3910a4e28d82fee6

肩甲骨をほぐすダイエットで減量成功!ストレッチ方法を紹介

肩甲骨ダイエットという方法を聞いたことありますか?肩こりの原因でもある肩甲骨周りのコリをほぐすことで、血流が良くなりダイエット効果もあるそう!普段から疑り深い私は、実際に肩甲骨ダイエットに挑戦!肩甲骨のストレッチ法や結果を紹介します。

カテゴリー:運動  投稿日:2018/03/21

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium a7583d6ac2ed61c6

肩甲骨ダイエットとは

ストイックなダイエットに挑戦するのはちょっと苦手。あわよくばラクして瘦せられたら…という超マイペースな私。そんな私が今回気になったのは、あまり聞きなれない「肩甲骨ダイエット」です。

肩甲骨ダイエットは、朝晩2回肩甲骨を動かすことで褐色脂肪細胞に刺激を与え、脂肪を燃焼させるというダイエット法。肩甲骨から肩回りの血流を良くするので、痩せるだけでなく猫背改善にも役立ちます。

超セレブも肩甲骨ダイエットを提唱している!

肩甲骨ダイエットを成功させた有名人には、タレントのはるな愛さんがいます。2009年にタイで開催された国際ニューハーフ美人コンテストで優勝した時に、肩甲骨ダイエットを取り入れていたそう。しかし、他にも有名なエステサロンにも通っていたようなので、相乗効果かもしれません。

その他にも、パリコレのモデル経験者で超セレブ妻のアンミカさんも、褐色脂肪細胞を刺激して燃焼させることを提唱していました。スタイルが良くてきれいな人が実践しているという肩甲骨ダイエットなら、なんだか期待が持てますね!

肩甲骨ダイエットの鍵を握る褐色脂肪細胞とは

肩甲骨ダイエットの鍵は、肩甲骨周りの「褐色脂肪細胞」に刺激を与えることにあるそう。「脂肪」といえば白いイメージですが、白い脂肪はいわゆる体脂肪や皮下脂肪など、肥満につながる脂肪のこと。人間の体には、白くない脂肪もあり、その色が茶色~褐色なので、褐色脂肪細胞と呼ばれます。

褐色脂肪細胞の働き

人の体で褐色脂肪細胞が一番多いピーク時は赤ちゃんの時で、その後は加齢とともに減っていきます。体の前面で言えば、首から脇にかけてとおへそまでの中心部分、背面は首から肩甲骨にかけてと腎臓の周りにあります。

褐色脂肪細胞は、体の中でエネルギーを消費して体温を上げる役割を果たしているそう。褐色脂肪細胞が多い肩甲骨周りをほぐすことで太りにくい体を目指します!

肩甲骨ダイエットの方法を詳しく紹介!

肩甲骨ダイエットを始める前のセルフチェック

2061936e25b55418

by D2ae002065874fac kazumi

肩甲骨ダイエットを始めるにあたり、まず自分の体を知ることが大切だと思い、次の方法で肩甲骨周りの状態をチェックしてみました。

  1. 両手を体の横にダランと垂らして立つ
  2. そのままの姿勢で、両腕を後ろに回して腕を組む
  3. 腕組みは、右左両方で行う

私の場合、左腕を上にして右腕で支えるポーズはスムースにできたのに対して、その逆の右腕を上にして左腕で支えるポーズの時に、右肩にビリッと電気が走ったような感覚がありました。どうやら右肩と肩甲骨まわりが固まっていたようです。

肩甲骨ダイエットを始める前からかなりのショックを受けましたが、現状を重く受け止めて、前に進むしかありません。凝り固まった肩甲骨をほぐす方法を実践してみました。

肩甲骨ほぐしに挑戦

0ee160eeb637991b

by D2ae002065874fac kazumi

方法
①お腹に空気を入れるように息を吸いながら右ひじを後頭部につけ、右ひじを左手で軽く押さえる
②右ひじを左手で押さえたまま、右の手のひらを背中の中心に乗せるようにして20~30秒で息を吐き切る
③手を替えて左右逆に①~②を行う(左右で1セットとし、5セット行う)
④お腹いっぱいに息を吸いながら右腕を反対の左側に真一文字に伸ばし、左腕を曲げて右腕を挟み込む
⑤右腕を挟んでいる間、20~30秒くらいを目安に息を吐く
⑥腕を替えて左側でも行う(左右で1セットとし、2回行う)
⑦前に10回、後ろに10回、両肩を回す

セルフチェックで右肩が固まっていたことを踏まえて、初めの1週間は肩回りを動かす軽いストレッチという感じでスタートしました。無理せずと心がけて、呼吸にも気をつけました。

無理なく行う肩甲骨ストレッチ

方法
①正座をして両手を前に伸ばし、背中を丸める。腕を伸ばしたときに、息を吐く。
②ひじを曲げて息を吸いながら、腕を後ろにグッと引く。
③両手を頭上に伸ばす。
④ひじを曲げながら、腕を下にグッと降ろす。
⑤①~②、③~④の運動を、それぞれ10回ずつ行う。

ストレッチの延長ということで、動画を参考にしながら肩甲骨のストレッチも行いました。肩甲骨周りを無理に動かして筋を痛めてはいけないと考えて行いましたが、やって良かったです。

私がこの肩甲骨ダイエットを始めた時期は年末で、忘年会やクリスマスパーティーなどが重なりました。飲んだり食べたりの機会が多く運動不足になりがちでしたが、忙しい中でも時間を見つけて肩甲骨のストレッチをすることでコリをほぐせました。

10日間の肩甲骨ダイエットの結果

752a6bc09f073a7b

by D2ae002065874fac kazumi

肩甲骨ダイエットを始めた時は肩甲骨が固まりすぎていて、肩を回すとバキバキと音がしてしまい、家族からも「今、何かヘンな音しなかった?」とビックリされて、恥ずかしい思いをしました。それでも、起床時に1回、夜寝る前に1回と、肩甲骨ダイエットを10日間続けてみました。

10日間で1.5kgの減量に成功!

仕事もプライベートも忙しくなる年末のタイミングでダイエットを行うのは、スケジュール的にも体力的にも結構きつかったです。しかし、頑張って10日間続けることで、結果的に1.5kgの減量に成功しました。肩甲骨を動かすだけで、この効果は凄いかも!

身体があたたまり、肩甲骨周りがほぐれた!

たった10日間でしたが、肩甲骨回しをしていると体がポカポカしてくるのを感じました。そして、凝り固まっていた肩甲骨周りの筋肉がほくれ、肩がパキパキと音がすることもなくなりました。

肩甲骨ダイエットで代謝をあげて痩せやすい体を作ろう!

今回、10日間の肩甲骨ダイエットで-1.5kgという成果がありました。肩甲骨を回すと肩や背中のコリがほぐれるだけでなく、体がポカポカして代謝があがり、痩せやすくなります。隙間時間で行える肩甲骨ストレッチを習慣づけて、気持ち良くダイエットをしてみてくださいね。

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事