074ebd254d1758a0

産後17kg減に成功した私の生活ルール3つ!どれも気軽に実践可

産後は慣れない育児や不規則な生活で、ジム通いなどの本格的なダイエットは難しいですよね。しかし、日常生活の中でちょっとしたことを意識するだけで、私は1年で-17kgに成功しました!今回は、私が実践した産後の生活ルール3つを紹介します。

カテゴリー:産後・その他  投稿日:2018/03/24

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium f6c114655c019018

産後17kg減量に成功した私の生活ルール3つ

Eb71ebee23b1f225

by E622d2c2df78cf09 miki

こんにちわ♪看護師として、約10年間勤務し、身体や健康に関する情報が大好きな1児(2歳)の母mikimamaです。

切迫早産・切迫流産のため、自宅療養生活が長く、食欲に負けてしまったこともあり、妊娠中に16kg増えました。 しかし、ジムへ行ったりせず、簡単な食事と日常生活の運動だけで、1年で17kgの減量に成功しました!

産後は、慣れない育児、不規則な生活。 減量したくてもジムに通うのは難しく、母乳のために極端な食事制限もできない...。だけど妊娠中に増加した体重を減らしたい、そんな方におすすめ!無理をしなくても、とっても簡単で、気軽に生活に取り入れやすいことがあるのです♪

−17kgの減量に成功した私が、産後、日常生活で意識していたルールをご紹介します♪

産後の生活ルール① 食事はしっかりと!ポイントは食材選び

A6350ec95648bada

by E622d2c2df78cf09 miki

慣れない生活、忙しい日々での安易な食事制限は、代謝を下げ、痩せにくい身体になってしまうことがあります。ですから、基本的に食事はきちんと摂ります。大切なのは、摂取する食事の内容です!

減量には、基礎代謝アップと体温アップはとっても重要なことですが、筋トレをすることが困難と感じる方は、まずは冷え性の改善、基礎体温のアップの改善をオススメします!

そこで、ここでは「冷え 」に着眼!冷え性を改善し、冷えから身体を守るためには、以下の栄養を摂りましょう。

  • ビタミンB群(豚肉・魚類・豆類・牛乳):エネルギー代謝を高める
  • ビタミンE群(ナッツ類・かぼちゃ・魚類):血行を良くして身体を温める
  • ビタミンC群(緑黄色野菜・果物):肌の健康を保ち免疫力を高める
  • イソフラボン(大豆製品):女性ホルモンに似た働きをする
  • マグネシウム(ナッツ類・海藻類・豆類):生理に伴うむくみを取る

しょうがや蜂蜜、黒糖、玉葱、長ネギ、酢、梅干、玄米、豆類、海藻など身体を温めるもの、新鮮な有機野菜を毎日摂る!ということなどがポイントとなります♪

他にも、身体を温める根菜類を摂り、飲み物は常温または温かいものを選択していました。寒い時期には、簡単に作れて洗い物も少なく、身体も温まるお鍋もいいですね♪

0be3b90d66d526ae

by E622d2c2df78cf09 miki

産後の生活ルール② 子供と一緒に運動!愛着形成や五感刺激への影響も

80e36f873cc92ed8

by E622d2c2df78cf09 miki

ジム通いはできませんでしたが、産後3~4ヶ月の時に骨盤矯正に通い、その後は無料の地域の親子ヨガイベントなどに積極的に参加していました。早朝からアクティブに活動することで、リフレッシュにもなっていました。特に、野外でのイベントは、身体も心も軽くなってオススメです♪

産後はいろんな不安があって外出を控えがちですが、そんな時こそ屋外での深呼吸が大切だと思います。そして、乳幼児期は五感刺激がとっても大切なので、お子様にも良い影響があります。

親子ヨガは、我が子とふれあいながら、無理ない程度にストレッチするなど、自分のペースで進めることができます。産後は抱っこばかりで肩が丸まりやすく、血流が滞っていることも多いので、ストレッチやヨガをして血流をアップさせたり、妊娠中に低下した筋力アップにとても良かったです。

他にも、仰向けになり脚を上げ、膝を曲げた状態で(必ず安全確保のために手で支えます)、我が子を脚に乗せ(飛行機〜と言って遊びます)落ちないようにバランスを取ると、下肢と腹筋の負荷になります。この遊び、お子様はバランス感覚を養うことにもなりますよ♪

産後の生活ルール③ 美脚サンダルで家事を!ながらエクササイズに

026ca6213e0bf609

by E622d2c2df78cf09 miki

みなさん、こちらのサンダルをご存知でしょうか?わざとアンバランスなデザインになっているのですが、このサンダルを初めて履いた時に、履くだけでお尻とふくらはぎの筋肉が刺激されている実感に本当にびっくり!

サンダルの形状上、立っているだけでもふくらはぎの刺激を実感でき、外に出て運動しなくても、家の中で気軽にバランストレーニングができます。私は、キッチンやダイニングを歩いたり立ったりしている時に、このサンダルを履いていました。

お料理しながら、歯を磨きながら、かかとを上げ下げ!身体の血流を促すふくらはぎは、「第2の心臓」と言われているほど重要な部位です。そのふくらはぎを程よく刺激してくれ、むくみ解消にも良いと思います♪

私はドン・キホーテにて購入しましたが、ネットでも購入できます!

7be7c4c1f143b993

by E622d2c2df78cf09 miki

産後はなかなか自分の時間って確保できないものですよね。自分と向き合ったり、自分を見つめ直したりする時間も少なくなります。なので、ダイエットは日常生活の中で、いかに無理せず行えるか!が重要になってくると思います。

ぜひ、日常生活に取り入れていただけたら嬉しいです♪

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事