Medium e083b27602d6b121

睡眠をしっかりとると痩せ体質に!100人に聞いたおすすめ快眠法

せっせとダイエットしているのに、効果がなかなか出ない。もしかしたら、その原因は睡眠不足にあるのかもしれませんよ。痩せ体質になるには、良質な睡眠が一番!ここでは、みんながやっている痩せ体質に近づく快眠方法をご紹介します。

カテゴリー:ニュース  投稿日:2018/10/18

みんながやっている質の良い睡眠をとる工夫を大調査♡

ダイエット成功の近道は、良質の睡眠をしっかりとること!ここでは、全年齢層を対象に100人に聞いた「質の良い睡眠をとる工夫」をご紹介します。「ダイエットに睡眠なんて関係ないでしょう」と油断している人、必見です!

「ちゃんと寝ないと太る」は本当だった!

669da8e2fcdf22ee

「寝ないと太る」これは最近、ダイエット業界では常識のようになってきましたね。

米国スタンフォード大学の研究によれば、睡眠時間が5時間の人は8時間の人と比べると、食欲を増やす「レプチン」というホルモンの分泌量が増え、食欲を抑制する「グレリン」というホルモンの分泌量が少ないと報告されています。

運動も食事制限も良いですが、まずはしっかり睡眠をとることがダイエット成功への近道!早速、みんながやっている快眠方法をみていきましょう。

寝る前はスマホを触らない!ブルーライトカットで快眠♪

就寝前はできるだけスマホやPCに触らないようにし、枕元から離れた場所に置いて寝ています。

by 30歳・睡眠時間6時間半(1時〜6時半)

寝る2時間くらい前からスマホのブルーライトを見ないように気をつけています。

by 21歳・睡眠時間8時間(23時〜7時)

アンケート対象100人の回答で最も多かったのは、「寝る前はスマホを触らない」こと。スマホやPCなどから出るブルーライトは強いエネルギーを持つため、脳を覚醒状態にさせてしまいます。また、目の疲れから肩こりや首こりを生じさせるなど、悪影響ばかり。

布団の中のスマホが習慣になっている人は、まず寝る前のスマホ断ちから始めてみましょう!

晩ご飯を早めに食べてお腹が空く前に寝る!

食べたものが完全に消化されてから眠るようにしてから、ぐっすり眠れてスッキリ起きられるようになりました!

by 39歳・睡眠時間7時間(22時〜5時)

お腹が空きすぎると眠れなかったり夜中に起きてしまったりするので、早めにご飯を食べて、寝る前に炭酸水を飲んで眠るようにしています。

by 32歳・睡眠時間8時間(22時〜6時)

満腹状態では胃腸が活発に動いて脳が覚醒してしまいますし、何より食事のエネルギーが消費されずに脂肪として蓄積してしまいます。反対に空腹すぎると寝付けないため、就寝2〜3時間前までに晩ご飯を済ませ、寝る前に炭酸水やホットミルクなどを飲んで眠るという回答が多く見られました。

湯船にゆっくり浸かってリラックス!身体を冷やさないのがポイント

4a729b757bdf5a43
寝る前に必ずお風呂に浸かってリラックス!身体も温まるので、寝つきが良くなります♡

by 39歳・8時間(22時〜6時)

身体が冷えると、眠れなくなってしまいますよね。ゆっくりお風呂に入って身体を温めれば、リラックス効果もあるのでスムーズに眠りに入れるという回答もたくさんありました!

忙しいとついシャワーのみで入浴を済ませてしまいがちですが、時間に余裕のあるときはのんびりお風呂に浸かってリラックスしましょう。

軽い運動やストレッチで体をほぐす

寝る前にストレッチ!身体もほぐれるし、適度に疲れるのでぐっすり眠ることができます。

by 40歳・睡眠時間7時間(22時〜5時)

激しすぎる運動では目が冴えてしまいますが、ストレッチや軽い筋トレなどであれば適度に身体がほぐれて眠りに入りやすくなるそう。ストレッチによるダイエット効果も期待できるので、ダイエッターには嬉しい一石二鳥の方法ですね。

快眠アイテムでぐっすり!

リラックス効果のあるピロースプレーを枕に吹きかけてから寝ています。

by 24歳・睡眠時間7時間(0時〜7時)

アロマオイルを枕元に置いてリラックスすれば、寝つきがスムーズになります。

by 29歳・4時間半(0時〜4時半)

部屋の照明をオレンジ色にして、リラックスできるようにしています。

by 25歳・睡眠時間6時間半(23時〜5時半)

快眠アイテムを効果的に使用して、睡眠の質を高めている人も多数いました。ピロースプレーやアルマオイルでリラックス効果を高める、部屋の照明の色を工夫するなどは手軽にできるので、今からでもすぐにチャレンジしたいですね!

リラックス効果のある入浴剤を使用したり、こだわりの寝具を整えたりしている人も多くみられました。

良質な睡眠はダイエットにも健康にも役立つ!

Affa6d84b198a8c1

食事制限に運動、しっかりダイエットしているのになかなか効果が出ないのは、もしかすると睡眠不足のせいかもしれませんよ。良質な睡眠がダイエット効果を高めてくれるのは、様々な研究機関から報告されているまぎれもない事実!

睡眠時間が短い、夜中に何度も起きてしまう、生活時間帯が不規則など、なかなか良質な睡眠がとれていない人は、ぜひ一度睡眠習慣を見直してみましょう。良質な睡眠をとれるようになると、ダイエット効果が高まるばかりか、健康維持にも効果的です。

人間の一生のうち1/3は睡眠とも言われていますので、色々工夫して睡眠時間の質を高めていきましょう♪

人気記事