Adad13d135911089

ヨガ講師が教える「背中痩せ」ポーズ3選!体が硬い人でもできる

普段はあまり気にしない後ろ姿。しかし、年々背中が丸くなったり、下着にお肉が乗るようになったりしてきた方も多いのでは?今回は、背中のコリをほぐしてスッキリした背中を手に入れるための、背中痩せヨガを3つご紹介します。

カテゴリー:部分痩せ  投稿日:2018/06/06

↓他の体験談も「まとめ読み」できる記事↓

Medium 3a9430288c6ea93b

コリをほぐして背中美人に!

0cb056ac02791723

by 07dd9e5dfb3152b6 NATTY

年々気になってくる自分の後ろ姿。なんだか背中がどんどんと大きく成長してる…背中が丸くなってきた…下着の上にお肉が乗るようになってきた…と感じる方も多いのではないでしょうか?

普段はなかなか気にしない後ろ姿。まずは姿勢を見直してみましょう。デスクワークのときに背中が丸まっていたり、電車で座っているときに後ろにもたれかかったりしていませんか?

この姿勢を続けていると、肩こりや腰痛に悩まされたり、肩甲骨の可動域が狭まり、胸の筋肉が弱って、いつのまにかバストの位置が下がってきたり…ということに繋がってしまいます。

ヨガインストラクターの筆者も、たまに集中してデスクワークをしていると、知らず知らずに前のめりになり、猫背になることもあります。ハッと気付いて姿勢を正しますが、やはりその日は背中や肩、腰が重たくなる感覚があります。

同じような経験がある方は、是非生活にヨガを取り入れてみてください!今回は、凝り固まった背中のコリをほぐして、スッキリ後ろ姿を目指せるヨガポーズを3つご紹介します。ご自身の体調に合わせて、負荷を軽減させながら行ってみてくださいね。

背中痩せヨガ① 気持ちよく背中を伸ばす『マルージャラ・アーサナ』

by 07dd9e5dfb3152b6 NATTY

方法
①四つん這いになり、足を腰幅に開いて肩の真下に両手をつき、そこから手のひら2つ分前に移動します。
②息を吸って背中を伸ばし、吐きながらお尻を斜め上につき出し、腕を伸ばしておでこをマットにつきます。
③そこで深く呼吸を繰り返しましょう。(目安5呼吸)
④さらに余裕がある方は顔を少し上げ、胸とあごをマットに近づけていきましょう。
⑤自分のタイミングでゆっくりとポーズをほどきましょう。

寝る前や朝起きたときに気軽にベッドの上で背中ケアができる猫伸びのポーズ。深く呼吸して、血行促進させ、免疫アップや代謝アップを同時に目指しましょう。

余裕がある方は、胸とあごを床につけるようにチャレンジしてみましょう。こちらは腰痛のときは行わないでくださいね。

背中痩せヨガ② 目の疲れにもオススメ『シャシャンカ・アーサナ』

by 07dd9e5dfb3152b6 NATTY

方法
①チャイルドポーズの姿勢から入りましょう。額をマットに置き、かかとの上にお尻を乗せ、手を後ろに伸ばしてお休みします。
②そこからゆっくりと両手を身体の後ろで組みましょう。バランスをとるのが難しい方は、両手を頭の横についた状態で行います。
③息を吸いながらひじを伸ばして、吐く息でゆっくりとお尻を上げながら、マットが当たる位置を額から頭の頭頂部にずらしていきましょう。
④そこで呼吸を繰り返します。(目安5呼吸)
⑤余裕がある方は、組んだ両手を頭の方へとさらに近づけていきましょう。
⑥ゆっくりとポーズをほどいたら、最初のチャイルドポーズに戻って一度首をお休みさせます。
⑦腰からゆっくりロールアップし、頭が最後になるように起き上がりましょう。

初めての方は最初から身体の後ろで指を組まず、両手をついた状態で頭の頂点を床につき、バランスがとれて、違和感がなければ手を離して指を組むようにしましょう。

このポーズは背中のコリを緩和させるだけでなく、眼精疲労やイライラ、憂鬱など更年期の症状にお悩みのある方にもオススメで、百会(ひゃくえ)といわれる頭頂部を刺激します。

百会のツボは自律神経と関係しているといわれており、刺激することで自律神経のバランスを整え、色々な不調の改善や予防が期待できます。

背中痩せヨガ③ バストアップに繋がる『ブージャンガ・アーサナ』

by 07dd9e5dfb3152b6 NATTY

方法
①まずはうつぶせになって両手を胸の横につき、足は腰幅程度に開きます。
②脇を締めてひじを後ろにひき、軽くお腹を締めましょう。
③息を吸いながら手で床を押し、胸を持ち上げましょう。
④胸の開きを感じながら肩は下げて、首を長く保ちます。
⑤呼吸を繰り返しましょう。(目安5呼吸)
⑥ゆっくりとポーズをほどきます。

腰を反らないように注意し、耳と肩の距離を保ちましょう。ひじが開きやすいので、しっかりと脇を締める形でポーズをとります。

胸を大きく開くことで気持ちも前向きに!背骨を柔軟にしながらしっかり強化させるので、猫背改善にピッタリのポーズです。胸が広がることで呼吸が深まり、免疫力アップや自律神経を整える効果も期待できますよ。

日々の姿勢の意識だけでも、美しい背中を作れます。座っているとき、立っているとき、歩いているときの姿勢を見直すと、より早く綺麗な後ろ姿を目指せますよ!

\成功者の方法をまとめてみました/

\ダイエットのモチベが上がる体験談/

この記事のトピック

人気記事