2ae144b1c14e0e1c

日常に潜む歪み癖&太り癖をチェック!ヨガ講師が改善方法を解説

どうもダイエット効果が出にくい。そんなときは、何気無い日常習慣に歪み癖と太り癖が潜んでいる可能性があります。ここでは、日常生活でやりがちな歪み癖と太り癖をご紹介していますので、思い当たる節がある方はぜひチェックしてみてくださいね!

カテゴリー:生活習慣  投稿日:2018/03/04

日常に潜む歪み癖と太り癖を改善!目指せ美ボディ♡

こんにちは。ヨガ・ピラティスなどの指導をしつつ、趣味のサーフィンやサップヨガの経験を活かして外遊びを広めている西口のぞみです。日常生活の姿勢や食事は、美容や健康に大きく影響する要素。ですが、身についた悪癖は気付くのが難しいものです。

そこでここでは、日常生活でやりがちな歪み癖と太り癖をご紹介します!悪い立ち方と座り方は歪みに繋がり、太り癖の原因にも。日常の姿勢をしっかり意識して、美しいボディラインを目指しましょう!

歪み癖&太り癖① 脂肪の蓄積や歪みに繋がるNG立ち姿勢!

お腹が突き出た立ち姿勢は脂肪を蓄積させる

C660327e4c73526d

by 4eb0ae3d54cbfc57 西口のぞみ

長い間立っていると疲れてきて、ついお腹を前に出して立ってしまいがちですよね。このような立ち姿勢では、腹筋も使われないのでお腹に脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。また、常に太ももの筋肉が使われるので、太もも前面がガッチリ張った脚になってしまうというデメリットも!

こんな立ち姿勢は体の歪みの原因に!

2b4126ba3f5e74f3

by 4eb0ae3d54cbfc57 西口のぞみ

こちらは、歪みに繋がる立ち姿勢です。片脚体重や、いつも同じ側でバックを持つ癖がある人は要注意。体重や軸が身体の片側に偏るため、下半身や体幹部の筋力に左右差が生まれて、身体が歪みやすくなってしまうのです。

身体の歪みは痛みや不調に繋がるだけでなく、身体の片側だけが太くなるなど、スタイルの崩れにも繋がります。

いつも同じ側でバックを持ってしまう方には、リュックがオススメです。リュックなら、歩くときにしっかり手を振れますよ。リュックが苦手なら、バックを持つ手をたまに変えるようにしてくださいね。片脚体重は、気付いたときにこまめに直して癖を無くしましょう!

正しい立ち姿勢をマスターしよう!

by 4eb0ae3d54cbfc57 西口のぞみ

理想的な立ち姿勢は、壁を使えば簡単に自分でチェックできます。かかと・お尻・背中・頭を壁に付けて、腰と壁の隙間が手の平1枚分程度になっているのが理想的な立ち姿勢です。上の動画で詳しくご紹介していますので、参考にしてください。

歪み癖&太り癖② 体を歪ませる座り方

20ba52e04d619b42

by 4eb0ae3d54cbfc57 西口のぞみ

お姉さん座り・横座り・片膝立ちなどの座り方は、骨盤や股関節、膝関節の歪みに繋がる可能性が大!お姉さん座りは、股関節が内側に入り、膝関節が外側へ向きます。すると脚のラインの崩れや膝の痛みの原因に!横座りや肩膝立ちは身体の片方に体重がかかるため、股関節と体幹部の左右差を作ります。

体が歪むのは、普段使われない筋肉があって、その部分に脂肪が溜まってしまうため。あぐらやイスに座るなど、左右差が出ない座り方を心がけてみてください。

正しい座り姿勢は骨盤の位置を正すことから

by 4eb0ae3d54cbfc57 西口のぞみ

立っているときも座っているときも、大切なのは骨盤が立っていること。骨盤の位置が整えば、お腹の力も自然と入るようになるので、上半身の姿勢が整いやすくなります。つまり、骨盤が整っていないとお腹に脂肪が溜まりやすくなってしまうということに!

骨盤の理想的な位置は上の動画で説明していますので、参考にしてみてくださいね。

歪み癖&太り癖③ 炭水化物ばかりの食生活

炭水化物は糖質です!

2af0c55d04b21541

by 4eb0ae3d54cbfc57 西口のぞみ

私は、昔からパンが大好き。実家では朝食にパンを食べるのが日常でした。ですが、その当時は今より8kgも太っていた時期もあったのです。私は周りから太らない体質だと思われやすいのですが、食事を気にしなければもちろん太ります。

コンビニやお店に入れば、おにぎり・うどん・パスタ・パン・ラーメンなどで簡単に食事を済ませられます。炭水化物だけで済ませた方が安上がりですから、炭水化物だけの食生活を送っている人も多いのではないでしょうか。

炭水化物は体や脳を動かすエネルギー源ですから、必要不可欠な栄養素です。しかし摂りすぎると、余分な脂肪として身体に蓄積することに。健康や美容のためには、炭水化物以外にもたんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルなども、バランス良く摂取することが必要です。

特に野菜は不足しがち!食べやすくなる工夫をしよう

1c0d1a2cd2699c27

by 4eb0ae3d54cbfc57 西口のぞみ

たんぱく質はメイン料理として食べる機会もありますが、野菜はどうしても不足しがちになります。そんなときは、野菜をタッパーに入れて職場や学校へ持って行く、生で食べられる旬の野菜を冷蔵庫に入れておくなどの工夫をして、簡単に野菜を摂れるようにしましょう。

3abe9ba538785f0c

by 4eb0ae3d54cbfc57 西口のぞみ

サラダに、豆腐・ササミ・ゆで卵・生ハム・ナッツなどを入れれば、食べごたえも出るので、満足感もアップ!私は、サラダに何でも入れて食べています。時間がない人は、ぜひ外食時などに1品追加して、野菜類を食べる習慣を作りましょう。

栄養バランスの良い食事を摂るようにしていると、いつの間にか運動効果も高まり、太りにくい体に近づいていくはずですよ。

できることから少しずつやっていこう!

236031ba20ad2907

by 4eb0ae3d54cbfc57 西口のぞみ

今回ご紹介したのは、立ち姿勢や座り姿勢に気を付け、炭水化物を食べすぎないこと。これらは誰もがやりがちな悪癖ですが、比較的改善しやすいものばかり。姿勢を正すと最初は疲れますが、慣れれば平気になります。筋肉もしっかり使われるようになるので、基礎代謝UPも期待できますよ。

ダイエットで、運動や食事だけを単体で頑張るのは長続きしませんよね。ですが運動と食事の両方からアプローチすれば、結果が出やすくなるのでモチベーションを維持しやすくなりますし、リバウンドもしにくくなります。

そして、ストレスを溜めすぎないことも大切です。私もそうですが、ストレスは食べすぎや飲みすぎを招きますよね。自分なりのストレス解消法を見つけたり、ストレスを溜めこみすぎないように事前に予防するなどして、上手く付き合っていきましょう♪

ダイエットは果てしない道のりのようにも感じますが、毎日できることを少しずつやっていけば、いつか必ず結果に繋がります。できることをひとつずつ、焦らずじっくり取り組んでみてくださいね。

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

人気記事