693fc648139a83c3

下腹ぽっこりを撃退!効果が出やすいダンベル筋トレの方法3選

服で隠していても、ふとしたときに気になる下腹のぽっこり。そんなお腹を効果的に引き締める、ダンベルトレーニングを紹介します。下腹は効果が出やすい部位なので、モチベーションも保ちやすいですよ。あこがれのスッキリとしたお腹を手に入れましょう!

カテゴリー:部分痩せ  投稿日:2018/04/13

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium 5e1aa0b9280a4076

4ヶ月で12キロ痩せた私が教える、下腹ぽっこり解消法!

Bec28698071fadc7

by 72e601dfd221fa57 むう

どーも!ママさんダイエッターのmuです^ ^

私は4ヶ月という短期間で、しかも宅トレオンリーでマイナス12キロに成功しました!目標の体重にはなれたのですが、綺麗な体になるために今でも筋トレは継続中。髪も切って心機一転、日々がんばってます!

そんな私のノウハウがダイエッターの方の参考になればと、日々行なっている筋トレやヘルシーメニューやダイエットに関する記事を書いています。今は、ダイエット検定に向けて猛勉強中です!

負荷をかけてレベルアップ!ダンベルで下腹のトレーニング

今回は、下腹に効くトレーニングの動画を載せていきます。前にもダンベルを使ったトレーニングは紹介したのですが、今回はさらに負荷を強めたものです。少しレベルをあげてトレしたい!いつもと違うトレがしたい!なかなか痩せないので負荷をかけたい!って方に、もってこいですよ^_^

ダンベルを1キロから3キロへ!

今回私は、ダンベルを1つ3キロのものに新調しました!前までは1キロで軽かったのですが、慣れてきてしまったので重くしてみました。

でも、意外と3キロは重かったです(^_^;)5キロを買わなくてよかった…。

お腹は他の部位より引き締めやすい?

「私が思うには」ですが、お腹は背中や二の腕よりも、割とスッキリしやすく成果も出やすい部位なんじゃないかなと思います。

特に下腹は、くびれよりも引き締めやすい気がします。くびれは腹斜筋を鍛えないといけないので普段の動きではなかなか鍛えられませんが、下腹は意外と簡単に鍛えられるんです。

鍛えたい部位に合ったトレーニングを

ただ、お腹には筋肉がたくさんあるので、鍛えたい筋肉に効果的なトレーニングを行わなければ思ったような結果が出ないかもしれません。

例えば、筋トレの代表ともいえるクランチ。クランチは主にお腹の上の筋肉を鍛えるので、下腹の引き締めには効果が薄いかもしれません。下腹を鍛えるには、お腹の下の筋肉を意識して鍛える必要があります。

下腹トレーニングは効果を早く実感したい方におすすめ!

今回ご紹介するトレーニングは下腹の引き締めを意識したものばかりですので、早く効果を実感したい方にはおすすめです!いつも同じような筋トレで飽きてしまったという方も、今回のダンベルやペットボトルを使ったトレーニングをぜひ試してみてください。

筋トレは、続けることが大事です。今から継続してがんばれば、短期間でもきっと成果が出せるはず。下腹トレーニングで、あこがれのスッキリしたお腹を手に入れましょう!

トレーニング前にはストレッチを!

トレーニングする前には、必ずストレッチをしましょう。筋トレの効果も上がりますし、怪我の予防にも繋がりますよ!

下腹ぽっこり撃退トレーニング① 脚上げ

by 72e601dfd221fa57 むう

方法
①仰向けで横になり、両足でダンベルをはさむ。
②脚をまっすぐ伸ばしたまま、お腹に力を入れてゆっくり上げていく。
③床とほぼ垂直になるまで上げたら、ゆっくり下ろしていく。
④下ろした足は、床にギリギリつかないところで止める。
⑤②~④を繰り返す。

上げ下げしている間、ひざが曲がらないように注意してください。私は、1セット10回を2セットしました!

下腹ぽっこり撃退トレーニング② 膝を曲げて脚上げ

by 72e601dfd221fa57 むう

方法
①仰向けで横になり、両足でダンベルをはさむ。ひざを曲げて、ダンベルはお尻の手前に。
②お腹とお尻の力で、脚を上げながら頭の方に引き寄せる。
③①~②を繰り返す。

②で脚を引き上げるときは、お腹やお尻にしっかり力を入れて、膝から下があご下にくるくらい寄せましょう!途中でダンベルを落とさないように気を付けてください。こちらも、1セット10回を2セットします!

下腹ぽっこり撃退トレーニング③ 脚上げに上半身起こしをプラス

by 72e601dfd221fa57 むう

方法
①仰向けで横になり、両足でダンベルをはさむ。足先は床から浮かせた状態で、膝を曲げる。
②両手は腹筋をするような感じで頭の後ろで組み、上半身を軽く起こす(胸から上くらい)。
③曲げた膝をお腹に引き寄せ、同じタイミングで上半身もグッと起こして膝に引き寄せる。
④膝をまっすぐ伸ばす(足先は床につけない)。
⑤③~④を繰り返す。

かなりキツいトレーニングですが、お腹にしっかり力を入れ、脚を伸ばしたときに足先が床につかないように注意しましょう!こちらも、1セット10回を2セットです。

ダンベルトレーニングはキツイけど効果を実感!

いやー、ダンベル使うと筋トレも普段よりハードになりますね(^_^;)

普段は自重トレーニングばかりでダンベルは1キロしか使ったことがない私には、3キロはかなり重く感じられました。なかなか大変でしたが、そのぶん効いてる感はあります。

慣れてない方はペットボトルからでも大丈夫ですし、1キロからでも全然大丈夫ですよ!負荷をもっと増やしたくなったときに、重いものに変えてみてください。

私も、このまま3キロのダンベルでがんばっていきたいと思います。一緒にコツコツトレーニングしていきましょう!

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事