54a1100bbcb14c23

下腹の脂肪を落とす!バランスボールのプロが教えるトレ動画5選

ダイエットしても、なかなか改善されないぽっこりお腹。そんな時におすすめなのが、バランスボールを使った下腹トレーニングです!脂肪を効率よく燃焼し、下がった内蔵を元の位置に戻すことができますよ。バランスボールインストラクターが動画で紹介します!

カテゴリー:部分痩せ  投稿日:2018/03/11

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium 5e1aa0b9280a4076

バランスボールで下腹の脂肪をやっつけよう!

Ef9a0a98a5a9593c

by Ee0f303ec4b841d6 もりもとさちこ

バランスボールインストラクター、食べる美体幹ダイエットコーチ、もりもとさちこです。 私は女性限定で、産後のママやアラフォー女性を中心としたダイエットクラスを開催しています。

また、インスタグラムでは6万人を超えるフォロワー様へ、バランスボールを使った「簡単体幹トレーニング」を向けお伝えしています。あなたの心とカラダが軽くなる♡そんなトレーニングをお届けします。

下腹についたガンコな脂肪を解消するには?

現代社会は、下腹に脂肪が付きやすい生活スタイルです。毎日忙しく働く女性が増え、長時間のデスクワークをしている方が多いです。運動をする時間もなかなか確保できませんよね。そのため、姿勢を保つ筋力が衰えて猫背になっている方が、年々増加しています!

猫背や姿勢の悪さからくる悪影響

猫背になると、内臓を上からギューっと押しつぶしている状態になります。すると内臓の位置が下がってしまい、下腹がポッコリ出てしまうのです!

さらに、姿勢の悪さや足を組むなどの日々の何気ない癖によって、骨盤が開いたり歪んだりしている方は多いです。そうすると内臓を正しい位置にキープすることができず、結果ポッコリお腹になってしまいます。

バランスボールを使った筋トレで姿勢改善!

まずは正しい姿勢を意識して過ごしましょう。そして筋トレを習慣化し、しっかりと締め上げる筋肉をつけることが大切です(o^^o)

今回はそんな下腹肉をやっつける、パンチの効いたバランスボールトレーニングをご紹介します。

バランスボールを使った下腹トレーニング5選

それではさっそく、バランスボールを使ったおすすめの下腹トレーニングを5つ紹介します!

①お腹を引き締めて美脚効果も!V字腹筋

by Ee0f303ec4b841d6 もりもとさちこ

方法
①仰向けに寝てボールを足で挟む。
②上体と足を同時に持ち上げる。身体がV字になるイメージで。
③足で挟んでいたボールを手に渡し、身体をゆっくり元に戻す。
④再度身体をV字に起こし、今度は手から足へボールを渡す。
⑤10回繰り返す。

お腹に左右2本、縦長に位置している「腹直筋」。この腹直筋を鍛え、引き締める効果があるのがV字腹筋です。バランスボールを足で挟む動きが入ることで、太ももの内側にある内転筋も同時に鍛えられ、美脚効果が期待できますよ!

ポイント

  • 反動をつけずに行いましょう。
  • 身体を床に戻すときは、ゆっくりとした動作を意識しましょう。

②簡単に下腹の脂肪をやっつける!ボールツイスト

by Ee0f303ec4b841d6 もりもとさちこ

方法
①仰向けになり、ボールを足で挟む。
②足を45度くらいに持ち上げ、同時に上体も肩甲骨が床から離れる程度に上げる。
③足が下がらないようキープしたまま、左右にボールをツイストさせる。
④10回繰り返す。

内臓を支え、コルセットのような働きをしてくれる「腹横筋」。姿勢を保つためにも重要な働きをしています。この「腹横筋」を鍛えると、ポッコリお腹を引き締める効果が期待できます!

ボールツイストは、腹横筋や下腹の筋肉を効果的に鍛えることができるトレーニングです。こちらもボールを足で挟みながら行うので、内転筋が鍛えられ美脚効果がありますよ。

ポイント

  • ボールを落とさないように、しっかりキープしましょう。
  • 腰が浮かないように、腰は床にしっかり付けましょう。

③下腹をダイレクトに鍛える!レッグリフト

by Ee0f303ec4b841d6 もりもとさちこ

方法
①仰向けになり、ボールを足で挟む。
②膝を少し曲げた状態で、足をあげる。
③挟んでいるボールを天井に近づけるように、お尻をアップダウンさせる。
④10回繰り返す。

腹筋の中でも、やっぱり下腹の筋肉は鍛えにくいです。特に女性は筋力が弱いので、少し鍛えたくらいでは、下腹の贅肉はなかなかなくなりません。

そんな下腹をダイレクトにしっかり鍛えることができるのが、このレッグリフト!簡単な動きですが、やってみると自分のお尻の重さに驚きます(^◇^;)でも、下腹のぜい肉をやっつけたい人には必須のトレーニングです!

ポイント

  • 両手でしっかり身体を支えましょう。
  • お尻をアップダウンさせるときは、勢いをつけないようにしましょう。

④下腹の引き締めにはやっぱり外せない!レッグレイズ

by Ee0f303ec4b841d6 もりもとさちこ

方法
①仰向けになり、ボールを足で挟む。そのままボールが床につかない程度に、少し足を上げる。
②ゆっくり膝を曲げ、ボールをお尻に近づける。
③膝を伸ばしながら、ボールを天井に向けてまっすぐ上げる。
④そのまま足を①の状態に下ろす。床ギリギリまで下ろしたら膝を曲げ、同じ動きを繰り返す。
⑤10回繰り返す。

下腹の引き締めに外せないトレーニングが、このレッグレイズ。特に、腹直筋の下側を鍛えるのに有効です。ボールを挟みながらなので重みがほどよい負荷になり、引き締め効果をより発揮しますよ!

ポイント

  • 途中で腰が浮かないように、腰を床にしっかり付けましょう。
  • ボールを下ろすときは、動作をゆっくり行いましょう。

⑤ちょっとハードだけど全身が鍛えられる!ジャックナイフ

by Ee0f303ec4b841d6 もりもとさちこ

方法
①うつ伏せでボールに両足を乗せ、手をついて腕立て伏せの姿勢になる。
②膝下の前面でボールを上方に転がし引き寄せながら、お尻を天井に突き出す。
③ゆっくり元の体勢に戻る。
④10回繰り返す。

ちょっとハードですが、腹筋や下腹にはもちろん、足、お尻、腕、背中まで全身を効果的に鍛えることができる、おすすめのトレーニングです!腕の筋肉が弱い方は手首に負担がかかりやすいので、様子をみながらチャレンジしてください。

ポイント

  • 手首の位置は、肩の真下になるようにしましょう。
  • それぞれの動作に、勢いをつけないようにしましょう。

筋トレと生活習慣の改善で、脂肪を寄せつけない身体に!

Ca5c21cb804f6eb6

by Ee0f303ec4b841d6 もりもとさちこ

今回ご紹介した下腹やっつけトレーニングは、キツく感じる方が多いと思います。それほど、下腹の脂肪は取れにくいのです。まずは、下腹に脂肪をつけない生活を心がけましょう!

最初に言いましたが、姿勢や日頃の癖を改善するだけで、下腹に脂肪がつきにくくなります。筋トレも、最初から無理に毎日続けようとするのではなく、2〜3日に1回からスタートして、少しずつ身体を引き締めていきましょう!

YouTubeでは、他にもたくさんのバランスボールトレーニング動画を配信しています。ご興味ありましたら、そちらもぜひのぞいてみてくださいね!

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事