Edecf285b7b5a208

温冷浴ダイエットで痩せ体質に!1年続けた効果&続けやすい方法

手軽にできて、毎日の習慣にしやすい「温冷浴」。冷え症に悩む女性には、ぴったりのダイエット方法です!温冷浴で血行を促進して、痩せ体質に導きましょう。ダイエットにも健康にもいい結果が期待できますよ!

カテゴリー:生活習慣  投稿日:2018/01/31

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium c05e7457d3fee6d9

普段から半身浴はよくしてたけど…

7643bff7531bd224

by 7ada288ccbdf5d33 hiromi

2人目を出産後、「1人目で戻らなかった体を今度は戻してやる!」と意気込んだものの、気が付けば産後5ヶ月経ち、体重は58kgに!さすがにヤバイと思い始め、産後ダイエットをスタートしました☆

色々と試した結果、筋トレなど気持ち的に辛いことはやめて、最終的には食事や普段の姿勢などを見直して、普段の生活をダイエットにしていこうとシフトチェンジ(^^)その時に、食事などの他にも取り入れてやっていたのが半身浴でした。

そんなある日、Instagramで交流のある方から、「半身浴も良いけど、温冷浴の方が効果的ですよ!」と教えていただき、実戦!今日はその温冷浴のやり方やポイント、効果やデメリットなど、実際に1年近く続けているからこそ分かることをお伝えしようと思います。

なぜ温冷浴がダイエットに効果的なのか?

温冷浴は、体を温めたり冷やしたりを交互に繰り返す入浴方法です。それには以下のような効果があります。

  • 血管が収縮して血行が良くなる
  • むくみの改善
  • 自律神経の乱れの改善
  • 免疫力アップ
  • 脂肪を運び出しやすくなる
  • 美肌効果

毎日入るお風呂なので、実践しやすいのもいいですよね!ダイエットや健康面でもいい点がたくさんあるので、ぜひ日々の習慣にできると効果もアップしそうです。

温冷浴のやり方と注意点

温冷浴のやり方は、とても簡単!以下を参考に、ぜひ挑戦してみて下さいね。

温冷浴のやり方

6fa7c5aa2031abf5

by 7ada288ccbdf5d33 hiromi

やり方
①42℃くらいのお風呂に5分つかる。
②水に近いくらいのぬるめのシャワーで、足先から肩のところまで掛かり、冷ます。
③これを1セットとし、3セットほど繰り返す。

せっかくお温冷浴をするのなら、入浴剤を入れて効果をアップしてあげるのも1つのポイントです☆そこで、私はエプソムソルトという硫酸マグネシウムを入れて入ってます。エプソムソルトには、以下のような効果が期待できます。

  • 体を芯から温めることができる
  • 発汗作用
  • デトックス効果
  • 美肌効果

また、塩ではないので風呂釜や浴槽をを傷めることもなく、赤ちゃんから入浴可能なので安心して使うことができます。ただしエプソムソルトを使った時は、20分以上入らないようにと注意書きがあるので気をつけてください。

シークリスタルス 国産 エプソムソルト(硫酸マグネシウム)

569370d9cc6b47fb

by 7ada288ccbdf5d33 hiromi

無色無臭で、肌への刺激もありません!お風呂に入れると白く濁り、また透明になります。こちらの商品は、国産なので安心して使うことができます。

温冷浴の注意点

そして、温冷浴での注意点ですが、体調の悪い時や温冷浴をしていてキツイなと思った時は無理をせずに上がってください。体調が悪い時などは、思っている以上にのぼせやすくなっているので倒れる場合もあります。

温冷浴を1年程続けた結果

7539aa036c992f46

by 7ada288ccbdf5d33 hiromi

温冷浴を1年間継続して、私が感じている効果やメリットは以下の通りです。

  • 簡単なやり方なので、長期間継続して行うことができる。
  • 多少の食べすぎでも体重がすぐ戻るようになった。
  • 発汗作用があるので、代謝がアップした。
  • ストレスを緩和することができる。
  • 夜ぐっすり眠ることができる。

普通の半身浴よりも発汗作用がよく、体も温まり、5分入ってシャワーを浴びるという簡単な方法だったので、なんと1年間も続けることができています!また、温冷浴を続けたおかげで身体のめぐりもよくなり、多少食べ過ぎてもすぐに戻るようになりました。

食事の見直しやストレッチをするだけではなく、毎日入るお風呂でもダイエット要素を取り入れることで習慣化しやすく、ダイエットの効率もアップさせることができるので、温冷浴は本当におすすめだと思います!健康のためにも、継続させたい方法だと感じました。

温冷浴を続ける3つのポイント

私は1年間という長期間、温冷浴を続けることができたのですが、以下の点を意識して行っていました。

入浴前後で体重は計らない

今回この記事を書くことで、体重を測ってみようかなとも思いましたが、私は温冷浴を始めた当初から体重は計らないと決めていました。その理由は、ダイエット目的でやってはいるのですが、あくまでも長く続けて体の流れを良くすることを目的としていたからです。

どんなダイエットでもそうですが、体重が減った減らないで気分が浮き沈みするのも嫌だし、体重が減らないと気分が落ちたことで、せっかく痩せやすい体になったとしても、気持ちがついていかなければ体も変わってくれません。

なので体重にとらわれず、温冷浴をすることで体の芯から温まり、むくみも取れ体がスッキリすると思いながら入るようにしています(^^)リラックスしてストレスを開放することも、ダイエットをする上でとても大切だと思います!

体調を見てセット数を変える

1回の入浴で3セットとしていますが、体調を見て大丈夫そうであれば4セット~5セットと行うようにしていました。ただ、3セット以上するとのぼせて疲れてしまうので、決して無理はせずに自分の体と相談しながら行っています。

あまりルールに縛られすぎないことも、ダイエットを継続させるポイントのひとつです。

たまには半身浴も混ぜてリフレッシュ

実は、温冷浴を始めた頃は毎日やっていたので、シャワーを浴びることで水道代が上がってしまった…というデメリットがありました(^^;

なので、今は温冷浴の回数を週に3回程度に減らし、それ以外の日は半身浴に切り替え、リラックスして入るようにしています。費用がかからないようにダイエットを行う工夫も大切です。

血行促進はダイエット・健康面で効果的!

血行を良くすることで、ダイエット以外にも冷え性改善・リラックス効果など健康面でもいい効果を出してくれる温冷浴。手軽で今日から実践しやすい方法なので、気になる方はさっそくチャレンジしてみてください!

無理をしてのぼせたりしないように、体調にはくれぐれも注意して行ってくださいね!

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事