おすすめ人気ピアノおもちゃランキング|ピアノおもちゃの特徴・選び方解説

おすすめ人気ピアノおもちゃランキング|ピアノおもちゃの特徴・選び方解説

楽器玩具や知育玩具として、よく取り上げられる鍵盤型(ピアノ)のおもちゃ。ピアノのおもちゃは、将来本格的に音楽を習わせたいとか、興味を持たせいご家庭だけでなく、赤ちゃんや幼児の発達をサポートする楽器玩具としておすすめのアイテムです。

そんな知育玩具としてもおすすめな、ピアノのおもちゃの特徴や年齢別の選定方法など詳しく解説しながら、人気のピアノおもちゃをランキング形式で紹介していきます。

 

 

ピアノおもちゃって何?

ピアノおもちゃとは、鍵盤(キーボード)のついたおもちゃのことを指します。

とはいえ鍵盤型と一口に言っても、キャラクターをモチーフにしたカラフルなものから、携帯性に優れたもの、本物のピアノをそのまま小さくした“本物さながら”の見た目のものまで多種多様です。

リトミックをはじめ、子供の知育に良しとされる音楽。

ピアノやキーボードなどの鍵盤型のおもちゃは、音感やリズム感を養えるだけでなく、左右別々の動作をすることで、脳を活性化させ、遊びながら自然と知育効果が得られるアイテムの一つです。

 

対象年齢

ピアノやキーボードのおもちゃは、遊びと同時に耳や目を刺激し、音感やリズム感も養うことのできる素晴らしい知育玩具のひとつです。

小さい頃から使えるのは間違いありませんが、ほとんどの製品が実は、対象年齢3歳〜となっています。

ただしこれはあくまでも一人で遊ばせた場合。楽器メーカーがリリースしている本物のピアノと同じ構造のピアノおもちゃの場合はタッチまで忠実に再現されているため、軽い力だと音が出ないこともあります。

ですが経験上、保護者が付き添ってあげさえすれば、1歳未満のお子さんでも充分楽しめます。

純粋に“音を楽しむ”といいうことであれば早いに越したことはないかもしれません。

 

おもちゃピアノの知育効果

お子さんの年齢や性格、両親の教育方針によっても異なりますが、おもちゃのピアノを使ったからといって、将来的に本物のピアノが上達するかどうかはわかりません。

特に、電子式のタイプは軽い力で音を出せたり、そもそも鍵盤の数が少なかったりと、“ホンモノ”とは程遠い打鍵感です。

ただ、ドレミの音程を覚えたり音楽の基礎を学ぶことができるのはもちろん、音楽の楽しさや親子間のコミュニケーションツールとして役立つのは確かです。

音楽によって、想像力、集中力、言語能力、身体能力、自律神経の発達など、様々な知育効果が期待できます。

音楽に興味を持つ“きっかけ”を作ってあげられるのは、子育てをしている(またはサポートしている)あなただけ!

 

 

ピアノおもちゃの選び方

ピアノのおもちゃは、概ね1万円以下(あるいは5千円以下)で購入できるため、ほとんど失敗することはないと思います。ですが目的別に選定することで、より失敗も少なくてすみます。

本章では、ピアノおもちゃを選ぶ際のポイントを解説していきます。

選定のポイント
  • 種類や機能から選択する
  • 子供の成長や環境に合わせる
  • 両親の好みや志向に合わせる 

 

種類や機能から選択する

ピアノおもちゃは、大きく分けると3種類。それぞれの特徴を、簡単に紹介します。

ミニピアノ

本来であれば一番おすすめしたい鍵盤型玩具の「ミニピアノ」。

音源はアルミ製の金属パイプで、半永久的に音の狂いなく正確な音程で使用(演奏)できます。また、電池・電源不要のバッテリーフリーなのも魅力です。

ちなみに楽器メーカーの河合製のミニピアノは、純国産品な上に、安全面にも配慮、そして本物さながらの打鍵感とのことで、将来楽器をやらせたい、本物志向のご家庭に大人気です。

電子ピアノ(電子キーボード)

電子ピアノとキーポードは厳密に言えば違いますが、デジタル音源を利用して音を出すという意味で広義には同じものとも言えます。

また、上記画像のようなキャラクターを用いたおもちゃから、おもちゃの延長のような携帯性に特化したロールピアノやポータブルキーボード(ミニキーボード含む)、本物のピアノの音やタッチ(打鍵感)を再現した電子ピアノ、様々な音を奏でられるシンセサイザー、電子オルガンやエレクトーンなど、幅広い種類があります。

小さい子供でも軽い力で弾くことができる自動演奏機能や音色を変えられるのが特徴です。

知育玩具で人気なのは、やはりキャラクターものです。 

ピアノ絵本

おもちゃ売り場や本屋で見かける、絵本型のピアノおもちゃです。

対象年齢は0歳〜と幅広く、通常の書籍と変わらないサイズ感で持ち運びがしやすく、楽譜や可愛いイラストなどと一体になっているのが特徴です。

特に小さいお子さんがいるご家庭では、お気に入りの一冊があるのではないでしょうか。

アンパンマンやドラえもん、Eテレとの商標品は鉄板!一発で子供が興味を持ってくれます!

 

子供の成長や環境に合わせる 

子供が成長すれば当然、“ホンモノ”イズベストとなります。小学生がおもちゃのピアノで満足できるはずはありません。

絵本タイプからスタートし、そのまま本物のピアノへ移行してもいいでしょうし、最初から本物を使わせたいという親御さんもいるハズ。

子供の興味は常に変化するので、それに合わせてあげるのもいいでしょう。

また、住環境によっても置ける置けない、弾ける弾けないもあると思います。

集合住宅住まいの場合は音量調節が必須でしょうし、スペース的な都合だけでなく、インテリアにこだわっているご家庭では置きたくないということもありえます。

成長を含めた外部要因(環境)から選択して失敗のないようにしましょう。

 

両親の好みや志向に合わせる

特に幼少期の教育は自発性より親のエゴがほとんどです。

住環境とやや重複しますが、もともとピアノをやっていたというパパママなら、出来るだけ本物を与えたいでしょうし、おもちゃといえども本物を忠実に再現したミニピアノ一択になる場合もあります。

子供と一緒に自分も始めてみたいという親御さんであれば、鍵盤の多い大人向けの電子キーボードもおすすめです。

 

 

厳選版おすすめ人気ピアノおもちゃランキング

近しいママパパへアンケートをしたり、実際の子供の食いつきや、その他外部からの評判を元に、厳選してランキングを作成しました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

第1位:アンパンマン ノリノリおんがく キーボードだいすき

2014年時点で100万台を突破した、ジョイパレットのアンパンマンキーボードです。

「アンパンマンのマーチ」「アンパンマンたいそう」など、アンパンマンならではの曲に加え、「おおきなくりのきのしたで」「きらきらぼし」といった、おなじみの曲を含む計14曲を収録。

24種類の音が楽しめる「サウンド機能」や、4種類の楽器から音色を選べたり、子供に不動の人気を誇る電子キーボードです。

【おすすめPOINT】

 

  • 誰もが知っているおなじみ14曲を収録
  • 子供が楽しめるかんたんモード・サウンド機能
  • バイオリン・ベル・ピアノ・トランペットの4種の音色

 

第2位:ディズニー リズムあそびいっぱいマジカルバンド

子供から大人まで大人気のディズニー。本製品は1歳からリズム遊びを楽しめます。

「ミッキーマウスマーチ」といったディズニー定番の5曲に、童謡やリズム曲といった全15曲に加え、60種の音を収録。

ドラム、マラカス、シンバル、タンバリン、ラッパ、ギロの6つの楽器が付属した、小さいお子さんにおすすめの商品です。

【おすすめPOINT】

 

  • ディズニー定番人気5曲を収録
  • 好奇心を刺激する6種類の楽器
  • 1歳から音楽に触れて楽しめる

 

第3位:KAWAI グランドピアノ ナチュラル

河合楽器による、本物のグランドピアノをそのままミニチュア化したかのような、精巧な作りのミニピアノ。

半永久的に狂うことのない音程、グランドピアノらしい曲線美、安心のMADE IN JAPANなど、もはや“トイ”というより楽器です。

ナチュラルカラーが一番人気です。

【おすすめPOINT】

 

  • アルミパイプ音源の狂いのないクリアな音質
  • 子供でも弾きやすいタッチ感
  • 本格的な高級感と耐久性を併せ持つ

 

 

まとめ

ポータブルなキーボードは、持ち運びが楽なので、玄人の方がちょっとした練習用に使うこともできます。

様々なタイプの製品があるので、それぞれのご家庭に合ったものがきっとあるハズです。

子供の成長を楽しみながら大人も一緒に楽しめるとより最高ですね。

タイトルとURLをコピーしました