羊水検査を受けたい

11週4日。

NT肥厚指摘を受けてからというもの、

NT肥厚のことや出生前検査のことについて検索魔に。

ネットの情報が全てではないにしろ、特に病院が発信してる記事はいろいろ参考になりました。

結果、自分には羊水検査がいいのではないかと判断。

金額とか…NIPTの認可外は誇大広告っぽくて信用できないとか…NIPTより羊水検査の方がわかることが多いとか…いろいろ理由はあったのですが、

一番は断定してほしかったということ。

現時点で64パーセント以上の確率で染色体異常と言われている身としては、断定してもらえないと次に進めないんです。

賛否あるとは思いますが、この時点ではもしダウン症と断定されたらこの子を諦めよう…そしてもう二人目を望むのは辞めようと考えていました。

NT肥厚を指摘されてから、ふと思い出して泣いて、今後を考えて泣いて、泣いて泣いての毎日。

ただ、泣いてばかりでは何も進まない。

羊水検査が出来き、通院できて信用できそうな病院を必死に調べて探しました。

そして2つの病院に絞りました。

1つ目の病院(A病院とします)のホームページに事前に電話を、と記載されていたので早速電話。

羊水検査を受けたい旨を話すと、

紹介状と母子手帳と保険証もって外来に来て(予約はいらない…というかできぬ)ください。

その時に羊水検査の説明と予約をしましょう、とのお答え。

実はここの病院、事前に他の方のブログで予習をさせていただいていました。

外来で、紹介状の確認と口頭での体調確認、羊水検査の簡単な説明、

パンフレットと同意書をもらって

次に行くときは羊水検査をする。

いい意味でも悪い意味でも〝羊水検査をする〟だけという印象。

でも、それでいいかなと思っていました。

したいのは羊水検査、知りたいのはその結果。

今通院中の病院でももちろん定期的な妊婦健診は継続するわけなので、A病院での役割はそれだけでいい。

それに、正直近くはないので、通院回数は少ない方がありがたい(息子は自宅保育なので)。

夫が平日休みにできる日を確認して、その日は夫に息子を見ててもらい、外来に行こうと思いました。

次に電話した二つ目の病院(B病院とします)。

羊水検査希望の旨を話すと、

こちらもまず紹介状と保険証・母子手帳を持って木曜日の午前の外来に来てほしいと。

(のちにわかることですが、木曜午前だけ初診外来を受けている先生に診せようとしてくれていた)。

精密なエコーで確認しながら、羊水検査がいいのか他の検査もあるのか含め、相談してほしいと。

予約受付の電話番号を伝えるから、そこにかけてできれば予約を取って、

取らなくても直接来てくれれば待つけど診てもらえるから…13週になる前に来て…といった内容でした。

Bは大きな大学病院。確かに一度精密なエコーで診てもらいたい。

もしかしたら、羊水検査を受ける決断が揺らぎかねないけれど…。

でも、一回診てもらってからB病院ないわーって思ったらA病院行って羊水検査受ければいいや!

と思い、直近の木曜日

(夫休めること確認し、その日の朝一番に紹介状受け取れること確認して)

に外来の予約を入れました。

NIPT東京(新型出生前診断)
新型出生前診断NIPTとは
NTとは?赤ちゃんの首のむくみ?胎児首の浮腫み2ミリ3ミリ
NIPT大阪おすすめ

タイトルとURLをコピーしました