35202d1b912cd079

ベッドの上で寝ながら代謝アップ&痩せ体質に!ヨガポーズ3選

女性は、冷えによる代謝の低下に悩む人が多いですよね。代謝の低下はむくみやセルライトの原因になり、太りやすく痩せにくい体につながります。そこで今回は、ヨガ講師である私がおすすめする代謝アップヨガポーズをご紹介!ながら運動にもおすすめですよ。

カテゴリー:運動  投稿日:2018/03/09

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium a21b0c2a1e467282

ながらヨガで冷えを解消して代謝アップ!

42b25ec788393b50

by 07dd9e5dfb3152b6 NATTY

寒い時期は汗をかくことも少なく、寒くて外に出るだけでも億劫になりますよね。逆に暑い時期でも、エアコンの効いた涼しい部屋にこもりがちですし、自然と身体を動かす機会も減っていきます。

身体を動かさないと代謝が下がり、冷えやすい身体に。するとむくみやセルライトが溜まり、太りやすくなったり、免疫力が落ちて体調も崩しやすくなったり…。なんとも悪循環ですよね。みなさんの身体の状態はいかがでしょうか?

ながらヨガとホームケアで冷えを予防!

ヨガインストラクターである私は、暖かい時期は朝ヨガやランニング、水泳に行ったりとアクティブに毎日動くのですが、寒くなるとお家から出たくなくなり、一気に運動量が落ちる気がします。そんな時期に行うのが、ホームケアとながらヨガです。

私の実践しているホームケア

  • 夜はなるべく湯船に浸かって温まる
  • お風呂後はリンパマッサージを行う
  • テレビを見ながらストレッチをする
  • 寝る前と起きた後に、ベッドで簡単なヨガポーズを実践する

そこで今回は、ベッドの上で簡単にできるヨガポーズを3つご紹介します。代謝アップに効果的で、痩せやすい身体を目指します。いつもより深い呼吸を意識しながら、ぜひやってみてくださいね。

代謝アップヨガ① 背骨や腰周りをほぐす「ワニのポーズ」難易度★☆☆

0037870079857b0a

by 07dd9e5dfb3152b6 NATTY

方法
①仰向けになり両ひざを立て、左足を右足の上に、足を組むような形で乗せる。
②余裕があれば、左足首を右のふくらはぎにもクロスさせる(①のままでもOK)。
③息を吸って、吐きながら身体を右に倒し、左手は左の方向に伸ばす。顔は左に向ける。
④ウエストからの深いひねりを感じながら、呼吸を繰り返す。(目安は5呼吸)
⑤好きなタイミングでポーズをほどき、反対も同様に行う。

デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとっていると、背骨や腰周りが凝り固まりやすく、冷えに繋がります。そんな方のケアに、このポーズはとってもおすすめです!朝晩の習慣にできるといいですね。

代謝アップヨガ② 全身の血行促進に「鋤のポーズ」難易度★★☆

by 07dd9e5dfb3152b6 NATTY

方法
①仰向けで両足を閉じ、息を吸いながら両足と腰をまっすぐ天井へ引き上げる。両手で腰を支える。
②ゆっくりと息を吐きながら、両足先を頭の方へ下ろしていく。
③余裕があれば、両手を身体の後ろで指を組んでひじを伸ばす(腰に置いたままでもOK)。
④そのままの体勢で呼吸を繰り返す。(目安は5呼吸)
⑤両手のひらを床につけて支え、ゆっくり時間をかけて両足を元の位置に下ろす。

③のとき、決して首の向きを変えないようにしてください。怪我の原因になります。また、最後に元の位置に戻る時は、体幹の力を使って背骨を1本1本ゆっくり下ろしていくイメージで、腰に負担が無いよう気を付けてください。

このポーズでは、体を逆さまにすることで全身の血行やリンパの流れを良くし、代謝アップへ繋げます。身体の疲れやむくみ、老廃物のデトックスが期待できますよ。ただし、首や腰を痛めている方は負担になるかもしれませんので、無理せず他のポーズから始めてみましょう!

代謝アップヨガ③ 肩や首周りのコリに「ヨーガの象徴のポーズ」難易度★☆☆

A6dbae82a860252a

by 07dd9e5dfb3152b6 NATTY

方法
①パドマ・アーサナ座法で座る。右足を左太ももの上に、左足を右太ももの上にのせ、両かかとを足の付け根に近づける。
②両手を身体の後ろで組み、息を吸って背骨を伸ばしながら肩甲骨を寄せる。
③息を吐きながら、そのまま身体を前に倒す。余裕があれば、おでこもしくはあごを床につける。
④そのままの体勢で、呼吸を繰り返す。(目安は5呼吸)
⑤ゆっくりとポーズをほどく。

①のパドマ・アーサナ座法は、つらい場合は片足だけでも良いですし、あぐらの姿勢でもかまいません。

このポーズでは、肩甲骨を刺激することで代謝が上がります。血行を促進するので、コリの軽減にも繋がりますよ!ベッドの上でも、テレビを見る合間でもできます。集中すると力が入りやすい肩首周りをスッキリさせながら、代謝向上を目指しましょう。

ヨガを毎日の習慣に取り入れてみて!

いかがでしたか?代謝アップが期待できるポーズは多いですが、その中でもベッドの上でも簡単に取り入れられるヨガポーズをご紹介しました。

毎日続ける事で、少しずつ変化や違いが感じられるはず。ぜひご自身の体調に合わせて行ってみてくださいね!

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事