C544f41eb55f4526

生理後の「痩せ期」をどう過ごす?頑張り過ぎない食事と運動法

生理後の約1週間は「痩せ期」としてダイエットには絶好の期間と言われています。ただ、「そう言われてもどう過ごせばいいの?」と思う方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、痩せ期の上手な過ごし方をおすすめの食事や運動とともにご紹介します。

カテゴリー:産後・その他  投稿日:2018/05/01

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium 0cce6e9eb0c58d4f

生理後にやってくる「痩せ期」をどう過ごす?

861e009dcaa74aed

by C621ecd94c508b63 ゆうぶう

こんにちは!産後15キロ以上痩せた2児の母、ゆうぶうです。

私は元々生理が重く、生理痛もお腹が痛くなるだけでなく吐き気がしたりと、しばしばつわりと同じような症状に悩まされていました。そこで自分の身体について調べ、生理としっかり向き合うことに。今では食生活を始め、気持ちの面でも穏やかに過ごすことができるようになりました!

生理は、女性にとって女性らしさを保つ上でも重要なものです。面倒くさいと感じることも多々ありますが、その仕組みを理解して上手に付き合っていけば、生理中もその後も難なく過ごせるようになりますよ。

今回は生理後、いわゆる「痩せ期」と呼ばれる期間をどのように過ごすかという事をお話したいと思います。

痩せ期も我慢はしすぎない!をモットーに

D72fd16a7eb7b3d3

by C621ecd94c508b63 ゆうぶう

生理後はいわゆる「痩せ期」と呼ばれ、ダイエットに最適な時期とされています。実際、生理後は1ヶ月の中でも身体が最もアクティブになる時期です。

4週間サイクルでホルモンの影響を受ける

女性はホルモンの関係で、約4週間を1サイクルとして身体が変化します。

生理周期と身体の変化
生理中 むくみやすく、体温が下がって代謝も落ちる。気分も落ち込みやすい。
生理後(排卵前まで) むくみがとれ、痩せやすくなる。気持ちも上向きに。
排卵後 脂肪がつきやすい時期。感情の起伏が激しくなることも。
生理前 むくみやすく、便秘になりやすい。精神的にも不安定に。

痩せ期だからといって極端な行動はNG!

生理後の痩せ期で重要なことは「頑張りすぎないこと」、そして「羽目をはずしすぎないこと」です。ここで変にがんばって食事を極端に減らしたりすると、生理後や排卵日付近に大きな影響を与えることも。逆に、脂肪を溜め込みにくいからといって甘いものなどを食べ過ぎるのもNGです。

私の場合、痩せ期には外食を減らしたり、運動する時間を生理前の倍にしたりします。甘いものなどは完全にカットするのではなく、カロリーや栄養などを気にしながらおから蒸しパンなどを食べたりしています。生理後も我慢はしすぎず、自分の体と向き合って生活することを心がけましょう!

痩せ期に行う運動で心も身体も軽くしよう!

身体も心も重かった生理期間が終わり、むくみが取れ、脂肪も減りやすくなる痩せ期。身体がとても軽く感じられ、気持ちも前向きになります。この時期の食事は極端にがんばりすぎないことを推奨しましたが、運動に関しては多少がんばってもいいと私は思います。

生理後は新しい運動で気分転換!

もちろん症状は人それぞれなので、自分に合った事を続けていただいてももちろんOKです。ただ、せっかくの痩せ機ですし、新しく普段行わない運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。気分転換にもとても効果的ですよ!

参考までに、私がおすすめする運動を一つご紹介します!少しきついかもしれませんが、楽しく行えますよ♪

腰や背中を中心に鍛える「グッドモーニング」

by C621ecd94c508b63 ゆうぶう

方法
①胸を張り、両手を頭の後ろで組む(重りを持ってもOK)。
②お尻を突き出しながら膝を軽く曲げ、上半身が床と平行になるようにお辞儀をする。
③元の体勢に戻り、お辞儀を繰り返す。

生理中や生理前に、重くて動かしたくなかった腰を使うトレーニングです。腰周り、背中を綺麗にしてくれますよ!生理後のやる気のみなぎっているときに、ぜひ行ってみてください(^^)

生理中に失われた鉄分とたんぱく質を補給する!

生理中は、血液とともに鉄分が多く失われます。生理後の痩せ期には、しっかり鉄分を補給しましょう。

また、痩せ期は代謝や体内循環が良くなる時期でもあります。たんぱく質は筋肉のもとになるだけでなく、お肌の調子を良くしたり、髪の毛につやを出したりと、ダイエット以外の身体の変化にも活躍する重要な栄養素です。積極的に摂るようにしましょう。

痩せ期におすすめ!「豚のレバー」で鉄分&たんぱく質

09f408ba490f5ba1

by C621ecd94c508b63 ゆうぶう

私がおすすめする食材は、鉄分とタンパク質を一気に取れる「豚レバー」です!レバーの中でも豚は一番タンパク質が多い上、レバーの特徴である鉄分も豊富なので特におすすめ。私はよく、豚レバーを焼き鳥のように串で焼いて食べています。甘辛煮も美味しいですよ(^^)

ビタミン・ミネラルも忘れずに!食事はバランスが大事

生理後は鉄分&たんぱく質を意識して多めに摂り、炭水化物は生理前・生理中に比べて少なめにしましょう。こうした食事を摂る事で、アクティブな時期の身体はもっと元気に活動できるようになります。

ビタミンやミネラルも忘れずに摂ることで、たんぱく質や鉄分を効率的な吸収や糖質や脂質の代謝に繋げましょう!栄養を偏らせるのではなく、そのときの自分の身体に合った食事をバランスよく摂る事が重要です。

生理後に重要なのは「頑張りすぎないこと」!

「頑張りすぎないこと」と聞いて、あれ?生理前も同じじゃない?と思った方も多いのではないでしょうか。ですが、「頑張り過ぎないこと」そして「無理をしないこと」は、決して生理が関わる場合だけではないと私は思います。

人間、無理をしたり頑張りすぎる状態を永遠に続けることはできません。生理後は短い期間であるのにもかかわらず、無理をしすぎると反動で体調を崩してしまうことも少なくありません。たとえ短い期間であっても、頑張りすぎる・無理をしすぎるということへの代償は大きいものなのです。

生理前・生理中・生理後に関わらず、「頑張り過ぎない」「適度に力を抜く」というのは、綺麗な女性の鉄則なのかなと私は感じています(^^)

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事