント。中性脂肪の値を下げてくれる研究結果もあり、メタボ予防にも注目されています。

私は食事の後にデトックスをしたくてこのサプリメントを摂り始めましたが、これがとても良かったです!1日6粒を3回に分けて飲んで、飲み始めて2日目から効果を実感できました。

注意点

ミドリムシには、高い整腸作用があるので下痢や腹痛を起こす可能性があります。このため、特に妊婦さんは、まず医師に確認をしてから飲むことをおすすめします。また、妊娠初期には過剰摂取しないように用法・用量を守ってください。

私が使用したユーグレラは、通っているカイロプラクティックの先生から買ったサプリメントです。通販では売られていないようです。

便秘解消法を実践した結果

薬を使わず便秘解消!毎日自然なお通じが

4つの便秘解消法を3週間実践した結果、1日に2回便通が来るようになりました。これまでは、2~3日に1度のお通じだったので、驚きです!

腹痛もなく自然なお通じが得られたので、便秘薬をもらう必要がなくなったのも良かったです。

便秘解消は水分補給と運動が大切

便秘を解消させるには、デトックスサプリメントや食物繊維を摂るだけではダメです。水分をたっぷり摂ったり体を動かして腸に刺激を与えたりすることで、便秘は解消されます。

今回紹介した私の便秘解消法で、少しでも妊婦さんの便秘のお悩みが減れば嬉しいなと思っています。妊娠中の便秘にお困りの方は、ぜひ試してみてくださいね。妊婦さんが、ゆったりと楽しいマタニティライフを送れることを願っています。

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事