モーニング。






私は、小さいころ
おばあちゃんっ子だったので


よく、おばあちゃん家に泊まりに行ってた。


親に理不尽に、殴られたりする度に
顔に痣を作っては、家出もよくしていた。


朝になると
おばあちゃんが、モーニングに連れて行ってくれてた。


おばあちゃんと過ごす
その時間が、本当に大好きだった。


今思えば、出費すごかっただろうなぁ悲しい


おばあちゃんに
たくさん恩返ししたかったな。


私が生きて、幼少期や思春期を過ごせたのは
おばあちゃんという存在が居たから。
私にとって、大好きな逃げ場所があったから。


そんな思い出があるせいか


私は、モーニングに行くのが大好き。


今住んでる所に引っ越ししてからは
良い意味で
のほほん。と、暮らせているキメてる


なので、しょっちゅう
旦那氏にモーニング行こうよ~。と、お願いしてる。


なぜか、今住んでる街は
モーニングやピクニックに
行きたくさせる街だ(笑)


旦那氏は、モーニングする事に
あまり興味が無い人物だったので
最初は、『別に行きたくない』って感じだったが


最近は、そこまで嫌な顔せずに
モーニングに付き合ってくれている目がハート


そんなある日
家の近くに、『喫茶ピノキオ』が
OPENしたので


早速、モーニングへホットケーキ







コメダ珈琲と同じシステムで
好きなドリンクを注文すると
モーニングがついてくるシステム。


2人共、たまごサンド。

 
パンが、モチモチで美味しくて感動酔っ払い


パンうま~!( ゚Д゚)ウマー


って、2人でハモった指差し


ドリンクは、私は、ミックスジュースで
旦那氏は、カルピスミルク。

 
なに?カルピスミルクって凝視って
初めて聞いた単語!笑


旦那氏は、小さいころ、ジュースと言えば
カルピスしか出てこなかったらしく
カルピスミルクに思い出があるらしい。


そんな話をしながらモーニング。


10年近く一緒に居てるのに
まだまだ知らない事があるな~キメてると、思いつつ(単に忘れてるだけかもしれないw)


カルピスミルクちょっと貰ったけど
濃いめのカルピスだった!笑


あかちゃんが産まれたら
しばらくは、モーニング行けないけど


ある程度、大きくなって
一緒にモーニング行けるのが楽しみだな目がハート


そして、私のように
モーニングに
良い思い出がある子供時代になって欲しいと、思うのでしたキメてる飛び出すハート



私の、老後の密かな夢は
毎日、喫茶店でモーニングして
優雅に過ごすこと。


簡単そうで簡単じゃない。


今、頑張ってないと
叶わない夢。


1日500円かかるからねキメてる


旦那氏と2人だと、1000円するからねキメてる


将来は、もっと物価が上がってる可能性もある。


小さいけど、小さくない私の夢です目がハート



 



  

 

 

  

 


イベントバナー




タイトルとURLをコピーしました