ハリのあるバストを取り戻そう!おっぱいが垂れる原因と解決法

「最近、バストにハリがなくなたような・・・」

もしかして、垂れた胸があっても「仕方がない」とあきらめていませんか?

じつは垂バストが垂れる・ハリがなくなる場合、かならず原因があり原因を取り除くことで解決できます。

ここでは、胸のたるみの原因と対策、そして私がバストラインを上げてハリのある胸を取り戻すために実践している3つの方法をご紹介します。

 

【おっぱいが垂れる】バストに関する悩み

年齢を重ねるごとに、おっぱいの悩みは増えてきます。中でもバストに関する悩みの代表的なものは以下のものかもしれません。

  • 垂れてしまう
  • デコルテの形が崩れる
  • バストトップが下向きになってしまう
  • バストの形が崩れる
  • 寝ているときにペタンコになる
  • 正しい位置にない
  • 肉が横に流れる
  • ハリのなさ

などなど・・・。

中でも悩ましいのが、世界中の女性に共通する悩みである 「おっぱいが垂れてしまうこと」に他なりません。垂れたおっぱいは、実年齢よりも4歳も老けて見えると言われていますよ。

じつは若くても垂れるケースが多い!

「おばさんになったら胸が垂れてくる」というイメージがあるかもしれませんが、じつは20代から垂れてきます。

さらに30代になるとデコルテのボリュームがダウンし、40代、50代になると乳首が下を向いてたわむように・・・とバストの状態は何も対策しないとじょじょに老化が進みます。

しかしご安心ください。諦めなければ 40代でもバストアップは可能なんです!

【おっぱいのハリがなくなる理由とは】バストが垂れる原因は何?

「バストが垂れてしまう原因は何なの?」

おっぱいが垂れてしまう原因を探ってみました。大きく分けて2つの鍵があります。

おっぱいが垂れてしまう原因

ブラジャーのフィット感が不十分であること。

その他は

  • 出産・授乳:クーパー靭帯が伸びて、弾力性や柔軟性が失われ、乳房を支える力が弱くなる。
  • バストの加齢:女性ホルモンの減少、クーパー靭帯の弱体化、乳腺の減少
  • 生活習慣:睡眠不足、猫背、偏った食生活、仰向けで寝ている

などなど・・・。 生活習慣を改善すれば、すぐに効果のでるケースもあるので今日から垂れ乳対策を始めてみましょう!

クーパー靭帯とは?
クーパー靭帯は主にコラーゲンでできていて、簡単に言うとゴムのようなものです。クーパー靭帯は、乳腺と脂肪の隙間を網の目のように埋めて、バストの美しい丸い形を保っています。さらに、乳腺や脂肪が横に流れないように引っ張っています。

垂れ乳の原因その1 クーパー靭帯の損傷

Lulukushel公式

おっぱいが垂れる直接の原因はクーパー靭帯が伸びてしまうことです。

クーパー靭帯の機能が低下すると、年齢に関係なくバストが垂れてしまいます。では、どのような行為がクーパー靭帯を傷めるのでしょうか?

こんな行為はクーパー靭帯を傷める

クーパー靭帯は、一度損傷すると元には戻りません。そのため、デリケートなクーパー靭帯に負担をかけないよう、日頃から意識して行動することが大切です。

ランニングやジャンプ、エクササイズなど胸が大きく揺れるような動作は、クーパー靭帯を伸ばしてしまい、胸のたるみの原因になります。

健康維持のために日頃から体を動かすことは大切なので、ウォーキングやヨガ、ストレッチなど、胸が大きく揺れないような運動がおすすめです。

また強く揉みすぎるのもよくありません。クーパー靭帯が切れてしまい、かえって胸が垂れてしまいます。マッサージするときは、優しくが鉄則です。

 

運動するときはスポーツブラを着用

普通のブラジャーは、バストが重力で下に引っ張られないようにして、バストを美しく見せるためのものです。

運動時には、バストが上、横、斜めとさまざまな方向に動くため、普通のブラジャーではバストの動きに耐えられません。その結果、クーパー靭帯に負担がかかり、バストが垂れてしまうのです。

クーパー靭帯は一度切れてしまうと二度と元には戻りません。

胸に過度な負担をかけないためにも、運動専用のスポーツブラの着用も効果的です。スポーツブラは学生のものだとイメージする方もいるかもしれませんが、おっぱいを垂れさせたくない方は使うべきです。

胸の垂れの原因その2 ブラジャーが合っていない

「あなたはバストサイズや年齢に合ったブラジャーをつけていますか?」

カップやアンダーバストのサイズだけでなく、年齢や体型も考慮してブラを選ぶことが大切です。 自分に合ったブラジャーを正しい位置で着用すれば、バストを守り、美しく形成することができます。

ブラジャーを慎重に選ぶことで、スタイルが良くなりバストも若々しく見えるようになります。

おっぱいの垂れ下がりを防ごう 自分の正しいバストサイズを知りましょう。
定期的に知識のある店員さんにバストとアンダーバストを測ってもらいましょう。私が行ったお店では、ブラジャーを買わなくても無料で採寸してくれます。

通販やプチプラの下着屋さんは、サイズを測ってくれる店員さんがいません。私は以前、自分でバストトップとアンダーバストを大まかに測ってブラジャーを買っていました。

ある日、下着専門店の店員さんに測ってもらったところ、どうやら自分で測ったサイズとはかなり違っていました。どうやら、小さいブラをつけていて、乳腺組織を傷つけていたようです。日本の女性は、自分の胸を過小評価して小さなブラジャーをつけている人が多いようです。

垂れ乳にならないために 自分の年齢や体型に合ったブラジャーを選ぼう

フルカップは、年齢を重ねるごとに気になってくるバストを幅広くサポートしてくれます。また、アンダーバストに厚みがあり、肩紐が脇高になっているブラジャーは、洋服を着たときに美しく見えます。脇に流れるおっぱいや背中のお肉をしっかりホールドしてくれるので、スタイルがよく見えるのです。

 

垂れ乳改善 ハリのあるバストを取り戻そう!

ハリのある上向きの胸でファッションを楽しみたい。自分に自信を持ちたい!とお考えの方は、以下に垂れ乳改善に効果のある3つの方法をご紹介します。

姿勢を正す

パソコン作業、書類作成、子どもの持ち物の名前書き…. 気がつくと、背中を丸めて仕事をしています。猫背になると、バストトップの位置が下がるため、バストが垂れてしまいます。美しいバストのためには、日頃から正しい姿勢を心がけるようにしましょう。

猫背ではなく、胸を張った正しい姿勢は、それだけでバストにハリとボリュームを与えることができます。また、正しい姿勢で健康的な体を作っていれば、バストアップに十分な影響を与えることができます。

 

マッサージ

大胸筋と小胸筋は、バストを取り囲んで支えています。この2つの筋肉をマッサージして凝りをほぐします。リンパの流れが良くなると、栄養や脂肪が胸に集まってきて、ハリが出てバストトップが上がります。

胸のマッサージを続けることで滞っていた老廃物が排出され、お肌にツヤが出てきます。またオマケとしてつらい冷え性も改善できるというメリットも。マッサージをすることで得られる効果はたくさんあります。

エクササイズで大胸筋を鍛える

大胸筋を鍛えることで、バストが重力に引っ張られて垂れ下がるのを防ぐことができます。またデコルテラインや鎖骨周りの姿勢も美しくなります。

以下の動画も参考に地道な努力を続けていきましょう!

まとめ

以上、胸が垂れる原因や対策、ハリを取り戻すための3つの方法を体験談を交えてご紹介しました。

これ以上胸が垂れないように、クーパー靭帯の損傷や着用するブラジャーに注意するとともに、毎日コツコツと努力して、かっこいい胸を手に入れましょう

タイトルとURLをコピーしました