109c63e9b1d9cf9a

食べ過ぎた翌日に胃腸を休める「リセットごはん」レシピ3選

夕飯を食べすぎたり、食べる時間が遅くなったりして、翌日なんだか胃腸が重い…という経験はありませんか?そんな日に私が実践しているのが、リセットごはん。今回は、食べすぎた翌日におすすめのリセットごはんレシピを3つご紹介します。

カテゴリー:生活習慣  投稿日:2018/01/21

女優・モデル・ヨガインストラクターの真旗 慶子です!

F7e8bb0902341da1

by F812f959281aff46 真旗 慶子

みなさま、こんにちは。女優・モデル・ヨガインストラクターの真旗 慶子です。

食べすぎた日の翌朝や、夜遅くに食べてしまった日の翌日は、なんだか1日中胃腸が重い感じがしませんか?私はときどきそんな日があり、その度に「昨日あんなに食べるんじゃなかった〜!」と、前日の夜を悔やんでいます。

なかなかお腹が空かなかったり、食べ始めてもうまく消化できなかったり…身体が重いと思考もちゃんと働かず、動作も鈍くなってその日1日が台無しに…なんて経験をこれまで何度かしてきました。

そこで今回ご紹介したいのが、そんな日に私が実践していた、おすすめのリセットレシピです。

食べすぎた翌日におすすめ!リセットごはん3選

今回は、「食べすぎた次の日におすすめのリセットごはん3選」をご紹介します!

早速、その作り方を見ていきましょう。

①玄米かぼちゃ粥

C7286034c3c7900e

by F812f959281aff46 真旗 慶子

材料(2人分)
かぼちゃ 1/4個(約50g)
にんじん 1/2本(約30g)
玄米(七分付きか白米でも良い) 1合弱
400cc〜好みの量
好みの量
作り方
①かぼちゃとにんじんは一口大に切ります。
②玄米を洗って鍋に入れ、水を加えて火にかけます。
③玄米がある程度柔らかくなったら、かぼちゃとにんじんを入れてさらに煮ます。
④具が柔らかくなったら、お好みの量の塩をまぶします。

かぼちゃの甘みが引き立つかぼちゃ粥。

かぼちゃは、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEなどの、抗酸化作用に役立つ栄養素が詰まっています。熱に強いので、煮たり焼いたり炒めたり、油を使った料理などの調理法で栄養の吸収率がUPします。食べすぎて疲れている胃腸や身体の回復にはおすすめの食材です。

根菜は身体を温めてくれる作用もあるため、内臓からしっかりと身体が温まり、胃腸の冷えを緩和してくれます。

②ミックスビーンズ玄米粥にんじん乗せ

93cf0c4e845deb23

by F812f959281aff46 真旗 慶子

材料(2人分)
ミックスビーンズ 1缶(110g)
にんじん 約10g
玄米(七分付きか白米でも良い) 1合弱
400cc〜好みの量
好みの量
作り方
①にんじんを3~5mm幅のいちょう切りにする。
②玄米を洗って鍋に入れ、水を加えて火にかけます。
③玄米がある程度柔らかくなったら、ミックスビーンズを入れてさらに煮ます。
④具が柔らかくなったら、お好みの量の塩をまぶし、いちょう切りにしたにんじんを飾ります。

ミックスビーンズの食感と米粒の食感を楽しむことができるリセットごはんです♪

噛みごたえがあり、お米は少ない量でも、ミックスビーンズのさまざまな食感から十分に満足できるので、ダイエット食としても◎

豆類は女性ホルモンの分泌を助けるため、ダイエット中や忙しい時期に不足しがちな栄養を摂取することができます。

③トマト煮込みうどん黒胡椒がけ

F4f794211dc98dab

by F812f959281aff46 真旗 慶子

材料(2人分)
ホールトマト缶 1/2缶(約200g)
ちぢみ菜 約50g
しめじ 約60g
好みの量
うどん 200g
好みの量
ブラックペッパー 好みの量
作り方
①ちぢみ菜は約3cmの長さになるように切ります。しめじは洗って房を分けておきましょう。
②お鍋にホールトマトを入れ、好みの量の水を加えて煮込みます。
③②が沸騰したら、ちぢみ菜、しめじ、うどんを全て入れます。
④うどんの袋に記載の通りに茹で上げます。
⑤うどんが茹で上がったら、お椀に移し、ブラックペッパーをかけます。

トマトの代表的な栄養素であるリコピンは、抗酸化作用に優れています。

疲労回復や老化防止、美肌効果など、さまざまな良い効果をもたらしますが、実はそのリコピン、生のままよりも、熱を通していただいたほうが、たくさん摂取できるということをご存知ですか?

抗酸化作用抜群のトマト煮込みうどんは、熱を通しているから栄養満点です!

リセットごはんで胃腸を休めよう!

以上、私が実践しているリセットごはんレシピをご紹介しました。

食べすぎた次の日に、上記のレシピを作ってゆっくりとお汁までいただきながら、胃腸をしっかりと休めてくださいね。

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

人気記事