Cefd448213fc0dd7

脚のむくみに悩んでいた私が解消した方法4つ!ダイエット効果も

私は小さい頃から冷え性で、むくんでいることが当たり前でした。特に、夕方の脚のむくみは日常茶飯事。そこで、むくみを解消する方法を1ヶ月実践したところ、ダイエット効果も得られたのです!ここでは、ダイエットにも効果的なむくみ解消法を紹介します。

カテゴリー:部分痩せ  投稿日:2018/06/15

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium 7c26da60c23d8a72

むくみを解消しようと思ったきっかけ

私は今までむくみという言葉を聞くと、何となく「ダイエットには良くないんだろうなあ…」とは思っていたものの、「水分が一時的に溜まるだけでしょ」と軽く考えていました。

そんな私がむくみに注目し始めたのは、飛行機に乗ったときの脚のむくみ具合に驚いたことがきっかけでした。フライト中に脱いでいたブーツを履こうとしたら、ブーツのチャックを上げることが全くできなかったのです。

そこから、むくみを解消させる方法を調べ、その対策を1ヶ月実践してみることにしました。

むくみとは?

むくみについて色々と調べた結果、主に以下のことが原因でむくみが生じることが分かりました。

  • 筋肉量が少ない
  • 長時間同じ姿勢でいる
  • 塩分を摂り過ぎている
  • 冷え性によって血行が悪くなっている

私の場合は運動を定期的に行うため、一番初めの筋肉量不足によるむくみは当てはまらないのですが、その他の3点に関しては全て当てはまりました。

職場ではずっと座りっぱなしの姿勢でほとんど動くことがありません。

食事面では、チーズやハムといった塩分が多く含まれている食材をよく口にします。

そして小さい頃から体温が低く、現在も冬場は靴下を履いたり暖房をつけっぱなしにしたりしないと、寝ることができないほどの冷え性です。

私が実践したむくみ解消法

ここからは、私が実践したむくみ解消法を4つ紹介します。

①メディキュットを履く

私の場合、平日は毎日8時間ほどデスクワークをしているため、座りっぱなしです。そのため、夕方になると脚がむくみ、重く感じます。

そんな私が利用したのが、むくみを解消してくれることで有名な着圧タイプのソックス・メディキュットです。

384a5d2ef76adf12

by Cec64085037066b3 マカロン

このむくみ対策をしていた時期が冬場だったので、メディキュットをスボンの下にタイツ代わりに履いていました。

また、着圧が強いタイプを履くと脚を締め付け過ぎることになり、脱ぎ履きが面倒になると感じたため、私は着圧が弱いタイプのメディキュットを履くようにしました。

②カリウムを含む食材を摂る

塩分を摂り過ぎたときは、カリウムという栄養素を摂ると良いといわれます。カリウムは体の中の余分な塩分を排出してくれ、かつ高血圧も予防してくれるためです。

以下に、カリウムが豊富に含まれる食材をまとめてみました。

  • きのこ
  • アボカド
  • バナナ
  • セロリ
  • キュウリ
  • スイカ

比較的、どの食材も簡単に手に入れることができそうなものばかりです。

ただ、バナナやアボカドは日にちが経つと熟れ過ぎてしまうことがあります。私は、作り置きをして保存がきく食材を摂りたかったため、セロリを中心に食べることにしました。

以下に、私が実際に作ったむくみ解消に効くセロリのサラダとピクルスのレシピを紹介します。

セロリのサラダ

Ce5d96b9391e3ee1

by Cec64085037066b3 マカロン

材料(2人前)
セロリ 2本
マスタード 大さじ3杯
マヨネーズ 大さじ3杯
50〜60ml
レモン汁 適量
胡椒 適量
作り方
①セロリを一口サイズにカットする
②カットしたセロリと残りの材料を全てよく混ぜ合わせる

セロリのピクルス

Caab37d667b17267

by Cec64085037066b3 マカロン

材料(2人前)
セロリ 1本
ズッキーニ(なければキュウリ) 1本
200ml
砂糖 10g
レモン汁 10ml程
作り方
①お鍋に酢と砂糖、レモン汁を入れて沸騰させる
②沸騰させている間に、セロリとズッキーニを一口サイズにカットする
③沸騰した①の液とカットした②の野菜を、タッパーなどの密閉容器に入れる
④ある程度熱が取れたら、冷蔵庫に入れて保存する

私は、これらの2つの料理を、毎食前に小皿1皿分(100gほど)食べていました。

③ココアを飲む

私は毎朝コーヒーを飲む習慣があったのですが、コーヒーには体を冷やす作用があると知ってから飲むのを止めました。

そこで、コーヒー代わりとなり、かつ冷え性やむくみ解消に効く飲み物はないかと調べてみたところ、ココアが良いことを知ったのです。

ココアに含まれる栄養素には、次のような働きがあります。

栄養素 働き
ポリフェノール 血行を促進し、冷えやむくみを予防する
食物繊維やたんぱく質 便通を改善する
カルシウムやマグネシウム リラックス効果をもたらす
ビタミンB群 代謝を促進する

ココアだけでも効果的ですが、特に冬場の寒い時期は体を温める効果がある生姜と一緒に飲むことで、冷え性やむくみ予防の効果がさらにアップします。

そこで、私が飲んでいたのはこちらのココアです。

しょうがココア

005721c5812a154e

by Cec64085037066b3 マカロン

しょうがココアは、生姜とココアが一緒に合わさっている飲み物です。お湯で溶かすだけなので、朝の忙しい時間にも重宝しました。

上記の商品以外にも、カカオ100%で砂糖が加わっていないココアも愛飲していました。これは「ピュアココア(純ココア)」と呼ばれており、カカオマスの脂肪分を取り除き、粉末状にしたココアです。

0529c11b2120586b

by Cec64085037066b3 マカロン

このココアに甘さは全くありませんが、濃厚なチョコレートのような味がしてとても美味しく感じましたよ。

④料理にスパイスを足す

冷え性・血行不良によるむくみ対策として、ココア以外にも意識して取り入れていたのが、スパイスなど体を温める効果がある調味料です。

スパイス類は血流を改善させ、むくみを解消したり、代謝を促進させたりする効果があります。

私は、お豆腐やサラダ、カレーにちょい足しするなど、普段使用するお醤油などの調味料代わりにスパイス類を活用していました。

七味唐辛子のような、粉末タイプのスパイスも使いました。

E754173795b9fb87

by Cec64085037066b3 マカロン

参考までに、類似商品を載せておきます。

むくみ解消法を実践した結果

むくみ対策は、全く苦労することなく1ヶ月間実施することができました。ここでは、その結果を詳しくお伝えします。

体重が0.8kg減った

むくみ解消を第一に考えていたのですが、1ヶ月経った後の体重はマイナス0.8kg!ダイエットを目的としていなかっただけに驚きました。

特に、冷えによるむくみ対策で生姜やスパイスなど体を温める物を積極的に摂取していたことで、新陳代謝が促進され、結果として体重の減少につながったのだと思います。

脚のむくみが解消された

むくみ解消法を実施して2週間ほど経った頃から、夕方の脚のむくみ具合に変化がありました。

夜お風呂に入る頃になると靴下の跡が必ず脚についていたのですが、1ヶ月経った頃には靴下の跡が目立たなくなりました。「今日はタイツを履いていたのかな?」と勘違いしてしまうほどでした!

また、ブーツのチャックも締めやすくなりました。以前の私は、日中履いていたブーツを仕事終わりに脱ぐとき、チャックがきつくなるほど脚がむくんでいました。

それがこのむくみ解消法を実施してからは、立ったままでもチャックをスルッと下ろせるほどむくみが軽減されました。

むくみを解消して体の中から健康に!

今回のむくみ解消法を振り返ってみて、脚のむくみが軽くなっただけでも気持ちがアクティブになり、結果として日々の活動量を増やすことができたように感じました。

ダイエットをしていると、ついつい体重の数値や体のサイズに敏感になりがちです。しかし、体の内側から冷えを改善したり、余分な水分を溜めないようむくみを解消したりすれば、結果としてダイエットを成功させることができると思います。

もし、現在行なっている運動や食事法によるダイエットがあれば、それ並行してむくみを解消することを意識すると良いかもしれません。さらなるダイエット効果を得られると思いますよ!

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事