フレシャスのサーバー交換方法や手数料、故障時の対応を解説

本記事ではフレシャスのサーバー交換方法を解説しています。故障時などに行う具体的なサーバー本体の交換方法に加えて、利用期間によって変動する交換手数料や、お得な料金で乗り換えることができる各社のキャンペーン内容についてもまとめて解説。人気ウォーターサーバーおすすめランキング
コスモウォーターの口コミや悪い評判
ハミングウォーターのキャンペーンコード
浄水型ウォーターサーバーおすすめランキング:水道直結型・水補充式【定額飲み放題の人気浄水型サーバーを比較】
フレシャスのスラット
ハワイアンウォーターの口コミ・評判
アクアセレクトの口コミ体験談

フレシャスのサーバー交換方法

契約期間中でも手数料を支払えばサーバー交換できる

フレシャスでは、
手数料を支払えば契約期間中でもサーバー交換をすることが可能です。

利用期間交換手数料
利用開始~1年未満13,000円
1年以上~2年未満8,000円
2年以上5,000円

フレシャスでは複数のサーバーを提供していますが、
利用期間と交換手数料についてはいずれも同額です。
時間の経過とともに交換手数料は安くなるので、
ご自身で利用期間を確認するか、公式サイトから問い合わせて確認してみましょう。

ウォーターサーバー購入プランの方は交換できない

フレシャスの契約プランは大きく分けて
レンタルプラン」と「購入プラン」に分けられます。

しかし、
サーバーの交換ができるのはレンタルプランを契約している方のみとなっており、
購入プランの方はサーバーを交換することはできません。

これは当然ですよね。
家電を購入して交換という発想はおかしいですw

本体を購入済みの方が交換を考えている場合は、
フレシャスで新たにサーバーを契約するか、別のサーバーへの乗り換えを検討する形になります。

フレシャスの故障時の交換対応

故障は商品要因の場合は無料で交換してもらえる

サーバーを交換する際、
基本的には手数料が発生しますが、
状況によっては無料で交換をしてもらえるケースもあります。

たとえば給水口から水漏れがしたり、
ボタンを押しても水やお湯が出てこないなど、
利用者に落ち度のない故障であれば無償で交換してもらうことができるようです。

ただ、まずは一通りマニュアル通りに使用しているか、
設置環境などの確認が入り、
サーバーの製品チェックを行ったあと、
機械の不具合が確認された場合に無償での交換となることが多いようです。

過失のある故障は有償になる

ただし、
無理な動作を行ったり、適正な操作の範囲外で故障した場合など、
利用者に過失がある場合の交換は有償になりますので取り扱いは慎重に行ってくださいね。

ウォーターサーバーの正常な取り扱い方法を充分に確認して、
万が一の場合に備えて無理な使い方をしないようにしましょう。

WEBまたは電話で問い合わせする

フレシャスのサーバーを交換する際、まずはWEBもしくは電話でサポートに問い合わせしてください。

ただし、WEBでの問い合わせの場合は返信に数日かかる場合があるので、基本的には電話での問い合わせの方がスムーズです。

フレシャス サポートセンター

・電話番号:0120-800-026

・受付時間:平日 9:00~18:00/土日・祝日 9:00~17:00

ウォーターサーバー交換の日時の決定

サポートに問い合わせたタイミングで、ウォーターサーバーを交換する日時を決定しましょう。

サーバー返却前には水抜きや梱包が必要なので、余裕のある日時を設定するようにしてくださいね。

日時が確定したら、次はウォーターサーバーを交換する前の水抜き作業を行います。

ウォーターサーバー交換日までに水抜きする

サーバーを運ぶ際の故障の原因にもなりますので、交換日までに本体の水抜きをしっかりと行います

水抜きの方法は使用しているサーバーによって異なるので、具体的な手順は公式サイトから確認してください。

初めての方でも分かりやすいように、フレシャス公式YouTubeチャンネル水抜きの手順を解説する動画がアップロードされているので、参考にして水抜きを完了させましょう。

ウォーターサーバーを梱包して返却する

ウォーターサーバーの交換日に新しいサーバーが届くので、その際に古いサーバーを梱包して返却することで交換が完了します。

しっかりと水抜きしておかないと配送業者の方を困らせることになりますので、必ず作業を完了させておきましょう。

サーバーを配送業者に手渡せば、返却・交換の一連の流れは完了です。

翌月にサーバー交換手数料が引き落とされる

サーバーを交換した翌月に、交換手数料が引き落としされます。

もう少し具体的に言うと、新しいサーバーの料金に交換手数料が上乗せされた金額で引き落としになるということですね。

サーバーを交換した翌月は料金が高くなりますので、残高不足などに注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました