8fdea4239a47410b

料理嫌いな私でも簡単調理!痩せやすい食材を使ったレシピ5選

カロリーだけを気にした食事は、実は痩せにくい体を作っている可能性も!健康的にダイエットをしたいなら、カロリーよりも、栄養に注目しましょう。今回は、痩せやすい体を作る栄養素を含む食材を使った、料理嫌いでも簡単に作れるレシピを5つ紹介します。

カテゴリー:生活習慣  投稿日:2018/03/02

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium 4e4a8e173ee02fa0

カロリーよりも栄養重視の食事を

C5e02ffdf48507ef

by C621ecd94c508b63 ゆうぶう

昔はカロリーも気にせず食事を摂っていて、今になってそのツケが回ってきているゆうぶうです。

しかし、カロリーだけを気にしていると、栄養バランスが崩れ、かえって痩せにくい食事を摂っている可能性もあります。今ではカロリーよりも、栄養素などの成分を考えて食事を摂るようにまで成長しました。

必ず痩せる食品というものはありません。ですが、体の中を綺麗にしてくれたり、代謝を上げてくれたりすることで、痩せやすくなると言えるであろう食品はいくつか存在します。

それらの食品を使って、料理嫌いな私でも簡単にできるお料理をご紹介します。

痩せやすい体を作る!おすすめ食材を使った簡単レシピ5選

それでは、痩せやすい体になるために積極的に摂りたい栄養素を含む食材を使った、簡単なレシピをご紹介していきます。

①たんぱく質豊富!「鶏胸肉」で簡単鶏ハム

0980587cbb45d135

by C621ecd94c508b63 ゆうぶう

材料
塩(塩コショウでも可) 少々
砂糖 少々
ゆず胡椒(お好みのハーブや調味料) 適量 
作り方
①鶏胸肉の皮を取り、塩と砂糖を塗る
②袋に入れて揉み込んで、冷蔵庫で20~60分置く
③冷蔵庫から出して、ゆず胡椒を塗る
④ラップできつく巻いて袋に入れ、冷蔵庫で1日置く
⑤1日置いた鶏肉をラップのまま冷たい水の状態から鍋に入れて、火にかける
⑥沸騰したら4分ほど茹で、そのまま蓋をして8時間放置する

筋肉を作り、体の代謝に関係するたんぱく質。私は、鶏胸肉をよく食べます。満足感も得られて、工夫次第でおいしい一品が無限にできる、すばらしい食材です。しかし、私は料理が嫌いなので、簡単なものしか作りません。そこで、今回は鶏ハムをご紹介しました。

②は省略しても大丈夫です。鶏肉はゆっくりと火を通すことで、柔らかくてハムのような食感になり、おいしく食べることができます。サラダにも、常備菜としておかずにもなる万能食材です。

②食物繊維を「きのこ」でおいしく!レンチン温野菜

A8166c505e039e4b

by C621ecd94c508b63 ゆうぶう

材料(1人分)
きのこ お好きなだけ
ブロッコリー 2~3切れ
にんじん 3分の1
その他お好きな野菜 お好きなだけ
塩コショウ 適量
粉チーズ 少々
作り方
①野菜類は一口サイズに切って洗う(にんじんは火が通りにくいので、小さめ推奨)
②にんじんのみ電子レンジで1分加熱する
③にんじんの加熱が終わったら、すべて混ぜて耐熱皿へ入れる
④野菜に塩コショウを混ぜ、最後に粉チーズを少しかける
⑤電子レンジで2分加熱しできあがり

ダイエット中に絶対に取り入れたいのが、食物繊維です。食物繊維はやはり野菜から摂るのがベストだと思います。私は、きのこ類が一番レパートリーも多く応用が利くので、食べやすいかなと思います。きのこ自体はカロリーも低く、栄養も豊富です。

ですが、きのこは油を使う調理方法だと油を多く吸収してしまうので、注意が必要です。また、その他の野菜に関して、生野菜は体を冷やすので、できればホットな状態で召し上がっていただきたいです。

野菜は冷たい状態よりも、ホットな方が体を温めてくれます。特に、お湯よりも電子レンジの方が栄養素を逃がしにくいのでおすすめです(^^)

③低カロリーで高たんぱくなダイエットの味方!「おから」蒸しパン

Bb1333147177eac4

by C621ecd94c508b63 ゆうぶう

材料
おから粉 20~30g
ベーキングパウダー(少量なら小麦粉も可) 小さじ1
1個
オリーブオイル 小さじ2
砂糖または蜂蜜(プロテインでも可) 大さじ1
水(牛乳または豆乳) 150~200ml
作り方
①材料をすべて混ぜる
②タッパーなどの電子レンジで使える容器に移す
③楊枝がスッと入るまでチンする(様子を見ながらお好みで。私は約4分)

おからは、高たんぱく低カロリーのダイエットには欠かせない食品です。最近は生おからだけでなく、おからの粉というものも売っています。これを使って、おいしい蒸しパンを作ります。

オリーブオイルを入れることで柔らかく、ふんわりとした蒸しパンになります。あまりにもパサパサしてしまう場合は、お水を増やすか、小麦粉を少し混ぜてもいいと思います。さらにバニラエッセンスを入れれば、スイーツに早変わり。ダイエット中のパンを食べたい衝動を抑えてくれます。

④日本人の強い味方!発酵食品代表「納豆」

353748ae521dd20d

by C621ecd94c508b63 ゆうぶう

材料
納豆 1パック
少々
からし お好みで
ごま・オリーブオイル・青海苔など お好みで
作り方
①たれを使わず、塩をふりかけて混ぜる(からしはお好みで)
②お好みでゴマなどをかける

料理嫌いの私が、簡単に食べられる体にいい食品の代表と考えているのが、納豆。安く手に入るし、混ぜるだけで本当においしい!こんな食品を考えてくれたご先祖様に感謝です。

簡単なのにおいしすぎるレシピです!私はたれを使わず、お塩で食べることが多いですが、十分おいしいです。もちろん、付属のたれを使っていただいてもかまいません。

⑤エネルギーチャージ・代謝促進には「ご飯」が不可欠!おかゆ

8131a048cd8420f6

by C621ecd94c508b63 ゆうぶう

材料
ご飯(雑穀米や玄米でも可) 100~120g          
お酒 小さじ1
塩(醤油でも可) 小さじ1
250ml
作り方
①炊いた後のご飯を、お水とお酒で煮る
②お水が少なくなり、ぷくぷくしてきたら塩または醤油で味付けする

ダイエットを始めると、糖質制限やカロリー制限などで一番初めにカットされるのが、炭水化物であるご飯。しかし、すべてをカットしてしまうと、かえって痩せにくくなってしまいます。

炭水化物は体のエネルギー源です。エネルギーがなければ体は飢餓状態に陥り、どんどん食べ物を欲してしまい、食欲は増すばかり!そんな負の連鎖を途切れさせてくれるのが、案外ご飯だったりします。

炊飯器でおかゆの設定で炊いても問題ありません。白米オンリーよりも、雑穀米や玄米などを混ぜれば、カロリーも抑えられ、血糖値の急激な上昇も緩やかにしてくれます。見た目も華やかになるので、満足感もアップします。

お野菜などを入れて雑炊にしてもOK。食物繊維も摂れる上に、大根おろしなどを入れれば消化促進にも有効です。ぜひ試してみてください(^^)

食べるものを選べば自然と体は健康に

今回紹介したのは、日本の食文化に基づいたものが多いです。それだけ日本食というのは体に良いことがわかりますし、ダイエットの強い味方なのです。

食べるものを、カロリーだけでなく栄養素としてみてあげることで、体はどんどん変わってゆきます。私はここに挙げた食材を、必ずどれか一つは毎日食べています。

体が必要とするもの、満足するものを見極めて、体の中から変わっていけたら、それが本当のダイエットだと私は思います(^^)

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事