3449fcf409dffd16

食欲がやばい生理前のダイエットで気を付けるべきポイント4つ

生理前はイライラしたり、太りやすくなったりと、ダイエットがなかなかうまくいかないと感じる人も多いのでは?これはホルモンの影響で仕方のないことですが、この時期の過ごし方にはポイントがあります。私が生理前に気をつけているポイントを紹介します。

カテゴリー:産後・その他  投稿日:2018/04/25

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium 43b0c67b82fbe2b7

生理前は痩せにくい?

Ed053951a2007e56

by C621ecd94c508b63 ゆうぶう

こんにちは!ゆうぶうです。

ダイエットを始める前は自分の体のことをよく知らず、生理ともなんとなく付き合っていました。産後15キロ以上痩せましたが、痩せ始めてから生理の存在がいかに大切か気づき、ホルモンや体温、排卵日、周期など基本的なことを全て調べて、自分の体や生理と向き合ってきました。

特に女性が悩むのは、痩せにくい排卵日から生理が始まる前までの期間。この時期は、体が水分や脂肪を蓄え、妊娠に備えて体をふくよかにして、赤ちゃんを迎える準備をします。

基本的に、ホルモンは人間の体に様々な症状を引き起こしていますが、この時期は女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンが作用しています。

生理前の痩せにくい時期、どんな過ごし方をして、どんな食事を心がければいいのか。私が気をつけているいくつかのポイントを、紹介していきたいと思います。

生理前のダイエットで気をつけているポイント4つ

私が生理前に気をつけているポイントは、次の4つです。

①食べすぎない程度に好きなものを食べる

2b743ffa5257585b

by C621ecd94c508b63 ゆうぶう

生理前には甘いものが無性に食べたくなったり、何でもかんでも食べたくなったりして、生理後にせっかく痩せたのに、また太ってしまったと悩む方も多いはず。

しかし、ここで我慢しすぎてしまうとストレスは溜まり、食欲は増す一方。生理前の食欲とうまく付き合う方法の一つは、「食べすぎない程度に好きなものを食べる」です。

これは、食べすぎてしまった後の、自己嫌悪によるストレスを避けるためです。もちろん脂肪を蓄えやすい時期でもあるので、それを避けるためということもありますが、生理前はとにかくストレスフリーな食事をすることを優先してください。

実際、私も生理前は甘いものが無性に食べたくなりますが、ここであまり我慢しすぎず、一番食べたいものを選んで、2日程はおやつに食べています。カロリーや栄養なんて考えません(笑)すると、次の日くらいから欲求が減り、順調に生理を迎えられるようになりました。

太らないこと(痩せること)を意識しすぎることが、かえってストレスになっていたと気がついたので、食べたい時は腹八分目で食べたいものを食べる!と、メリハリをつけています。

②ハーブティーを飲んで食欲を落ち着ける

00ed84b27a46f765

by C621ecd94c508b63 ゆうぶう

食べすぎないようにといっても、食べ始めたら食欲は増してしまうという方もいます。そういった方におすすめなのは、食べる前にハーブティーを飲んで一息つくという方法です。ハーブティーは食欲を抑える効果だけでなく、アロマの効果で心を穏やかに落ち着けてくれる、女性の強い味方です。

生理前におすすめのハーブは、不安やイライラを鎮めてくれるパッションフラワー、ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)の分泌を調整するチェストツリー。この他にも、マザーワート、ジャスミン、マテ、ペパーミントなどたくさんあります。

私はスーッとする匂いが好きなので、ペパーミントや手に入りやすいジャスミンティーなどを飲むことが多いですが、パッションフラワーは案外癖がなく飲みやすいので、こちらもおすすめです。

また、写真の下2つ(ジャスミン・パッションフラワー)のように、種類によってはお湯を入れると花が咲くものがあります。見ていてとても癒され、リラックス効果も高まります。自分の症状や気分に合わせて選べば、生理前も難なく過ごせる日々も遠くありません(^^)

③ミネラルの多い食事を摂る

Ed7cc6b9cc12f3b3

生理前はイライラしたり、脂肪や水分を体に溜め込みやすくなって太ったり、浮腫んだりしやすい時期です。そうしたトラブルを解消する成分が、ミネラルです。

ミネラルというと、海草や塩などのイメージを多く持つ方も多いかと思います。ミネラルは体の中では生成できないけれど、代謝のためには必要不可欠なもので、カルシウム、カリウム、ナトリウムなどの総称です。ここでは、生理前に摂取したい3つのミネラルをご紹介します。

  • カルシウム:歯や骨を構成する。神経伝達を助け、イライラを沈める。乳製品や小魚に含まれる
  • 亜鉛:新陳代謝を活性化させ、血糖値を下げる。牡蠣やレバー、牛肉などに含まれる
  • クロム:糖質・脂質代謝を促進し、血糖値を下げる。玄米・豆類などに含まれる

海草などもミネラルを含んでいるので、生理前にはとても良い食品の一つです。

生理前は食べたい欲が先行して好きなものばかり食べがちですが、少しだけ栄養素を考えて食事を摂ることによって、数日後には安定を感じることができています。

④どうしても抑えられないときは動く!

どうしても気持ちが塞いだり、食欲が抑えられなかったりしたら、とにかく動いてみましょう!食欲を抑え、腸を動かす運動をご紹介します。

by C621ecd94c508b63 ゆうぶう

方法
①両手を頭の上で合わせる
②お腹を意識して、左右に揺れる

腕だけで動かないように、上半身全体を使って動いてみてください。

生理前は自分と向き合う時間!

生理前の悩みは尽きることが無いように思えますが、実際には波の無い生活をしていると、案外難なく過ぎてゆくものです。

どんなときも無理をせず、自分らしく、感謝の気持ちを忘れないでいれば、必ず美しい女性になると私は思います。どんなことも、無理をしては続きません。生理前も無理をすれば体に現れます。無理なく続けられることを、自分と向き合って考えてみるのもいいのではないでしょうか(^^)

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事