9155d56876854dfe

産後ダイエットで17kg減!成功に繋がったヘルシーレシピ4選

妊娠中の自宅療養期間に食欲に負け、16kgも増えてしまった私。ですがヘルシーレシピと簡単な運動で、見事-17kgの産後ダイエットに成功しました!ここでは私の産後ダイエット成功に繋がった、家族にも嬉しいヘルシーレシピをご紹介します!

カテゴリー:産後・その他  投稿日:2018/02/24

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium f6c114655c019018

ヘルシーレシピで産後ダイエット成功へ!

0a7e5fd27a5d947a

by E622d2c2df78cf09 miki

看護師として約10年間勤務し、身体や健康に関する情報が大好きな1児(2歳)の母、mikimamaです。

私は、切迫早産と切迫流産が原因で長期の自宅療養生活が必要でした。そこで食欲に負け、妊娠中になんと16kg増。しかしジムへ行くこともなく、簡単な食事と日常生活の運動だけで1年で17kgの減量に成功しました!

産後は、慣れない育児と不規則な生活が続きます。立ったままお惣菜パンを頰ばり、眠くてだるい。お料理をしたくない!お料理をする時間があるなら、横になりたい!赤ちゃんが眠っている間は溜まった家事!育児経験のある方なら、誰もが通る道ではないでしょうか。

ですがそんな生活でも、母乳のためにきちんとした食事をしたいですし、妊娠中に増えた体重も減らしたいですよね。ここではそんな方にオススメの、とても簡単なヘルシーレシピをご紹介します。

ヘルシーレシピ① 具沢山お味噌汁

8f775e95b211b2c7

by E622d2c2df78cf09 miki

材料
味噌
お好みの具材(フリージング推奨)
作り方
①鍋に水を入れ、火にかける
②具材を入れ、具材に火が通ったら、火を止めて味噌を溶かす
1b58a3eebcdb03e3

by E622d2c2df78cf09 miki

お味噌汁を具沢山にすると、副菜に悩む必要がなくなります。たくさんの野菜などを、お味噌汁に入れていただきましょう!

私のオススメは、具材をフリージングしておくこと!特にきのこ類は、冷凍したほうが栄養価もうまみ成分もアップするんですよ。色々な野菜や油揚げをまとめてカットし、ジップロックに入れて冷凍保存しておきましょう。作るときも入れるだけでOKですし、洗い物も少なくなります。

886b15b94c07bde5

by E622d2c2df78cf09 miki

寒い時期には、身体を温める根菜類がオススメです。ダイエットに冷えは大敵なので、身体を冷やす食材を控え、身体を温める食材を積極的に取り入れてみてください。ごぼうは肉と相性が良いので、ささがきにして豚汁にしたり、ごま油で豆腐を炒めてけんちん汁にしたりするのも美味しいですよね。

ヘルシーレシピ② 豚とレンコンのボリュームきんぴら

B129d7f3ea3fe4ce

by E622d2c2df78cf09 miki

材料(4人分)
豚こま切れ肉 400g
レンコン 2節
まいたけ 1パック
少々
ごま油 大さじ1杯
サラダ油 大さじ1杯
七味唐辛子 適量(お好みで)
塩・粗びき黒胡椒 適量
●酒 大さじ3杯
●しょうゆ 大さじ1と1/2杯
●オイスターソース 大さじ1と1/2杯
●砂糖 大さじ1杯
●みりん 大さじ1杯
●片栗粉 小さじ1/2杯
●白炒りごま 大さじ2杯
作り方
①豚肉に塩と黒胡椒を振る。レンコンは皮を剥いて5cmほどの棒状に切り、酢を入れた水に3分ほど晒す。まいたけはほぐす。●の調味料を混ぜて、タレを作る
②フライパンにごま油を熱し、強目の中火でレンコンを炒めて取り出す
③サラダ油を加えて豚肉を炒め、まいたけ→レンコンを加える
④タレを加えて、全体的に加える。好みで七味唐辛子を加える

体重減少のためには、体温を上げて基礎代謝を上げることも大切!そこで、代謝アップと脂肪燃焼に効果的な食材を使ったレシピをご紹介します。

体温を上げる根菜類を積極的に使用し、脂肪燃焼作用のあるL-カルニチンを含む豚肉(赤身)を使用しています。疲労回復物質のビタミンB1も入っているので、産後の疲れやすい身体にピッタリのレシピです。家族も喜ぶ味付けで、ボリューム満点の一品ですよ。

フライパンで炒めるときは、まずレンコンを炒めて取り出し、豚肉をほぐしながら中火で炒めましょう。豚肉の色が変わったら、まいたけを加えてさっと炒め、まいたけに油が馴染んだらレンコンを戻します。七味唐辛子を入れるとアクセントになるので、お好みで加えてください。

ヘルシーレシピ③ 大根サラダ

C77e56ff08d42727

by E622d2c2df78cf09 miki

材料(1人分)
大根 3cm程度
大葉 1/3枚
梅干し 1個
豆腐 1/4丁
ごま 適量
ドレッシング お好みで
作り方
①大根と大葉を千切りにする
②梅干しはたたき、豆腐は一口大に切る
③①に②とごまを乗せる

大根のシャキシャキ感と大葉と梅のさっぱり感で癖になる美味しさ、私が大好きな組み合わせのサラダです。このレシピのポイントは、ごまと豆腐。

ごまは、成分の約半分が脂質。この脂質はリノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸のため、免疫力向上やコレステロール値低下作用が期待できます。ごまに含まれる油は、血液をサラサラにしてくれるんですね。

またごまには、必須アミノ酸を含む良質のたんぱく質も多く含まれています。豆腐にも良質のたんぱく質が豊富に含まれていますので、不足しがちなたんぱく質の補給にピッタリです。また、すりごまには食物繊維も含まれているので、産後の便秘改善にも効果が期待できますよ。

ぜひお好みのドレッシングで召し上がってください。私のオススメは、和風ドレッシングです。

ヘルシーレシピ④ 豆腐きな粉もち

4c93072abf306c8a

by E622d2c2df78cf09 miki

材料(4人分)
無調整豆乳 1カップ
片栗粉 大さじ4杯
砂糖 大さじ3杯
きなこ 大さじ2〜3杯
作り方
①鍋に豆乳・片栗粉・砂糖を入れて木べらで混ぜ、火にかけてもち状になるまでゆっくり練る
②濡らしたスプーンで①をすくって、きな粉を絡める

最後は、デザートです。産後はホルモンバランスや生活サイクルが乱れがちになりますから、ストレス解消や癒しを求めて甘い食べ物が食べたくなりますよね。とはいえ産後ダイエットや母乳を考えると、砂糖やクリームたっぷりのスイーツには手が出しにくいところです。

そんなときには、この大豆イソフラボンを含む豆乳やきな粉を使用したスイーツを活用してください。大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、体調が良くなったり、ダイエットなどの効果が出やすくなったりする効果が期待できますよ。

今回のレシピは砂糖を使用していますが、オリゴ糖やはちみつをで代用しても美味しいです。

今回ご紹介したレシピは、どれも簡単なのに美味しいものばかり。産後の身体に嬉しい食材ばかりを集めたレシピなので、ぜひ作ってみてくださいね。もちろん最後ダイエットだけではなく、どんなダイエット法にも組み合わせられますよ。

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事