82c07946fcb45c1b

ヨガ講師も実践!下半身の筋肉を鍛えて代謝を上げるポーズ3選

冷えからくる代謝の低下に悩む女性は多いですよね。特に下半身は冷えやすいので、むくみやセルライトが溜まりやすくなってしまいます。そこで今回は、筋肉を鍛えて代謝を上げるヨガポーズを3つご紹介します。冷えを解消しながら、美脚も手に入れましょう!

カテゴリー:運動  投稿日:2018/02/20

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium a21b0c2a1e467282

ヨガで筋肉を鍛えて代謝アップ!美脚効果も

Fcb76105802b5b3f

by 934e5421d1412165 高野 真利

こんにちは。ヨガインストラクターの高野真利です。

冬の寒さやクーラーの冷えなど、寒いと代謝の低下に悩まされている方も多いのではないでしょうか。特に女性は筋肉が少ないため、下半身の血流が悪くなることでむくみが出やすく、セルライトなども溜まりやすくなってしまいます。

そのため、足の筋肉を鍛えて代謝を上げ、血流を促す事が大切になります。でも、足の筋肉を鍛えると太くなりそうでちょっと…と思っていませんか?

正しい方法で鍛えれば脚は細くなる!

私は学生時代バレーボール部で、太ももはパツパツ、ふくらはぎは筋肉隆々。何よりも脚がコンプレックスでした。ヨガをするようになってからも、バランスのポーズや脚を使うポーズをすると脚が太くなるのでは?と思い避けていた頃もありました。

ですが正しい脚の使い方でヨガを続けたところ、太くなるどころか大きな筋肉は落ちていき、以前に比べるとかなり脚が細くなりました!

代謝アップ&冷えの解消にも

太ももやお尻の筋肉は、体の中でも特に大きな筋肉。大きな筋肉を鍛えることは基礎代謝を上げるためにとても有効ですし、ダイエットの天敵でもある冷えの解消にも効果的です。

そこで今回は下半身の筋肉をしっかりと使い、体を温めてくれるポーズをご紹介します。

代謝を上げるポーズ① ウトゥカタアーサナ(椅子のポーズ)

688eec6bada84fa2

by 934e5421d1412165 高野 真利

方法
①足を揃えて立つ。
②ゆっくりと膝を曲げて、出来るだけ腰を落とす。
③両腕を上げ合掌し、目線を指先に向ける。顎を上げ過ぎると首が詰まるので注意。
④そのまま5呼吸ほどキープする。

下半身の大きな筋肉をしっかりと使いながら、体幹の強化にも繋がる椅子のポーズです。

ウトゥカタアーサナのポイント

  • ②で腰を落としたときは、重心が足裏に均等に乗るように意識する。
  • 背中を反らせすぎないよう、骨盤を立てておく。
  • 膝は、つま先よりも前に出ない位置でキープする。

膝同士をしっかり合わせてキープすると、内腿に効きます!太腿が温まるような感じがあると、とても良いです。

代謝を上げるポーズ② ハイランジ

2b3495dcd60c175a

by 934e5421d1412165 高野 真利

08ef5628725813b3

by 934e5421d1412165 高野 真利

00d1e252c4c56df3

by 934e5421d1412165 高野 真利

A89544ccb736daa2

by 934e5421d1412165 高野 真利

方法
①先ほどのウトゥカタアーサナから両手を床につき、左足を大きく後ろへステップする。
②両手を腰に置き、ゆっくりと上体を起こす。
③右足を90度まで曲げ、左足の踵を後ろの壁に向かって押すようにし、マットを前後に引き裂くようにしてバランスを取る。
④③でバランスが取れている場合は、そのまま両腕を天井に向かって伸ばし、5呼吸ほどキープする。

両脚をしっかりと使いながらバランスをキープする事で代謝を上げ、股関節の柔軟性も高めてくれるポーズです。慣れないうちは、③の状態でキープしてもOKです!

ハイランジのポイント

  • ウトゥカタアーサナと同じように背中の反りすぎに注意し、骨盤を起こしてキープする。
  • 前の足の母指球を床へ押して、膝がかかとの外に行かないよう内ももを使う。

後ろの足を忘れがちになるので、しっかりとかかとを押し続けるのもポイントです。

代謝を上げるポーズ③ ツイストランジ

Fec90c1cb6d3c11e

by 934e5421d1412165 高野 真利

3a1d9346ab1c1458

by 934e5421d1412165 高野 真利

方法
①先ほどのハイランジから、両手を床につく。
②右手が肩の真上に来るようにあげ、5呼吸ほどキープする。
③終わったら右手を床に戻し、左足を前にステップして足をそろえて立ち上がる。

最後は、ツイストを加えて内臓を活性化する効果をプラスします。さらに代謝アップへつなげていきましょう!

ツイストランジのポイント

  • ②のときはヘソを背骨のほうに近づけるようにし、下腹部を引き上げてキープする。
  • ツイストが入ることで右のお尻が前に出て来やすくなるので、骨盤は出来るだけ平行に保つ。
  • ツイストが入ると更に膝が外に行きやすいので、しっかりと母指球を床へ押す。
  • 後足の意識が抜けやすいので、かかとを後ろの壁に向かって押し、太ももの付け根を床から離しておく。

ここまで終わったら、最初のウトゥカタアーサナから始めて、左側も同様に行いましょう。

朝5分のヨガで、気持ちよく1日をスタート!

気温が低かったり空調で体が冷えたりすると、代謝も落ちやすくなります。ぜひお出かけ前に全身を使ったヨガで、大きな筋肉を活性化しておきましょう。一日中代謝の良い体で過ごせるようになりますよ。血流が良くなり、頭も冴えて仕事が捗ること間違いなしです。

朝の5分で代謝を上げ、気持ちよく一日のスタートを切りましょう!

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事